おさしみまんじゅうさんの映画レビュー・感想・評価

おさしみまんじゅう

おさしみまんじゅう

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.4

そりゃああんな美人を前にしたら火薬とかどうでもよくなっちゃいますよ!

くろねこルーシー(2012年製作の映画)

2.9

猫任せの人生。
引きこもりの女の子は大丈夫なのか?

アンノウン(2011年製作の映画)

4.0

事故って目が覚めたら知らん人が自分を名乗っていた話。

なかなかに引き込まれるおじさんだった。

アイカツ! ねらわれた魔法のアイカツ!カード(2016年製作の映画)

1.8

全くアイカツを知らないせいもあるけど、
話の流れが強引で無茶苦茶すぎて疲れる。

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

4.4

どこまでふざけたおすんだ!

映画3本分くらいの楽しいものを観た気分。

スリーアウト! -プレイボール篇-(2019年製作の映画)

3.1

野球をやるために何が必要か
それは仲間です!

そりゃあもう仲間集めだけで映画1本出来ちゃうくらいに!

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)

3.2

ドラキュラかっこいいなと思いつつも

どうしてもドラキュラといえばの
あるあるネタに見えてしまう。

ほんとにあった!呪いのビデオ 86(2019年製作の映画)

1.5

霊よりもストレスでおかしくなったと言われたほうがしっくりくる。

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

2.9

なりかねない平和ボケ。

総理に向けての爆弾をいかにも選挙行ってなさそうな人達にぶつけるという
そうじゃない感はありつつも渋谷の残念な感じは見もの。

しかし事件が紐解かれるほどに尻すぼみ。

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

2.3

立ち話とワンパターンなツッコミによる2時間。

小栗旬さんが1番観てられない。

アンチ・ライフ(2020年製作の映画)

2.3

なんか襲われるけど、何かはよくわからない話。

ブルースウィルスをもっとちゃんとカッコいいと思いたい...。

フード・ラック!食運(2020年製作の映画)

3.7

もう肉です。

いっそ4Dで焼き肉のにおいさせて煙もたいてほしい。

ストーリーもいい話。

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.3

そりゃあ 結局人間が怖いのです。

ちょびっと噛み付いてすぐに別の人を追いかけ出すのはいただけない。
喰えよ!

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.3

実写の方が観やすかったとは思うけど、
全開で乙女チックが溢れてた。

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話(2019年製作の映画)

3.2

窓にヒビが入った瞬間に一気にとんでもない事が起きている空気になった。

せっかく機長頑張ったのに
機長が何をどうして助かったのか
そもそも原因はなんだったのかが描かれないのが残念。

水上のフライト(2020年製作の映画)

3.6

個人競技であっても孤独ではない。

冒頭とラストでは表情がまるで違う。

おとなの事情 スマホをのぞいたら(2021年製作の映画)

2.7

元のを先に観たのもあるけど、
そんな無理に感動げにもっていかなくても。
ちょくちょくしっとりした曲流したり
ラストもこれじゃおちてないから!

マジンガーZ対デビルマン(1973年製作の映画)

2.8

最強タッグかと思ったら
マジンガーZの負担がかなりでかい。

れっしゃだいこうしん ザ☆ムービー れっしゃナンバーワン大集合(2011年製作の映画)

2.1

昔 遊戯王で列車デッキを使ってた私にとって
この列車とカードゲームを掛け合わせた作品は

特になんの感情も動きませんでした。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.7

意義のある戦い。

ほんと日本ってアメリカの采配ひとつで終わりそう...。

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.2

ややこしい!

主人公が結局何をどこまでやれちゃうのかが分かりづらい!

付き合うシーンは最高!

映画 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島(ほうらいじま)(2004年製作の映画)

3.0

何故これから敵倒しに行くって言ってるやつに
敵の力が解放されるアイテムを渡す...。

ゴリラのアイヴァン(2020年製作の映画)

2.3

子供と子象の純粋な心



に ぐしゃぐしゃに崩壊させられた様にしか見えないのは私がひん曲がってるからなのか!?

でこれは堂々と自由を手にしたって言い方でいいのか?

より良い環境の場所に移った
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

2.6

事故物件かなと思ったら
最後の部屋はパーティー会場でした。

>|