ぎょんたさんの映画レビュー・感想・評価

ぎょんた

ぎょんた

ユーチューブはじめました
ぎょんたわーるど
よろしくお願いします

映画(881)
ドラマ(0)

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

2.0

実話でワンカットなので息遣いが聞こえるくらい緊迫感がある。但し映画としてすごい以外の感想がない。深みがチョット

ハロウィン(2018年製作の映画)

2.5

過去作を見たことなく鑑賞。ブギーマンて人間なの知らなかったです。過去作を見てなくて見た人間としては思い入れがないので普通でした。もっとブギーマンが魅力的だったらなあ。ジェイミーは歳とりましたね

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

4.0

単純に面白かった。演出過多なところもありますがこの原作、ストーリー性からしたら良いのではないでしょうか?高杉さんが出てるから見ましたが浜辺さん、矢本さんは安定の良さ。森川さんはリバースエッジとはいえ違>>続きを読む

テイクバック(2019年製作の映画)

2.7

いきなり誘拐されたところから入り、テンポが早いのが良いですが、せっかくリチャードを使ってるのだから。関係性やリチャードの過去などぼんやりしてましたね。ジョーズからは逃げられましたが狼からは無理でしたね>>続きを読む

僕たちのラストステージ(2018年製作の映画)

2.6

ジョンは役づくりのか為に太ったのですかね。ポルノ映画がビデオに追いやられ、ビデオもネットに追いやられ。ミュージシャンもライブハウスよりユーチューブ。時代と戦ってきた代表的な映画。本物は決して消えないし>>続きを読む

魂のゆくえ(2017年製作の映画)

1.5

主人公が神父で哲学的なので重厚的ですが、下手すると単なるテロ映画か。暗いテイストに長く感じました

アラジン(2019年製作の映画)

3.0

ガイリッチーらしくないと思いましたが、映像美もテンポもダンスも音楽も良かった。でも一番はウィルの抜擢。ジーニーに違和感があればすべて台無し。見事にウィルが演じ切っており、これならディズニーファンも納得>>続きを読む

PROSPECT プロスペクト(2018年製作の映画)

2.0

こんなにお金をかけて利益を回収できたのだろうか?

パウロ 愛と赦しの物語(2018年製作の映画)

2.5

自分はこのような悟りを開くまでには至っていません。映画自体は飽きることなく見れました

ロンゲスト・ヤード(1974年製作の映画)

5.0

いやー面白い。これぞ映画。エンタメ。起承転結。ラストシーンのオチも最高。スカッとする納得する1本

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.0

新しい映画手法に引き込まれた。実話ベースの映画が多い中で確かに真実の映画と言えよう。近年本人がそのまんま演じてしまう列車テロの映画があったが慌てる演じ者に対して冷静に分析する本人とは余計緊張感が感じら>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

2.0

ホアキンもジャックも演技過多じゃなく、存在感があるのはガスの力なのか?実話ベースなので演出過多ではないのは好感。但し日本的にアルコールを摂取で車に乗るのがどうしても感情移入出来ず、実話ベースだけに高得>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.0

実話ベースの誘拐の話。ストーリー自体は暗く、やるせないですが恋愛が絡んでるのとイメージシーンが多いので和らげます。但しそれが長く感じる人は受け付けないかも。

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.0

ホラーかと思いましたがそうきましたか。私は良かったですけどホラーファンはがっかりかな。ラストの心温まるバージョンも悪くはなかったです

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.5

今オネエタレントがNHKに出る時代の日本ではピンときませんが、まだまだマイノリティの方たちは苦労してるんですかね。はじめはラッセルとニコールじゃなくても良い感じですがラスト30分はさすがの演技です。ラ>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

3.0

どうやって危機をすり抜けるかがカギでしたが、物理的に無理がありますし、倫理的に感情移入できませんでした。ラストは賛否両論ありそうですね。キアヌのか役は頭良いんだか悪いんだか?

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

2.5

前評判悪かったけど普通に面白い。ジェニファーばっかりに目がいく。個人的にはアベンジャーより好きかな

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

2.5

ストーリー的に暗い内容でいつものリーニアム映画と思いきやいつも通り無骨ですが、作りがスタイリッシュだったり、ちょっとコメディタッチだったり変わってました。妻があっさり出て行ったり、あまり息子を回顧する>>続きを読む

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

2.0

主役がケイティホームズに似てるなあ。ゾンビが踊っても良かったカモ

さよならくちびる(2019年製作の映画)

2.5

めちゃくちゃ期待していただけにめちゃくちゃ普通のストーリー。3人の関係描写が薄すぎて普通。音楽やってた人間からすると別に大した話じゃない。それはそれで良いけどあの主演なら期待しちゃうじゃないですか。最>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.0

人種差別の映画にしてはライトだしわかりやすかった。ただし終盤のそれぞれの演説や映像はやはり重かった。それぞれのか配役は魅力的ながらアダムは良い俳優さんだなあ

ヴィクトリア女王 最期の秘密(2017年製作の映画)

2.5

人間的な尊敬があまり感じられず男女の匂いまで感じられたので、むしろ周りの取り巻きの大変さの方に感情移入してしまった。それだけ王女は孤独だったのか

THE POOL ザ・プール(2018年製作の映画)

2.5

これだけツッコミどころ満載だと逆にエンタメを感じた。違う意味で見る価値あり

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

関東に住んでる私には面白かった。二階堂ふみはしっかり演じてましたし、ガクトくらいじゃないですか。あの世界観を壊さない美形は。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.0

それぞれの役をそれぞれの適役の俳優さんが演じている感じ。人は気に入らなけば離れれば良いが自分とは別れられない。しみるセリフです。鬱じゃなくてもうまくいかないことだらけで嫌になっちゃうなんて日常茶飯事で>>続きを読む

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

2.5

バリバリのアガサの推理映画ではありません。ヒューマンドラマでラストは予想外でした。

デッドトリガー(2017年製作の映画)

2.0

ザB級映画ですが良いですよ。ラストシーンはもはや笑える

監獄都市 プリズンシティ(2017年製作の映画)

1.9

発想は面白いがストーリーに起伏がありません。90分くらいですが、いらないシーンが多く、自失60分で充分

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.5

実話ベースなので過去の類似作品ほどバイオレンス的ではなかったり、主人公が極度の黒人差別ではないのが逆にナチュラルで良い。ヴィーゴのよっぽど俺の方が黒人の生活に近いというセリフが印象に残る。ロシア人のバ>>続きを読む

チア男子!!(2019年製作の映画)

3.0

定番青春ストーリー。おデブキャラ、インテリキャラがいてそれぞれ悩みを持ってて、途中で喧嘩してとお約束。でも飽きません。浅香さんだけがキャリアがありすぎてちょっと違和感ありました

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

2.5

集大成とはいえ、キャストを集めるのは大変だったとおもいます。そういった意味ではアカデミー賞あげたいですね。映画自体は毎回前の作品が思い出せず苦労します。レッドフォード最高

バイス(2018年製作の映画)

3.0

記者たちを見た後だからわかりやすかった。よく実話映画でAIにはない人的に窮地を切り抜ける映画がありますがこちらはその悪い例。最後にチェイニーが国民に謝らないというシーンがありますが、わかってて認めない>>続きを読む

バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり/悪夢の逃避行(2018年製作の映画)

3.4

犯人のキャラはたってましたが、過去の背景や今現在の背景はあっさり描かれていたので深みはなかったですが、その分単純で良かったかも。彼女がもっと巻き込まれるかもと思いましたが

>|