はるさんの映画レビュー・感想・評価

はる

はる

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.3

途中から、残されたオリビアの気持ちになって、とても悲しくなってしまった(映画の中の本人は、物分かりがよく、あまり気にしていないような描写で驚いた)。
理性と感情というテーマは、普遍性があると思った。
>>続きを読む

ロイヤル・セブンティーン(2003年製作の映画)

2.9

コリンファースのダンスシーンが可愛くてよかった! お父さんずっとお母さんの連絡先知ってたの?!など、色々設定がなぞだった。

きみといた2日間(2014年製作の映画)

3.2

この本音をぶっちゃけて話す感じ、下品に映る人もいるだろうけど、嫌いじゃない。むしろ好き。 アレクが可愛くて面白くて、途中から心を奪われた〜。

The DUFF(原題)(2015年製作の映画)

3.5

あ〜、わかる。私もDUFFだ、ってほとんどの人が思うんじゃないかな。ロビーアメルがかっこいい。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.1

#feminismという感じの映画。女性はもちろん、男性にこそ観てもらいたい。NASAの進んだ技術も、黒人・女性差別の酷さも、50年前の話なのか、と思わされる。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.5

オスカー役の彼の演技に圧倒される。探検の本や地図など、小道具が可愛かった。 残された人たちがどうやって生きていくか。お父さんが生きていた頃にはオスカーには見えてなかった関係性が見えてきて、前に進むって>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.7

怖い。序盤はよくわからない用語が多くてむずかしかったけど、段々エド・スノーデンという人間が見えてきて面白い。 恋人リンジーとの喧嘩のシーンは思わず泣いてしまった。

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

3.4

明るく楽しくわいわい観られる映画!(ひとりでみたけど)
レベルウィルソンがいい。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.1

ストーリーに意外性はないけど、心があったかくなってずっとジェームズとボブを見ていたいと思う映画だった。
ボブが可愛くて、お利口で、しかもご本人(ご本猫?)だというから驚き。 ボブをみるためだけでも観る
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

音楽と映像の組み合わせが最高で、質のいいミュージックビデオを観てる気分でした。優しい男の子がどんどん悪の道に引きずりこまれていくのは、見てて胸が痛んで、しんどかったけど、いい結末であったと思う。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.7

Mamma Mia! Here I go again
My my, how can I resist you
って歌詞そのまんまの明るくて笑顔になれるミュージカル。
本当に楽しく撮影したんだろうなあっ
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.9

どんどん暴かれていく世間を震わせる真実。今までタブーにされていて、皆が見て見ぬふりをしてきたことを、解明し明るみに出すべく動く記者たちの奮闘がよくみえた。 最後の都市の羅列がなかなか終わらず、ぞっとし>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.1

過去と向き合って、しっかり前を向いて前へ前へ進んでいこうと、もっといい自分になろうとするふたりの話。 ポジティブに、もがきながらも自分もがんばろうって思える。
なんだかんだお父さんが一番クレイジーな感
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.7

予想を何度も裏切られ、観てて全く退屈しない。お茶目で可愛い。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.4

スリープオーバーで起こるとされている神話。 朝になったら終わってしまう刹那的時間。気づいたときには遅い、ティーンのときにしか過ごせない時間。 感傷的な気持ちになった。
群像劇で、ちょっと登場人物の関係
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.6

エディ・レッドメインの演技が凄かった。化けてた。切ないラストだけど、現実的でよい。
ホーキング博士とジェーンさんは今もいい友人だと知って、いろいろな愛のかたちがあると思った。

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

4.5

自分に肯定的になれなくて、自分のために動けないグレッグの背中をレイチェルがそっと押したのがよかった。そして、アールは一本筋が通っていてかっこいい。
レイチェルは病気だけど、これは病気の話ではなく、友情
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.5

ゲルダがとても強い。 愛するアイナーをいなくならせたリリー。 でも、アイナーとリリーは同じ体に存在してる… ゲルダもリリーも葛藤がよく見えた素晴らしい演技でした。
それでも、なぜゲルダがリリーをそこ
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

4.0

倫理的に、アナがケイトの命を繋ぐためだけに"作り出された"ことはどうかと思うけど、彼女が生まれたあとではもうどうにもできない問題だなと思った。 家族愛が見てとれる病室でのシーンがよかった。 ケイトのス>>続きを読む

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

3.5

22からみちゃったけど、なるほど、同じような構成だったんだ〜と思った。トリップシーンは22の方が面白かったかな(笑) デイヴ・フランコが可愛かった〜〜!
最後、ある人物が付け鼻を取ったときの衝撃…!
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.6

カルヴィンの書いた通りになっていくルビーは、最初は可愛いけど、だんだん気味が悪くなっていき、最後は狂気だった。 これはファンタジーに見せかけたサスペンスなのか?!とずっと疑うほどの薄気味の悪さだったけ>>続きを読む

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

3.3

セフレから彼女に昇格したい女の子の話はありがちだけど、反対なのが新鮮。 アダムが一途で可愛くてかっこよくて最高。

東京物語(1953年製作の映画)

3.9

尾道に住む老夫婦が、東京に住む子どもたちを訪ねる話。東京に住む子どもには、もうそれぞれの暮らしがあって、なんだかちょっと厄介がられる。東京で一番よくしてくれたのは、死んだ次男の妻だった。
家族につい
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.7

たくさんのことを経験してきたのに、体は年をとらない切なさ。不老不死になりたい、って誰もが一度は思うようなことだけど、ひとと違う生き方はしんどい。愛する人とともに年がとれる喜びがあると知った。

トロールズ(2016年製作の映画)

3.2

ハッピーになるのは、自分次第だなって思った。 トロールが食べられちゃうシーンは、なんだか色々考えさせられた…。 ブランチの心情変化の描写がもっとあればよかったかな〜。

たからさがし(2011年製作の映画)

4.0

うさぎと人間の男の子の真剣勝負がかわいらしい。いっしょに食事をするシーンが好きだ〜!

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.1

ウィルスミスのデッドショット、よかった。 個々のストーリーを入れたいがために、なんとなく全体として薄いぼんやりした雰囲気ではあったと思う。 カタナの話し方がいちいちひっかかって、arrowのカタナの方>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.2

ひとりに告げた嘘が、学校中に噂が広まっていく話。 ところどころにある80年代を思い起こさせるシーンがいい。 主人公の優しさと、噂でのギャップがよかった。
そして、邦題は謎。

ノートルダムの鐘(1996年製作の映画)

3.6

子どものときに見ていたら、トラウマになってただろうなって思うシーンが数多くあって、大人になった今見られてよかったと思う。最初のパリの街並みのシーンが綺麗で、息を呑んだ。
塔を離れることができなかったカ
>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

3.5

壮絶な話だった。ヘンリー8世の改宗、イギリス国教会の創設はこういうできごとのなかで起こったことを知れてよかった。史実として伝わっていることにもとづいたフィクションで、説得力がある。

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.8

マジカルで、笑顔になれるミュージカル。屋根の上での、煙突掃除たちのダンスは見事でした! アニメーションと実写が一緒になっているところは、50年前の作品とは思えない。
supercalifragilis
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.6

全体的にテンポがよく、軽快。単調と言われればそうかもしれないが、するするストーリーが進んでいき、飽きない。絵の中で登場人物が話しているようだった。 メルヘンチックな画とは裏腹に、グロテスクな描写もあり>>続きを読む

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ(1999年製作の映画)

3.1

見ててこっちが照れちゃうようなベタな展開。 少女マンガみたい。 NG集が可愛かった。 阪急電車。

イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち(2014年製作の映画)

3.4

相手の五感がわかる、相手と話せる設定が面白い。君の名はと違って、最初に日時を確認してて、やっぱりそれ最初にやるよねと思ったり。
そりゃ一日中ひとりごと言ってたら怖いし、精神に異常をきたしてると思うよね
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.7

ティーン映画の王道。難病系の重い話かと思ったけど、どちらかと言えば軽めでロマンス要素が強め。窓越しにテキストして、恋が発展していく過程が可愛い。全体的な色味もすごく好きで、主人公の服は白、水色、黄色と>>続きを読む

>|