はる

はる

キングスマン(2015年製作の映画)

3.9

現代版・男性版・スパイ版のmy fair lady。痛快。アクションが現実味のないグロさ…

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.3

コメディ要素満載で面白い。
全員が誰かを失ってて、お互いを大切に思いはじめる。2も楽しみ。

キミとボクの距離(2016年製作の映画)

3.7

火星で生まれた男の子と地球の孤児の女の子の恋物語。とにかく純粋で可愛い。矛盾やらは特に気にならなかった。
Space between usって、本当にspace(宇宙)がふたりの間にあるのがこのタイト
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.0

パロディ満載、合言葉は"iron man sucks"(笑)、バットマンの最大の敵でありたいジョーカー(かわいい)。最初から最後まで笑えるコメディ。

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.9

みんながみんなスペシャルでどんなアイディアもいいアイディアってメッセージがよく伝わる。
レゴで映画を作ろうっていうのが本当にすごいな〜と思いながら観た。
Everything is awesome~~
>>続きを読む

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

3.1

前回に引き続き、やっぱり内容はそんなにないんだけど、ダンスシーンがよい👏 えろい。マットボマーのダンスが前回より多く見られてよかった。若干ぎこちなくて可愛い。そして、歌も上手くて最高。
みんなでハイに
>>続きを読む

カンフー・パンダ3(2016年製作の映画)

3.8

自分の好きなことを伸ばすって素敵。1、2を見ていないけど、十分楽しめた。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.1

どんなに善良な人でも、怒りにのみこまれて悪い行いをしてしまう。囚人でも、自分たちが生きるために人を殺すということをしない決意ができる。悪人とはって考えさせられる。
アウトローなヒーローの葛藤を描いてる
>>続きを読む

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

3.6

お花まみれにされたマイクたちの写真が入ったマグカップほしいな〜と思った。終始可愛い映画。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.2

DCはドラマシリーズしか見てないし、ドラマと映画を比較するのはどうかと思うけど、Arrowの1シーズンを無理矢理ひとつの映画に収めたみたい…と思ってしまった。展開が大体同じなんだよね。伏線がたくさんあ>>続きを読む

クボ・アンド・ザ・トゥ・ストリングス(原題)(2016年製作の映画)

4.3

主人公の下の名前がクボなことを除いては、あまり違和感もなく、西洋からみた日本感もほぼなくてよかった。折り紙、三味線、精霊流しなど、海外から見たら主流じゃない日本文化が中心なのがいいし、村の祭の感じも、>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.5

OSに恋する不思議な話。周りの人が、主人公がOSと付き合ってるのに理解があってよかったね…と思った。そういう近未来社会の話。 そんな世界観がいい。主人公が働くオフィスのデザインが可愛い。スカーレットヨ>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.4

悪人は出てこないし、ほっこりする。バスターが劇場の危機を乗り越える方法に、毎度おいおい…って心の中でつっこんでたけど、憎めない。 曲の使用料とか、大変だったろうに、みんなが知ってる曲がたくさんでてきて>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

宇宙映画は苦手だけど、楽しめた。複雑で難しい箇所もあったけど、それも含めてよかった。感情を揺さぶるようなシーンが多い。もう一度観たい。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.6

静かにはじまる映画だな〜と思ってたら、全然そんなことはなくてびっくりした。
何が幸せなのかは、自分自身が決めることだけど、その環境で育ってきた子どもたちには選択が難しいと思った。子どもじゃなくても、き
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.6

オムニバスなのかと思いきや、終盤は全員大集合してびっくり。意外な繋がりや伏線が回収されて面白かった。
コメディなのに、邦題ではあまりそれが伝わってないのが残念。ほっこりもするけど、思いっきり笑える映
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

4.5

原作がなかなか読み終わらないので、先に映画で。
王道ロマンス。不器用で寡黙なMr. Darcy をどんどん好きになった。キーラは可愛くて、2人に恋する2時間でした。ラストシーンが最高。

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

4.6

あーー、見てよかった!と思った。マリアの愛らしさ、大佐の愛国心、子供たちの素直さ、みんな好き。歴史的背景についても考えさせられた。

ムーラン(1998年製作の映画)

3.7

強くて賢い自立した女性を描くのに、男尊女卑の強かった時代の中国を選んだことで、女性を取り巻く逆境への違和感がなくなってる。「西洋から見た中国」っていう感じが強かったかな。西洋から見た日本の描かれ方と似>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

ネイディーンの行動、気持ちに、8割のシーンで共感した。「本当の問題があるのは、自分だけだと思ってた」今よりちょっと若かった頃を思い出す。いや、今でもそういうところあるけど。
アーウィンとの会話が可愛く
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

おばあちゃんがエイになって来てくれるの、素敵だった。 キラキラしててわくわくして、終わったあとは、にこにこしちゃうディズニー!っていう感じの映画。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

5.0

もうずっと涙がとまらなかった。 ただ家を見つけられてよかったね、感動して!っていう映画ではなくて、発展途上国と先進国の溝を見せつけられた。
両親の愛、オーストラリアで不自由なく暮らすサルーの葛藤、マン
>>続きを読む

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

2.9

登場人物たちの恋バナに参加してる気分になる。登場人物がちょっと多くてこんがらがっちゃった。

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.6

タイムリープとその成り行きがテーマ。ある時点で時間軸を変えることには、その未来の時間軸にも変わってくる。
ディレクターカットのエンディングがよかった。主人公に救いがないけど、よかった。

ある天文学者の恋文(2015年製作の映画)

3.3

ふたりが本当に愛しあってるのがわかるからよかった。死んだ人から届き続けるメッセージって、ちょっと残酷。 先生の愛も美しかったけど、最後には、ほかの人と幸せになってって言ってくれないと、エイミーは先生の>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.4

エイリッシュがいつの間にかすっかりニューヨーカーになっていたのに彼女が帰郷したときに気づいた。 小さな町の小さな世界に住むミス・ケリーが世界は狭いのねって言うという皮肉。終盤の、お母さんの裏切りにあっ>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます。

LAの渋滞で踊り出す最初のシーンから、自然に笑顔が溢れてしまった。歌、ダンスのシーンと音楽がが最高だった。
最後のもしこうなってたら…のミアの想像のシーンがすごくよかった。ふたりがお互いに夢を叶えられ
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.0

大好きな映画。サントラが好き。爽やかな、昭和の青春という感じ。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.3

日常をそのまま切り取ったような映画。不自然さがひとつもない。そして、何も起こらない。でもそれが日常だよな〜って思う。 あまりぴんとこなかったけど、じんわり切なさやあたたかさが心に滲むような映画だった。

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.6

何度観てもいいね〜。
はやり(?)の毒親がここにも登場してたのは、前に観たときは気づかなかったかも。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.0

差別の話とかを、軽く歌って踊って伝えてるのがよかった。自分も踊りだしたくなるようなミュージカルでした。 にこにこしちゃう。

ペーパー・タウン(2015年製作の映画)

3.3

そう終わるか、という感じ。マーゴの話だと見せかけて、まったく違う。青春だな〜。アメリカのハイスクールの話好きだな〜。ナット・ウルフ好き。

>|