luiさんの映画レビュー・感想・評価

lui

lui

20代会社員(女)の鑑賞記録
自分が少々楽器を吹くので感想は音楽関連のことも多いかもしれません\(^^)/

映画(152)
ドラマ(3)

アントマン(2015年製作の映画)

3.2

★ダメダメなヒーローが娘のために奮闘するアクションコメディ★

あまりアメコミ系の作品は観ないのですが、勧められたので鑑賞。

蟻が大量に出てくるところは少し苦手ですが、
浅はかで向こう見ずな性格だけ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

★景色も登場人物の心も美しい!ラストに全てがつまった切ないラブストーリー★

北イタリアの景色がとても素敵で、こんな場所で育ったらみんな良い人になるんじゃないかと錯覚するほどいい人しか出てこない。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.1

★松岡茉優の演技と構成が見事!暴走ラブコメディという文句がぴったり★

とにかく松岡茉優演じるヨシカも渡辺大知演じる二も頭おかしい。
特にヨシカは妄想癖も虚言癖もひどいし、考え方も自分中心で全然好感が
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

★美しく活気あふれるシンガポールの舞台を活かした勇気をもらえるシンデレラストーリー★

まず、管楽器中心のイントロから始まるオープニング曲に期待が高まり、キャストだけでなく音楽もほぼAsianなことに
>>続きを読む

Blockers(原題)(2018年製作の映画)

3.5

★アメリカ映画のコメディらしく下品でドタバタ、そして最後はちょっとほっこり★

こういう何も考えず観られるコメディ好きです。

親子もので、親目線の映画は
親はこういう気持ちなんだよ、って語りかけてく
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.4

★父娘の愛にも涙が流れ名曲ぞろいの『タイヨウのうた』ハリウッドリメイク★

日本の映画もドラマも鑑賞済みですが、楽しめました。
大筋は同じですが、父の娘に対する愛にも娘の父を想う優しい心にも涙涙…
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.0

★白黒の世界との対比で色がとても鮮やか!予想外のエンディングにほろっとするロマンスコメディ★

最初は、綾瀬はるかの役の傲慢さと天真爛漫さにちょっといらっとする。
でも、彼女が本音を語ると可愛く見え、
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

★OCEAN'Sらしさは残しつつ、女らしく華やかで貪欲な作戦に脱帽★

まず、音楽と釈放前のシーンから始まる時点でオーシャンズっぽいーー!と興奮します。笑

やっぱり本作も作戦は見事で、最後まで飽きず
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

★いろんな人の泣き方が印象的、原作とは違う部分がまた涙を誘う素敵な映像化★

原作を読んでいたので観ていなかったけれど、地上波放送を機に鑑賞。

期待以上だった。
北村匠海くんのタガが外れたような泣き
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.7

大好きな映画の一つ。
ニコールキッドマンは美しすぎて、
ユアンマクレガーは声がイケメンすぎる。

一番好きなのは、Come What Mayという曲の
suddenly my life doesn't
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.4

★テンポ良くサクっと観られるちょっぴりサスペンス混じりの破茶滅茶コメディ★

メインキャラ、特に香川さんが良いキャラをしていて飽きずに観られました。
そして鍵泥棒の堺さんがメソッドなさすぎて、行き当た
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.6

★人間的に成長した山P演じる藍沢と、その周りの人たちの気持ちに感情移入しまくる127分★

使えなかった医者は、後輩に頼られる存在になり、

大事な人を亡くしたナースは、その想い出を大事に抱えつつ悲し
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.7

★タイムトラベルが出来るからこそ実感できる幸せも、出来ないからこそ愛おしく思える時間もある★

大事な人と一緒に観たい映画。
最初はただの、好きな子を手に入れるためにタイムトラベルを繰り返すちょっとカ
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.5

★友達と飲みながら観るのがおすすめ!最高に笑えて伊藤英明の男らしさに痺れる痛快ムービー★

期待以上に笑えて、いろんな伏線をきちんと回収する映画だった。

染谷将太のちょっとイラっとする今時の若者の演
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

-

オープニング映像の時点で、この映画好きだ!と思った。

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.3

★主役の夫婦だけでなく、色んな人の弱さと優しさが心にしみる音楽映画★

まず、曲が素敵。
妻が歌うTrue Coloursと夫が歌うLullabyは感情が溢れ出る歌い方も相まって涙が自然と溢れる。
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.2

★子どもの存在は人の心を柔らかくし、良い意味でも足枷となってくれる★

若いダスティンホフマンが見たくて鑑賞。
メリルストリープがとても綺麗。

家庭を顧みなかった父親が、妻がいきなり出ていったことで
>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.1

★マリリンモンローの自由奔放さの陰にある精神的な脆さ★

ただただマリリンが我儘で、自己中で、常識が欠けてるように思うし、彼女の周りのスタッフだけじゃなく、大物女優からも特別扱いされているのには不快感
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.0

★悲壮感漂う儚い演技の上戸彩と、ダサいはずなのに色気ダダ漏れの斎藤工は魅力的★

台詞がやけに頭に残る映画だな、と思った。
そして、悪いことをしていない不倫の被害者が何故か邪魔者に見える不思議さは、何
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

3.6

★強さや冷酷さの内に秘めた兵士の弱さと信念の形★

戦地に行きたい人なんかいない。
みんな国のため、ここで命を懸けることで、失った戦友の何倍もの人たちの命が助かるはず、
そう自分に言い聞かせて戦ってい
>>続きを読む

誘う女(1995年製作の映画)

2.8

★勘はいいけど浅はかな女をニコールキッドマンが好演

ストーリーも浅いし、誘う女ってタイトルからもっと多くの男を手玉に取る話かと思ったら自己顕示欲が強い女の話だった。

ニコールキッドマンは綺麗で可愛
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

3.2

★裏切られても、傷つけられても、それでも私は前を向く。自分の気持ちに誰よりも素直なヘドウィグの生き様に心打たれる★

どの曲も魂がこもってて素晴らしいけど、the origin of loveはもちろ
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.4

★夢を諦め現実を生きているかのように見えて、誰よりも幸せを夢見る女の話★

世の中の既婚女性のうち、幸せを感じている人の割合はどれくらいなんだろう。
I deserve more
もっと幸せになれるは
>>続きを読む

ある愛の詩(1970年製作の映画)

3.3

中学生の時に、映画の名曲のメドレーでこの映画の曲を知り、"ある愛の詩"なのになんでこんなに悲しい曲なんだろう、と疑問だった幼い思考を思い出します。

全体的に、哀しい。
二人は幸せになのに、いつもどこ
>>続きを読む

アルビン/歌うシマリス3兄弟(2007年製作の映画)

3.4

飛行機で鑑賞。
寝る前の子守唄ならぬ子守映画感覚で見始めて、シマリスの可愛さについ最後まで見てしまった。
よくあるファミリー向け映画だけど、私は好き!!

ちなみに、シマリスの声が高すぎて寝る前には向
>>続きを読む

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

3.3

最後ゾッとしたけど、アダムサンドラーらしいヘタレな感じがよく出てる映画だった。

少年メリケンサック(2008年製作の映画)

3.0

馬鹿らしくて、下品。笑
ただ、何故か宮崎あおいの目線になってバンドを応援してしまう、何か奇跡が起きるんじゃないか、何かやらかしてくれるんじゃないかと期待してしまうのが不思議な映画だった。

星野源のバ
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.3

よく出来た設定だな、と思った
トムクルーズのアクションは好きで、車のシーンが特にかっこよかった。
けど、もっとprecogについて掘り下げて欲しかったかも。
ジョンが陥れられた理由が薄っぺらく感じてし
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.5

史実に基づいていると思うと緊張感が高まる。
結末は予想できるけど、それでもハラハラし、その緊張が解けた時に安心の涙が出た。

花とアリス(2004年製作の映画)

3.4

蒼井優のバレエのシーンに目が奪われる。

ハナとアリスの関係は、どちらもお互いのことは大事に思っているけど、でも自分の感情が一番大事で…ってところが妙にリアルだと思った。

アリスが光、ハナが影を現し
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

期待以上だった。
まず映像がとても綺麗。
ストーリーもとても綺麗。
なんて素敵な死生観を描いてるんだろう、と思った。
私たちが忘れるまでカラフルな死後の世界で楽しそうに暮らし、年に一度は家族の元に帰っ
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.4

天才であるが故の苦悩と孤独に焦点を当てた作品。
偉業を成し遂げたからといって、天才だからといって、幸せとは限らないんだよなあ。

キーラナイトレイが綺麗すぎるのはもちろんだけど、二人の関係性が特殊だけ
>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.1

オープニングのアニメーションが好き
音楽がほぼジャズなのも好み

コリンファースは本当に堅物役が似合うなあ。
最後のシーンがなければ何だこの映画!!って思ってた気がする。
もっと見せ場があっても良かっ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.3

流し見だったけどなかなか良かった。
原作は越えないけど、配役もストーリー構成も正解だと思う。

個人的には最後のシーンは原作と一緒にしてほしかったな。

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.0

最後まで飽きずに観られる良作。
ただ、百人一首だし、所々の設定も、ちょっとある作品に影響を受けすぎでは?安直では?
と思ってしまった。

そしてバイクのシーンで天国へのカウントダウンを思い出したのは私
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.4

最初にテーマパークが現れるとき、定番のあの音楽が流れてテンションが上がる。

迫力満点の映像を楽しめるだけでなく、家族に対しての愛、恋人に対する愛、動物に対する愛など、色々な人間模様が見られて期待以上
>>続きを読む