luiさんの映画レビュー・感想・評価

lui

lui

20代会社員(女)の鑑賞記録
だいたい映画館かAmazonプライムビデオです\(^^)/

映画(166)
ドラマ(5)

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

2.5

★普通のシーンにもファンタジー感が漂う、ウェスアンダーソン全開の映画★

音楽、構図、出てくる人、全てに不思議感が漂う映画でした。

色んな感情を抱えているはずの登場人物をあえて無機質に描いている感じ
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

★想像が恐怖感を煽る、強烈に記憶に残るrotten tomatoesで超高評価のサスペンス★

面白かった。
これから観る人にあまり前情報を入れたくないのでなるべく抽象的に書きます。笑

シンプルな画
>>続きを読む

ディセンダント(2015年製作の映画)

3.1

★主人公の歌唱力と世界観は素敵!★

ディズニーチャンネルの学園ミュージカル映画。

期待通りのハイスクールミュージカル感と、
わかりやすいストーリー、
若い俳優さんたちの歌唱力の高さ…
日曜夜に流し
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.5

★男性の方がより楽しめる、ブラピの格好良さと展開にゾクっとする映画★

暴力シーンが苦手なので初回は5年ほど前に流し見、ブラピがかっこいいなーという印象でした。

今回はじっくり鑑賞。
こんなにグロか
>>続きを読む

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

2.5

★アニメ版には敵わないけれど、原作の大事なところは押さえた映像の綺麗な映画★

パガニーニの24のカプリース、
クライスラーの愛の悲しみ、
ロンド・カプリチオーソ、
そしてもちろんショパンのバラード第
>>続きを読む

オーバーボード(2018年製作の映画)

3.3

★期待以上に◎!クスっと笑えてテンポよく進むラテン系ラブコメ★

ながら見しようと思って観始めて、結局最後までしっかり見てしまいました…

ストーリーも挿入歌も明るくテンポが軽快で、そしてレオがたまに
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.7

★新参者シリーズがはじめてでも十分楽しめる!複雑に絡まった関係が見事な東野ミステリー★

東野作品は好きですが、新参者シリーズは未読、未視聴です。
それでもやはり伏線をきれいに回収するストーリーは流石
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.7

★哀しく美しい愛の物語★

友人何人かに勧められたので鑑賞。

危険なミッションに取り組む息の合う仕事のパートナーと恋に落ちる流れは、何となくMr. and Mrs. Smithを思い出す。

けれど
>>続きを読む

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

3.4

★ナチスに振り回された人々の愛国心と憎しみ、葛藤★

前半のこの淡々とした感じが続くのか?とい懸念が、良い意味で裏切られました。

ナチスをテーマにした作品は沢山あるけど、
この映画はどちらかというと
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

★観ていて苦しくて、心が痛む。でも人に優しくなりたいと思え、親子の演技に感動の118分★

知らないことは、幸せなのか
人の為を思ってした決断は、実は自分勝手だったんじゃないか
発した言葉が、意図せず
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

3.4

★スケールの大きさと映像と音楽(とオーランドブルーム)の美しさに脱帽★

集中して観ないと理解できないけれど、全編集中するには長いのが悩みどころ…つかれた…

きちんと原作を愛している脚本なんだろうな
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.6

★お互いの意思を尊重するからこそ選んだ愛のカタチ★

良い映画でした。
主人公のルイーザ・クラークがとにかく可愛い。
顔じゃなく、カラフルな服を好み、いつも笑顔でいようとする心が可愛い。

そして、2
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.4

★大人になってだんだん色褪せてくる現実を、プーさんが色鮮やかにしてくれる★

印象的だったのが、クリストファーロビンが大人になってしまった後の100エーカーの森が薄暗いこと。ちょっと不気味なほどに。
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.3

★最後のシーンにアカペラの良さが全て凝縮された熱血部活モノ★

アカペラのシーンと曲のアレンジはとても素敵です。
特にラスト10分の歌唱シーンはお見事。

でも、そこと落差をつけたかったんだろうけど、
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.6

★いつでも前向きで自分の気持ちにも相手にも真っ直ぐな主人公に元気とやる気を貰える痛快ラブコメ★

とにかく主人公の性格が羨ましい。
自分のことも他人のことも疑わず、努力家で他人に無理だと言われたことで
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.2

★ダメダメなヒーローが娘のために奮闘するアクションコメディ★

あまりアメコミ系の作品は観ないのですが、勧められたので鑑賞。

蟻が大量に出てくるところは少し苦手ですが、
浅はかで向こう見ずな性格だけ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

★景色も登場人物の心も美しい!ラストに全てがつまった切ないラブストーリー★

北イタリアの景色がとても素敵で、こんな場所で育ったらみんな良い人になるんじゃないかと錯覚するほどいい人しか出てこない。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.1

★松岡茉優の演技と構成が見事!暴走ラブコメディという文句がぴったり★

とにかく松岡茉優演じるヨシカも渡辺大知演じる二も頭おかしい。
特にヨシカは妄想癖も虚言癖もひどいし、考え方も自分中心で全然好感が
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

★美しく活気あふれるシンガポールの舞台を活かした勇気をもらえるシンデレラストーリー★

まず、管楽器中心のイントロから始まるオープニング曲に期待が高まり、キャストだけでなく音楽もほぼAsianなことに
>>続きを読む

Blockers(原題)(2018年製作の映画)

3.5

★アメリカ映画のコメディらしく下品でドタバタ、そして最後はちょっとほっこり★

こういう何も考えず観られるコメディ好きです。

親子もので、親目線の映画は
親はこういう気持ちなんだよ、って語りかけてく
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.4

★父娘の愛にも涙が流れ名曲ぞろいの『タイヨウのうた』ハリウッドリメイク★

日本の映画もドラマも鑑賞済みですが、楽しめました。
大筋は同じですが、父の娘に対する愛にも娘の父を想う優しい心にも涙涙…
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.0

★白黒の世界との対比で色がとても鮮やか!予想外のエンディングにほろっとするロマンスコメディ★

最初は、綾瀬はるかの役の傲慢さと天真爛漫さにちょっといらっとする。
でも、彼女が本音を語ると可愛く見え、
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

★OCEAN'Sらしさは残しつつ、女らしく華やかで貪欲な作戦に脱帽★

まず、音楽と釈放前のシーンから始まる時点でオーシャンズっぽいーー!と興奮します。笑

やっぱり本作も作戦は見事で、最後まで飽きず
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

★いろんな人の泣き方が印象的、原作とは違う部分がまた涙を誘う素敵な映像化★

原作を読んでいたので観ていなかったけれど、地上波放送を機に鑑賞。

期待以上だった。
北村匠海くんのタガが外れたような泣き
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.7

大好きな映画の一つ。
ニコールキッドマンは美しすぎて、
ユアンマクレガーは声がイケメンすぎる。

一番好きなのは、Come What Mayという曲の
suddenly my life doesn't
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.4

★テンポ良くサクっと観られるちょっぴりサスペンス混じりの破茶滅茶コメディ★

メインキャラ、特に香川さんが良いキャラをしていて飽きずに観られました。
そして鍵泥棒の堺さんがメソッドなさすぎて、行き当た
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.6

★人間的に成長した山P演じる藍沢と、その周りの人たちの気持ちに感情移入しまくる127分★

使えなかった医者は、後輩に頼られる存在になり、

大事な人を亡くしたナースは、その想い出を大事に抱えつつ悲し
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

★タイムトラベルが出来るからこそ実感できる幸せも、出来ないからこそ愛おしく思える時間もある★

大事な人と一緒に観たい映画。
最初はただの、好きな子を手に入れるためにタイムトラベルを繰り返すちょっとカ
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.5

★友達と飲みながら観るのがおすすめ!最高に笑えて伊藤英明の男らしさに痺れる痛快ムービー★

期待以上に笑えて、いろんな伏線をきちんと回収する映画だった。

染谷将太のちょっとイラっとする今時の若者の演
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

-

オープニング映像の時点で、この映画好きだ!と思った。

アンコール!!(2012年製作の映画)

3.3

★主役の夫婦だけでなく、色んな人の弱さと優しさが心にしみる音楽映画★

まず、曲が素敵。
妻が歌うTrue Coloursと夫が歌うLullabyは感情が溢れ出る歌い方も相まって涙が自然と溢れる。
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.2

★子どもの存在は人の心を柔らかくし、良い意味でも足枷となってくれる★

若いダスティンホフマンが見たくて鑑賞。
メリルストリープがとても綺麗。

家庭を顧みなかった父親が、妻がいきなり出ていったことで
>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.1

★マリリンモンローの自由奔放さの陰にある精神的な脆さ★

ただただマリリンが我儘で、自己中で、常識が欠けてるように思うし、彼女の周りのスタッフだけじゃなく、大物女優からも特別扱いされているのには不快感
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.0

★悲壮感漂う儚い演技の上戸彩と、ダサいはずなのに色気ダダ漏れの斎藤工は魅力的★

台詞がやけに頭に残る映画だな、と思った。
そして、悪いことをしていない不倫の被害者が何故か邪魔者に見える不思議さは、何
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

3.6

★強さや冷酷さの内に秘めた兵士の弱さと信念の形★

戦地に行きたい人なんかいない。
みんな国のため、ここで命を懸けることで、失った戦友の何倍もの人たちの命が助かるはず、
そう自分に言い聞かせて戦ってい
>>続きを読む

誘う女(1995年製作の映画)

2.8

★勘はいいけど浅はかな女をニコールキッドマンが好演

ストーリーも浅いし、誘う女ってタイトルからもっと多くの男を手玉に取る話かと思ったら自己顕示欲が強い女の話だった。

ニコールキッドマンは綺麗で可愛
>>続きを読む