habatapanさんの映画レビュー・感想・評価

habatapan

habatapan

映画(533)
ドラマ(3)

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

4.5

14年ぶりに観たら、当時と全然感じかた違った。娘出来たからかな。

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.9

ゾンビ映画のお約束を真正面から何の捻りもなく最初から最後まで魅せてくれた

テッド 2(2015年製作の映画)

4.5

吹き替えで観直したので、再レビュー。

有吉より上手い声優さんはごまんといるだろうけど、これだけ最初から最後まで延々と続く、聞くに耐えない下品なセリフがハマる人はいないんじゃないかな

あと好きな映画
>>続きを読む

ザ・レポート(2019年製作の映画)

4.4

我が国も数年後にはこの様な映画が作られることを心の底から願うわ

スペンサー・コンフィデンシャル(2020年製作の映画)

3.6

マーク・ウォールバーグとピーター・バーグの見飽きたコンビによる、誰の心のベストテンにもランクインしないけど、そこそこ楽しめる映画、第4弾。

『猫を殺すヤツはクソ』

影踏み(2019年製作の映画)

3.5

ギターも歌もバチボコ上手いのに、演技だけは『月とキャベツ』から約25年経っても、全く上手くならない山崎まさよしさんを微笑ましく観るだけの映画

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.8

身も蓋も無いこと言うなって、百も承知だけど、ナチを信仰しているガキの話なんて、わざわざ観たくなかったよ

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

5.0

スタァ誕生!
なんて華のある女優さんだろう
あと百万回観たいし
百万点あげたい

新聞記者(2019年製作の映画)

4.6

『ボーダーライン』のデルトロもそうだけど、現実世界にこの松坂桃李がいないことが虚しい

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

他人事じゃなかった
数年後の自分かもしれないし、必死で見て見ぬ振りしている近親の現在かもしれない

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

間違いなく面白かったんだけど、MCUっていうアドバンテージなかったら、ちょっと雑だなぁ〜と感じる場面多々。

ブリーラーソンの美人なんだけど、絶妙に惜しい感じにすごく救われている気がする。
顔四角いの
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.5

オールスター映画大好き。
顔芸の応酬、顔相撲!

個人的優勝は鹿賀丈史さんでした。
鹿賀丈史の香川照之への怖いシーン、全く同じことされた経験あってトラウマが蘇りました^_^

がんばろう サラリーマン
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.8

多摩川花火大会の真っ只中。
まさに打ち上がってる中、人混みを掻き分けて鑑賞。流石にガラガラだったぜ!

濃厚な原田眞人ワールドにキムタクが見事にハマっている。
百万回観た様なキムタクと、観たことないキ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

もうマークウェブが世のサブカル男子たちを勘違いさせたあの映画から10年くらい経ったのか、、、途中アメイジングな奴も挟んだけど、相変わらず良い映画撮る。

クリスエヴァンスはキャップ辞めたらもっとこうい
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.8

リーアム・ニーソンの困り顔フェチには堪らない、安定のジャウム・コレット=セラとのタッグ。

普通だったらおいおいとなってしまう展開もこのコンビだとニコニコで観れてしまうのでした

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.4

インフィニティーウォーの傷を癒してくれてるなーとニコニコで観ていたのに、、、。

それにしても、相変わらずマイケル・ペーニャを正しく使う。

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.6

俺たちのロバート・マッコールさん再び。

今作は舐めてたUBER運転手が殺人マシーンでしたって、もう誰も舐めてねぇ。

一人だけ強さの次元が違いすぎて、ほんとプレデターとかと、同じ世界観。

あと前作
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.0

観ているうちに段々とこんなバカみたいな映画で真面目に演技してる主演のふたりが可哀想に思えてくる。
(褒めてます)

免許がない!(1994年製作の映画)

5.0

午後ロー最高のチョイス。

脚本が森田芳光なの知らなかったな。

免許取ってから見ると感じ方も変わりますね!
とか、そんなまじめに語る映画じゃない。

『判子押してくれよ!!』

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.5

公開が待ちきれなくて、週2でジュラシックワールドTシャツで出社していた俺を見て笑った同僚に、あのクリロナばりに『なぜ笑うんだい?君も恐竜とクリプラとロンハワードの娘が好きだろ?』と返した(心の中で)

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

ヘンリー・カヴィルを可愛いと思えるかで、作品の印象は大きく変わりそう。

それにしても前作は割と緻密な脚本だった印象なんだけど、今回はなんというか、、、

G U Z E N / 偶然

T A M
>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.9

せっかくマイケルペーニャ主役にしといて、地味過ぎる。

でも、そんな斬新な設定でも無いのに、あのドンデン返しは見終わったあと暫く経ってからふと『そうか、○○○○だったのか、、、』と呟いてしまうくらいに
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

何だか妙に周りの評判がいい。
K'sシネマは毎回、満席で入れないらしい。
下北沢で見つけたチラシを隅から隅まで読んでも誰一人知ってる俳優は出ていない。
それなのに地上波で芸能人がPUSHしていたりで、
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.4

ウディ・ハレルソンの髪の毛が風になびくというギャグが延々と続くのが可笑しくてしょうがなかった。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.2

『君のウィルスになりたい』

事前情報なしでオシャレムービーかと思ったら、超サイケデリックだった。

コロニーの人たちの妙な既視感はあれだ『続 猿の惑星』だ

続 猿の惑星 meets グリーンインフ
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.4

原作の方がとか、ドラマの方がとか、そんな野暮なことは言いたくないんだけど、やっぱりちょっと物足りないというか、色々無理があった。

どんな意図があったにしろ、菅田将暉と二丁拳銃の年の差の違和感は埋めれ
>>続きを読む

奇跡(2011年製作の映画)

4.5

今、観た方が俄然グッとくる。
自分も7歳の時、父親側についていたら、どんな人生だっだんだろう

阿部寛も夏川結衣も大塚寧々もくるりも変わらないのに、子供はめちゃめちゃ大きくなる。
そして俺はもう30目
>>続きを読む

>|