はちみつさんの映画レビュー・感想・評価

はちみつ

はちみつ

映画好き。
邦画ホラー以外ならジャンル問わず何でも好き。
特にB級好き。
2016-173。
2017-197。

映画(416)
ドラマ(0)

フェイシズ(2011年製作の映画)

3.0

途中からちょっと物足りない。
ミラさんの絶望感のある表情が相変わらずお上手。

地球、最後の男(2011年製作の映画)

4.0

原題がLOVE。
ストレートなメッセージが、逆に新鮮。
基本宇宙ステーションの中でストーリーが進む。だが、退屈しない。

ダークシティ(1998年製作の映画)

4.0

マトリックスのようなインセプションのような。
面白い。

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

4.0

最後の最後まで気の抜けない。
登場人物が少なく、必要以上に感情移入してしまう。

ハウンター(2013年製作の映画)

3.0

新しいかな?
期待せず見たら、新展開の連続でなかなか面白かった。

デッドライジング ウォッチタワー(2015年製作の映画)

3.5

シンプルなゾンビ映画だと思ったら
最後に陰謀が絡んできた。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

ハムナプトラとは全くちがう。
ジキルとハイドは一体なんなのだろう。あの注射は?設備は?組織は?
設定が壮大な割に、説明がなさすぎて、なんなんだろう。

死の書が出てきてたのが良い。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

4.0

リアルなパンデミックもの。
ただただ刻々と静かに進んでいく。

個人的にはエセジャーナリストに何らかの罰があったらスカッとしたかも。

ゾンビ・リミット(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

設定、展開、キャラクターどれも好き。
終わり方も良い。
アレックスの終わりからケイトの泣き崩れるシーンがまた泣ける。泣かせにきてる。

ウィッチ(2015年製作の映画)

4.0

純粋なホラー。
終始曇天、少しの光もなく、絶望のまま進んで、絶望のまま終わった。

デイ・オブ・ザ・デッド(2008年製作の映画)

3.5

ヒロイン可愛い。
菜食主義者がゾンビになるとこんな感じになるんですね。
最後、健気で可愛かった。

デッドクリフ(2009年製作の映画)

3.0

パッケージ詐欺よくない。

ストーリーは面白い。理不尽さが良い。中盤からラストにかけて、結構ハラハラした。
ヒロインの現彼氏と元彼氏がいい具合に悪い人になってて尚良い。

ビジター 征服(2014年製作の映画)

2.5

エイリアン強いぞ、な話。
個人的には女の人に応報あってスッキリ。

ディープ・サンクタム(2014年製作の映画)

4.0

極限状態、緊張感がずっと続いて
息苦しかった
最後、ホッとした
評価は低いけど、好き

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.3

面白い。
グロ要素はリメイク版、ホラー要素はオリジナル版が好き。

デイ・アフター 2020 首都大凍結(2010年製作の映画)

3.5

長い。でも、あまりだれなかった。
典型的な悪が出てきますが、全て因果応報で片付く。

マーズ・オデッセイ(2015年製作の映画)

2.0

火星・・・?

設定が面白いだけに、勿体なさすぎる。

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.5

カンフー強し。
嫌な奴が最後に良いことすると、すごくカッコよく見えますね。

ハイジャッキング(2012年製作の映画)

3.0

ダラダラせずコンパクトにまとめられていて良い。最後になってコミカルになるのも。

>|