hagmixさんの映画レビュー・感想・評価

hagmix

hagmix

映画(181)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.5

毎日を大切に過ごそうと思わせてくれる。
大切に過ごした毎日を積み重ねて、良い人生だったと最期に思いたい。

この気持ちを忘れないように、定期的に観たいと思う。大事な映画になった。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.8

ゆっくりのんびりおだやかな気持ちになれる。日曜の午後に観たい映画。

小林聡美の「いらっしゃい」は、たしかに気持ちがいい。

私の男(2013年製作の映画)

2.0

最後まで観るのがしんどかった。

つまらなくて。

サスペリア(2018年製作の映画)

3.5

長い。
けど、我慢したその先に、文字通りの血湧き肉躍るラストを堪能できたから良し。

マーブルチョコレートを高尚な創作フレンチにアレンジしてみました、な感じのリメイク。これはこれでまあいいか、という気
>>続きを読む

トールキン 旅のはじまり(2019年製作の映画)

3.8

あまり話題になっていないし、全編暗いし、すごく面白いかと言われるとそうでもない。でもとても美しい映画。

英国の風景の美しさ、あの時代の服や生活の美しさ、そして、男の友情、仲間を思う気持ち、一途な愛の
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

姐さんかっこよすぎる。
背中の筋肉すごすぎる。

サントラも最高。
もう一度観たい。

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

3回目で今どこにいるのかと仕組みがやっと理解できた。
サイトーはなんだかんだいい奴だ。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

アメリカ映画を観るたびに、日本にプロムがなくて良かったとおもう。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.4

綾瀬はるかも坂口健太郎も加藤剛も柄本明も北村一輝も、皆さんいい演技で最後は泣かされました。
本田翼だけはどうしても社長令嬢に見えず、滑舌悪く、非常に残念。本当に残念。。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

2.8

障害を抱えるアレクサンドルが、大金持ちの建築家でモダンな豪邸に住んでいて、高級車に乗ってて高価そうなスーツをサラリと着こなすちょいワル風なイケオジ、なために、彼女が偏見を超えてアレクサンドルを選んだと>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.3

ストーカー親子もやばいけど、一番ぶっ飛んでるのはスーパーの店長さん。

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

4.0

泣くような映画でないとおもって観てたけど、チョコムース買ってきたと言うナンシーの笑顔が崩れていくシーンで思わず泣いてしまった。
映画だから結果オーライになったけど、現実はあのまま会えないんだろうなぁ。
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の月面探査記(2019年製作の映画)

3.5

ドラえもん大好きな小学2年の甥っ子と鑑賞。
想像力は未来だと訴えるドラえもんの姿に藤子先生の姿が重なり、不覚にも泣いてしまった。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

埼玉県人です。
腹の底から笑わせていただきました。
これからは高見沢さんを見ると血湧き肉躍る気持ちになりそうな予感。

映画としても普通に面白くて、完成度の高さにさらに愛が深まります。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.3

ジェイク・ギレンホールのサイコっぷりが痺れる。近くにいたら絶対関わってはいけない感満載。

ルーム(2015年製作の映画)

4.2

ジャックが初めて“世界”をみたシーンはやはり感動。

被害者家族にはその後もずっと人生が続いていくことを強烈に実感する映画。

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.0

料理人の映画で料理が全然美味しそうにみえない残念なものもたまにあるけど、この映画の料理はどれも美味しそう。

イメージしてたよりも静かな映画だった。
1番心に残っているのは、トーストにトリュフバターを
>>続きを読む

>|