万太郎さんの映画レビュー・感想・評価

万太郎

万太郎

映画(773)
ドラマ(7)

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.6

前進していないようでも、前に進んでいないことなんてない。試行錯誤も前進だ。そしてそれが人生だ!…って小さい女の子に教えてもらった。

王様になれ(2019年製作の映画)

3.9

泣けた。
不完全な人間でもいい、堂々と生きたい、ピロウズを聴きながら!…なーんて思った。
しばらくピロウズばっか聴きそうだよ。

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.8

最近、定期的にインド映画が観たくなる。キレイなストーリー展開なのですが、自分的にはもう一癖欲しかった…というのが本音。

インセプション(2010年製作の映画)

3.9

話についていくのが大変…特に前半。それでも面白かったから、あと2〜3回見たら、かなり楽しめそう!

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

3.5

最近韓国語の勉強を始めたので、韓国映画をたくさん見ようと思って、とりあえず有名監督の長編デビュー作をチョイス。ここからパラサイトまで追いかけてみようと思います。

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.0

完全な悪人はいないと思う一方で、人間は誰もが悪の心を持ち合わせているんだなぁとも思った…。
途中「あっ!」としばし呆然とし、感情のやり場に困るも、心が救われたシーンも少しはあったりして…。でもやっぱり
>>続きを読む

8番目の男(2018年製作の映画)

3.8

時に素人はプロが思いつかないようなことを考えられる…と思う。「これが当たり前」とか「経験」だけが全てじゃないってことを改めて学びましたね。
あと余談ですが、こういうメンバーの中にかなりの確率でお調子者
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

どういう終わり方をするんだろうなぁ〜と思いながら観てたけど、ホッコリしました!

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.5

松尾スズキワールド全開ですね。松尾さんの創造力に良い意味で付いていけないところもあったけど、時々どうしようもなくツボにハマって爆笑したりして。
大人計画やっぱ好きだなぁ〜。最後は星野源で締めてくれたし
>>続きを読む

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.7

当たり前だけど、歴史は現代に繋がっているんだなぁと実感。
時代劇にユニコーンもなかなか良いね!

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.0

いい物語だなぁ〜。
色んなエピソードが上手く人と絡み合ってて、さすが伊坂作品!って感じ。「斉藤和義関連ワード」が時々出てくるのも粋ですね。
個人的には、駐輪場とファミレスのエピソードが小説を読んだ時か
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

4.2

原作を読んでいたので楽しみにしていた作品。
圧倒的に小説の方がいいと思う一方で、映画でしか表現できないシーンに魅せられ、映画の力も強く感じた作品でした。
そして、平野啓一郎の言葉の力の凄さを改めて感じ
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.9

正直あまり期待していなかったのだけれど、終盤ググッと引き込まれてしまった。原作漫画は気になりつつも読んでいなかったので、近々読むことにしよう。

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.8

久しぶりにこれぞ映画って感じの作品を観た。古き良きアメリカ映画という印象で、音楽で言うとビートルズを久々に聴いた感覚に近いというか何というか…「あー、やっぱこういうのいいなぁ」っていう安心感やら満足感>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.8

相変わらず小ネタが面白い!生瀬さん見逃さなくて良かった(笑)

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.9

最初の襲撃から○時間…と出る度、1分1秒でも辛いのに、しかも映画で見てるだけで辛いのに…と思った。想像を絶する。。

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.6

いまいち感の中に、ジワジワ染み込む感あり。中途半端な感じの中に自分の感情が浸透していくのが分かる心地良さあり。

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.5

ドラマが面白かったんで観てみました。映画版はヘビーですな…。

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

実写版、予想以上の迫力で結構楽しめた。続編も期待!

ニシノユキヒコの恋と冒険(2014年製作の映画)

3.6

阿川さんキュートだなぁ。あ、あと、猫の“演技”が地味に凄い!(笑)

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.3

以前から、インド映画は長いけどあっという間…という印象があったけど、この作品も同じ。
作りが丁寧というか、わかりやすいし、純粋に感動する。
そんでもって、“オデコをパチン” がとってもキュート(笑)

スライディング・ドア(1997年製作の映画)

3.5

伊坂幸太郎の小説にチラッとこの映画のことが出ていた気がしたので鑑賞。

リングサイド・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

最近映画を観る時は、監督が何を一番伝えたいのか?!を意識しながら観るようにしてるんだけど、この映画に関しては、余貴美子のセリフにそれが集約されていた気がする。

この映画は基本コミカルなんだけど、自分
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

あと阿部寛と堺雅人が出てきたら、もう総出って感じ(笑)
もはや水戸黄門みたいに、「そうなるだろう」って分かっていても面白い。

億男(2018年製作の映画)

3.4

もし宝くじが当たったら、原作含め、再鑑賞しよー。
佐藤健が、途中ちょいちょい亀梨くんに見えてしまっただよ。

>|