takayamaさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • takayamaさんの鑑賞したドラマ
takayama

takayama

映画(488)
ドラマ(100)

最後のオンナ(2020年製作のドラマ)

3.6

深津絵里が見れるという贅沢。相変わらず素敵でした。香川照之も最近コメディー俳優ぶりを発揮してて楽しませてくれました。
なんてことはない物語だけど、親との同居や夫婦のあり方など、ホームドラマらしくて良か
>>続きを読む

0

あしたの家族(2020年製作のドラマ)

3.6

設定の妙とキャスト陣で面白く見れました。人間関係の設定が喜劇的なのでもっと笑いが欲しかった所ですが、まあ誠実で真面目なドラマかなと、リラックスした作風ではありますが。
後半にかけてのちょっとまあお行儀
>>続きを読む

0

いだてん~東京オリムピック噺~(2019年製作のドラマ)

5.0

大河の歴代最低視聴率ということですが、今世紀最高峰の名作ドラマでした。
最近のクドカンの作品に感じるのは品位・品性。この人の思考やメッセージに間違いはないという信頼感。
歴史認識、日本という国に対する
>>続きを読む

0

世にも奇妙な物語’19 秋の特別編(2019年製作のドラマ)

3.3

ここ最近つまんなかった世にもだけど、今回は中々粒ぞろいで楽しめた。特に女優陣の作品は全部面白かったな。
斉藤由貴のはもはや良い意味で古典的な匂いのするホラーのお手本のような物語。1回しか放送されてない
>>続きを読む

0

凪のお暇(2019年製作のドラマ)

4.0

よくある自分探し系かな、と思いきや、高橋一生演じるキャラの癖の強い設定に引き込まれる。なかなか曲者のドラマっぽいぞ、と。
回を重ねるごとに良質な人間ドラマになっていく。それぞれの孤独がすり寄って団欒と
>>続きを読む

0

ノーサイド・ゲーム(2019年製作のドラマ)

3.4

いつも通りの演出、展開。古臭さ、ダサさを恐れない演出には磨きがかかって来た。悪い意味で。
そんな今作品、なんだかんだで最後まで見れたのは、ラグビーというスポーツの新鮮味でしょうか。細かく芸術的なパスワ
>>続きを読む

0

THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2(2017年製作のドラマ)

4.5

相変わらずの良質のドラマ。人生の全てが詰まっている。
今回は過去と現在に加え、未来を匂わすシーンもチラホラ。人生は終わらない。人は本当の意味では死なない。物語は永遠に続く。

0

白い巨塔(2019年製作のドラマ)

3.8

断続的にちょくちょく見て、やっと見終わりました。
僕にとっては、財前といえば唐沢さんなので、岡田くんの財前には違和感。リアクションが大仰で胡散臭い。ある意味そこがツボではあったんですが、なんだかな。
>>続きを読む

0

きのう何食べた?(2019年製作のドラマ)

4.8

内野聖陽の俳優としてのポテンシャルにただただ驚く作品。素晴らし過ぎました。それを受ける受け皿としても西島秀俊以外に考えられない、最高のキャスティングで原作者は幸せだろうなと想像。
見ていてとても幸せな
>>続きを読む

0

コンフィデンスマンJP 運勢編(2019年製作のドラマ)

4.7

映画見てないので、連ドラ以来のダー子さん。これこれこれー!って感じがたまらん。ダー子の長澤まさみが1番かわいい。
危機的状況のようで蓋を開けて見たら、主人公たちが1枚上手で、危なげないという定番の展開
>>続きを読む

0

離婚なふたり(2019年製作のドラマ)

4.3

絶妙な加減でした。うるさくなく落ち着いて見れるし、なおかつユーモアもある。リリーフランキーと小林聡美、良いパートナーですね。
結婚してる身としては他人事では決してないドラマ。離婚したい理由が分からない
>>続きを読む

0

デザイナー 渋井直人の休日(2019年製作のドラマ)

4.2

時々、ながら見をしてしまって鑑賞に注意力を欠いてしまったこと、とても後悔しています。見終わってみると、何とステキなドラマだったんだろうと痛感。
特に終盤、黒木華と出会ってからのコンペのエピソードは最高
>>続きを読む

0

まんぷく(2018年製作のドラマ)

4.8

久々の朝ドラ完走。まあ、キャストの時点で全話見ることは確定していたようなそんな作品。
しかし、主役二人はもちろん、その他の実に様々なキャラクター達がことごとく魅力的だったのが嬉しい誤算。MVPばりの活
>>続きを読む

0

名探偵・明智小五郎(2019年製作のドラマ)

3.0

キャストがMOZU感バリバリだったので、ちょっと硬派で重苦しい感じかなと思ってたけど、ギャグ満載の非常にライトな作品でした。良く言えば取っつきやすく見やすい。悪く言えば軽すぎて見なくても良かったな。>>続きを読む

0

ハゲタカ(2007年製作のドラマ)

3.7

すみません、幾分かながら見をしてしまいました。とても面白いドラマだと思うのですが硬派すぎたのか集中力が1時間持たない時がありました。
栗山千明、めちゃくちゃキレイだなと思いました。

0

新春ドラマ特別編「下町ロケット」(2019年製作のドラマ)

3.7

連続ドラマの伏線が色々回収されて、物語も動きがあって面白かった。カッコよくて正しい財前さんが復活なのは見応えあり。
ただ、台風のシーンに長時間を費やしすぎ。先読みしやすぎ。こう感じさせたいのだろうなと
>>続きを読む

0

下町ロケット 続編(2018年製作のドラマ)

3.5

やっと見終わる。この原作者、この演出チームのタッグには正直飽きました。まあ、今まで全部見てるからこその二番煎じ感が拭えませんでした。全てのシーン、見覚えがある。
感動的なシーンの描き方の感動の煽り方が
>>続きを読む

0

忘却のサチコ(2018年製作のドラマ)

3.5

高畑充希七変化。ミュージカルだったりラッパーだったり、愉快な楽しいドラマでした。グルメドラマに興味はないのでその部分に関しては残念だし、話によって面白さにばらつきがあった気も。

0

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで(2018年製作のドラマ)

3.2

そんなに好きな物語ではなかったかな。やっぱり自伝ということで、いかに人と交われない自分を嘆いたり、創作の苦しみを描いたり、なんやかんやしたところで結局の所ナルシストに映っちゃうんですよね。こんなダメな>>続きを読む

0

獣になれない私たち(2018年製作のドラマ)

4.2

何ともテーマが雑多で、見方に焦点が絞れないというか、戸惑いました。それでも全話楽しく見れたのは、キャラクター達の魅力かな。
ドラマならではの関係性の変化が楽しい。仲間が増えて行く感じ。この人とこの人が
>>続きを読む

0

フェイクニュース(2018年製作のドラマ)

4.3

野木脚本には作家の怒りを感じます。現代の空気や風潮に対する「何やねん!」て感情が作品の出発点なんじゃないでしょうか。
匿名の人たちによるバッシング、外国人に対するヘイト、罪悪感のマヒ。周りに極端な人は
>>続きを読む

0

宮本から君へ(2018年製作のドラマ)

3.9

台風の影響で8話9話あたり見れてません。
原作に衝撃を受けたのと、池松くん、エレカシ、そして監督と、好きな人にが揃ってたので楽しみに見ました。
序盤の恋愛のとこはそんなだったけど、松山ケンイチが出てき
>>続きを読む

0

乱反射(2018年製作のドラマ)

4.0

原作読んでます。原作の情報量をおそらく2時間の尺では描けないだろうと、そして情報量が大事な作品だと思うので、大丈夫かなと、見てみましたが、そこはさすがの石井裕也監督でした。
原作にないドラマオリジナル
>>続きを読む

0

dele(2018年製作のドラマ)

4.5

良質なサスペンス。真面目すぎる山田孝之を、菅田将暉の存在がユーモラスに映させる。とても素敵なバディ作品。超能力の回のカフェのシーンは最高でした。
映画的映像ももちろんグッドだし、回ごとに色んな後味が楽
>>続きを読む

0

満願(2018年製作のドラマ)

4.0

万灯は原作でもあまり好きじゃない。夜警、満願は良かった。

0
>|