ハクノさんの映画レビュー・感想・評価

ハクノ

ハクノ

映画、ゲーム、アニメ、漫画などエンターテイメントが大好きです。
基本的に予告編などのフィーリング重視で見る映画を決めます。
気軽にフォローしてくれたら嬉しいです。

映画(509)
ドラマ(0)

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

前作に引き続き、ミクロアクションは見応えがありました!

今回は、+バディアクションにも磨きがかかって、より見応えはあったと思います。

ただし、敵のインパクトが薄いのと、敵の動機を知っている以上、最
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.7

久しぶりのレビューになったけど、まさしく強烈な映画でした。

劇薬!ホラー×エンターテイメント

そんな作品でした。

これまで見たホラー作品と怖さだけ比べるなら、そこまでかもしれませんが、これはれっ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

アメリカの闇を孕んだ土地で起きる凄惨な事件の謎を追うサスペンス映画です。

過酷な土地であることを示しつつ、静かに徐々に迫っていく緊迫感のある展開から目が話離せませんでした。

時折挟まれるほんの少し
>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

4.4

最凶の捜査官チームと最凶の銀行強盗チームの頭脳、戦闘含めた戦いが描かれるクライム映画です。

なんだか鑑賞する前は、あまり大した期待はしていなかったのですが、観賞後考えが180度変わりました。

14
>>続きを読む

トリプル・フロンティア(2019年製作の映画)

3.6

昔からの友人同士で手を組み、カルテルの大金を強奪する計画に挑むクライム映画です。

鑑賞前はもっとバチバチと戦闘シーンがあるかと思いましたが、戦闘は恐らくリアルよりなのか静かなシーンが多いです。

>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

自分に寄生した未確認生命体と共に戦うバディ映画でした。

もっとダークな世界観かと思っていたのですが、結構明るかったです。まぁ!どっちにしろ面白かったのですが、キャッチコピー通り、もっと残虐であったり
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.5

突如、謎の生命体に地球が侵略されるが、息子を守るために父親は奔走する。

といった映画でした。

前作がエイリアンによる侵略を描いたのに対して、今作はエイリアンとの戦いをより焦点にしていました。

>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.7

自殺があった修道院に、調査のため派遣された調査員と見習いシスターに恐怖が迫る、といった映画でした。

とにかく、迫る悪霊シスターの描写が恐ろしい!!

恐怖をあおる演出も独特な工夫があり、存分に恐ろし
>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

3.4

蘇生され死から甦ったにも関わらず、24時間でまた死んでしまう暗殺者の戦いを描いた映画。

むぅ…アクションはそこまで。物語もそこまで。これは、ホークさんを楽しむ映画でした(笑)

カッコ良かったなぁ…
>>続きを読む

ダンスバトル(2018年製作の映画)

3.6

なんというか凄かった(笑)

ダンスに寄せる王道の展開かと思えば、途中から胃がキリキリするほどの青春を演じ始める。

そして、その当人の印象(観ている側からの)は最後まであまりよくならないまま、突然の
>>続きを読む

グリーン・ゾーン(2010年製作の映画)

3.4

アクション要素が大きくある映画かと思っていましたが、どちらかというとサスペンス映画でした。

空振りする作戦が多発し、怪しく感じたマットさん演じる主人公が真相に近づいていくような流れでした。

場面ご
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.3

あいかわらずの骨に沁みるような映画。

凄みに満ちたデンゼルさんの演技が前作よりも増していました。

悪は悪、という意思の強さが半端ないし、最後も相変わらずの容赦なし具合が、らしさをしっかり出している
>>続きを読む

どろろ(2007年製作の映画)

3.2

久しぶりの観賞。

子供の頃に見たときは、凄く良かった印象だったのですが、今見ると演技とかどうなの?と思ってしまった自分は心が汚れてしまった…

原作のキャラクターに似てるのかな?読んだことわからない
>>続きを読む

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

3.8

ほとんどのレビューで渋いがツカワレル異色の映画。まぁ、結局自分もマッツさん渋いなぁ…と思っているわけですが(笑)

とにかくマッツさんのかっこよさ、アクションを楽しむ映画だということがよく分かります!

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

3.7

美術関連の知識があれば、それぞれのキャラクターの立ち位置が分かると思うので、もっと楽しめた気がします…

忍び寄る恐怖という点から見ると、凄く楽しめるものがありました。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

相変わらず主人公の無双感は素晴らしかったです。

今作の敵に止めをさす瞬間もらしさが出ていて、凄く良かったです。

そこからさらに続編に繋げていくかたちですが、一体次はどうなるのか。

さすがに1のイ
>>続きを読む

ヴァイラス(1998年製作の映画)

3.1

初っぱな地球に落ちる時点で失敗して、さらに2回目のチャンスにも失敗してしまうエイリアンたちがなんかインパクト薄い…(笑)

殺した人間を機械でつなげて使用するのは、すごい見た目でインパクトあります。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.8

サメの存在を喰ってしまうほどのジェイソン兄さんの存在がヤバい(笑)

この人が主演するとどんな映画もだいたいジェイソン兄さんを楽しみたい人向けになってしまう気がする…

展開が急だったりする場面もあ
>>続きを読む

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

3.0

ぶっ飛んだ設定、理解できない内容、入り込めないキャラクターの心情、とそこまで頭のよくない自分には難しい作品でした…

ただ、それでも最後まで見てしまう妙な魅力はありました。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

アクションとしての部分は、やはり最新作らしく迫力満点でした。

ただ、強さがリブート前からするとあまり見られなくなったような印象でした。元々それが普通なのかは分かりませんが…

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.1

これまでとはまた一風変わったプレデターの映画でした。

プレデターの驚異は描きつつも、ユーモア溢れるシーンも巧みに混ざっていて…

キャラクターもそれぞれ特に過去を長く語りだしたり、とかはなかったので
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

4.4

いやぁ、これは凄く面白い映画でした。

あんまり高評価でないのが、見えない脅威の正体が謎のままだったことなら残念です。

確かに気になるし、どういうこと?と思うシーンがありますが、静かで徐々に高まる恐
>>続きを読む

タイタン(2018年製作の映画)

3.0

うーん、人間以外のなにかに変異してく様を、ホラーやアクション以外で展開するとかなり地味になってしまうんですね…

人間以外の何かもあまり特徴もなく…

といった惜しい感じが漂う映画でした。

ミュート(2018年製作の映画)

3.4

評価するのが難しい作品でした…

世界観は近未来的かつ独特な雰囲気もありましたが、物語や展開はいまいち盛り上がりにかけたような気もしました。

ただ、ほぼ喋らないのにも関わらず魅力的な主人公はよかった
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.4

衝撃的な開始とお洒落な終了が記憶に残った映画でした。

物語や演出、アクションなど他の要素は期待値を上回るほどではなかったです…

あと、スコット・アドキンスを無駄遣いしてるなぁ(笑)

モーグリ: ジャングルの伝説(2018年製作の映画)

3.5

映像はとても素晴らしく、度々そのクオリティに驚かされます!

ただ、物語がなかなか入ってこないきがしました…主人公の少年もなかなか感情移入しづらい面も多々ありました。

一番気になったのは、主人公たち
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

4.2

キャラクターに非常に魅力のある作品でした。

子供のため、本当ならやりたくない盗みを計画する弟。

粗暴で頭は良くないが、弟を想っていることが分かる兄。

定年目前にして、相棒と最後の仕事に挑むレンジ
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.5

キャッチコピーをそのまま鵜呑みにしてはいけません(笑)
(決して嘘はついてないですが…)

実話ベースという事で、上手くいかないこともありますが、結末は本当に実話!?といえるほど、出来すぎていて隊長さ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

前作よりもスケールは小さくなったが、中身の濃さは変わらず(むしろパワーアップしてるかも?)、とても楽しめる映画でした。

危険な恐竜と接近しなければならない展開は違和感なく、これまでにはなかったので見
>>続きを読む

ラストミッション(2014年製作の映画)

3.6

コメディよりのアクション映画。

物語は結構ありふれた感がありますが、相変わらずケヴィン・コスナーさんが渋かったです。

アクションもド派手なものは少なく、物語はシンプルなので、気軽に見やすい映画でし
>>続きを読む

カーゴ(2017年製作の映画)

3.6

内容は、ゾンビアポカリプス後の映画でした。

ゾンビとの対峙ハラハラより、ゾンビになることが決まってしまったあと、娘のために闘う父親のヒューマンドラマという印象の方が大きかったです。

その点から言う
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.5

これほどハラハラさせてくれる映画は本当に少ない。

開幕から終盤まで、得体の知れない重圧感と物語と役者の存在感に押し潰されます。

主役の3人は、それぞれがそれぞれの境界線を持ち、それが観ている人も分
>>続きを読む

悪魔に呼ばれる前に(2018年製作の映画)

3.4

これまで見た東南アジア産ホラーとしては、所々ジャパニーズホラーに通じる部分があって見応えありました。

ただ、基本的に実体ある系のホラーなので、そこは注意。ガンガン出てきます(笑)

展開、人物ともに
>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(2012年製作の映画)

3.5

判決、死刑!

恐ろしいな、どっちが悪役か分からんぞ(笑)

まぁ、悪は絶対に許さない、どんなやつでもだ。みたいなスタンスで犯罪者をボコボコにしていきます。

展開的には追い詰められている感があるが、
>>続きを読む

ヒットマン(2007年製作の映画)

3.5

ゲーム原作の完璧な暗殺者が主人公の映画でした。

アクションは派手で、主人公の無双さを楽しむ映画ですね。

ただ、シーンとシーンの切り方が急だな!?と感じるところがいくつかあったような気が…(笑)

人狼(2018年製作の映画)

3.3

むむむ、原作は分からなかったのですが、警察特別部隊の格好に惹かれて鑑賞。

アクションを期待して鑑賞してしまっていたので、中盤は確かに間延びしているような印象でした。

でも、終盤のアクション(銃ぶっ
>>続きを読む

>|