hakuさんの映画レビュー・感想・評価

haku

haku

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.6

重たい、しんどい、痛々しい。
結局誰も報われてないけど、みんな誰かを本気で愛してるのが最高に辛い。
松坂くんがどっちの道に進むのか気になる

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.8

2回鑑賞したおかげで散りばめられた伏線とか言葉の真意を理解しながら見れて面白かった。アクションなどの迫力もすごかったけど、ストーリーも良くて今後の展開が楽しみ。1番の衝撃は出だしのpart1の文字

CUBE(1997年製作の映画)

3.2

日本版からの見直し。
他の人のコメント見て、確かに閉じ込められた理由が描かれてないのはいかがなものかと思った。でも心理描写と斬新さはさすがでした。

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

2.6

これはすごい...
原作見直します...
もうなんか察して欲しい...

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

4.0

「 あなた以外の誰かと幸せになるくらいだったら、あなたのそばで不幸になりたい 」

燃えよ剣(2021年製作の映画)

3.8

学校では教えてくれない日本史
〜本格アクションを添えて〜

ムーンライト・シャドウ(2021年製作の映画)

3.2

見せるところと見せないところの分け方がおもしろかった。大切な人をなくした、ゆらゆらとおぼつかない心的描写がよかった。

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.8

同じ題材の映画はいっぱいあるけど、脚本スッキリしてて見やすかった。実行犯が若者っていう事実が何回みてもしんどい。

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~(2020年製作の映画)

3.7

これがのちのウォーリーだったりしなかったり。ほどよい悲劇で子どもでも見れそうだなとは思ったけどメインターゲットの年齢層的には物足りなさそう。最後のパントマイムの解釈が難しい

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

4.0

怒りの矛先を向ける場所がないってのも辛いなあ。大人っぽい清原ちゃんもとても良かったです。健くんは長髪がいいです。

うみべの女の子(2021年製作の映画)

3.7

最後はほんとにさらっと他の子のとこ行って欲しかった。人の狡猾さと青春はハッピーセット

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

原作の雰囲気全部似てるんだけど全部好きなんだよなあ。ただもうちょっと組織とか人の黒い部分があってもいいのかなと思った。

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.5

求められてない想いほど迷惑なものは無い
最後の回想にもエゴが出てて、理想とのギャップを感じた。

空白(2021年製作の映画)

4.0

真実を追い続けて絶望した人
2つの正しさから逃げ続けた人
正しさと優しさで追い詰めた人
居場所を求め続けた人

ほんと救えなすぎて多分誰も間違ってなくてみんな間違ってる。西尾さんとか好きそう

マイ・ダディ(2021年製作の映画)

4.0

ムロツヨシやっぱ好きだなぁ、大泉さんと近しいものを感じる。
慈善でも偽善でもちゃんと人に伝わるんだなぁと

総理の夫(2021年製作の映画)

3.8

綺麗事が通じる世の中にしてほしい
得をするのはいつだって人間らしい人

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

おもしろい。
無知な人を羨ましそうに見る野村さんが印象的だった。日本人の献身性はいつまでも間違い続けるんだろうなぁ。

オールド(2021年製作の映画)

3.7

奇妙で面白い設定で優しいストーリーだったから見やすかった。話も難しくするとミッドサマーとかライトハウスみたいなパンフ読んでやっと解決する作品になってたかも(それはそれで面白い)

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.0

えっぐ。
原作者いい意味で性格悪すぎでしょ。どうしようも無い大人の世界がおもしろかった

かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル(2021年製作の映画)

1.6

おもしろくない。
中途半端に原作を真似するから違和感が増して余計つまらない。全部が薄っぺらい。演出が気にくわない。
佐藤二朗さんだけが最高だった。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.6

新作公開前に。
キャストめちゃ豪華じゃん。やっぱり江口さんは刀が似合いますね

>|