haljinさんの映画レビュー・感想・評価

haljin

haljin

ボストン市庁舎(2020年製作の映画)

4.5

お役所仕事の壮大さよ。
監督が92歳というのも驚愕。
視点がきちんと現在に合っている。

偶然と想像(2021年製作の映画)

3.8

一個目、二個目の物語は、こんな事あったら困るな怖いな、というスリリングだったりブラックな偶然。
最後の物語は、中高年にはちょっぴり沁みる。ありえない偶然ではなく、ひょっとしたらありそう。あったら面白い
>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.5

気晴らしをしようと思って観たら、逆効果(°_°)
面白くない。訳ではない。神話?みたいな。物語自体は面白い。映像も凄い。
けれど、劇中ずっと鳴り止まない霧笛のような音とか…人間のどうにもならない泥臭い
>>続きを読む

春江水暖~しゅんこうすいだん(2019年製作の映画)

4.8

これがデビュー作と知って、びっくり。
ジャンが富春江を泳ぐ長回しの場面でグッとくる。
こういう映画が観たかったんだよー、としみじみ思う。
水墨画に描かれたままの姿を残す、富春江の自然の美しさと、きっと
>>続きを読む

世界一美しいボルドーの秘密(2013年製作の映画)

4.5

ワインが好きだから観たものの、フランスワインの不都合な真実が垣間見れて、興味深かった。
所謂ワイン好きのハナにつく感じや、だからワイン好きは嫌われるんだよね、という自覚症状があるワイン愛好家なら、楽し
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.2

伊之助が大活躍していて、良かった!
煉獄さんはよく食べる、親切で、真っ直ぐで、素敵な人だと思った。
でも個人的には、自分が嫌われている事を認めない、ドジっ子富岡さんがスキ♡

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

膨大な数の戦争映画があって、観る度に、
戦争って、こういうこと。
と突き刺さる。
この映画も、そんな戦争映画のひとつ。

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

4.2

イ・ビョンホンに釣られて鑑賞。
韓国の政治の世界、ほとんど知らなかったけれど、複雑で闇が深いと思った。
大統領とパク部長が、宴席で酒を酌み交わし、朝鮮戦争の頃の思い出話をしたり、日本でいう演歌?のよう
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.9

ストーリーの全部は分からなかったけど、面白かった。
インセプションは、受け身で世界に入り込めたが、テネットは導入部から、これは一体どういう物語なのか?頑張って理解しなきゃ、と思わされて、ちょっと違うこ
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.5

脚本も俳優陣も、とても良かったと思う。
この時代の閉塞感が、今の時代を生きる自分の感覚にも通じるところがあり、細部の演出に、監督の思いが込められていると感じた。
映像のセンスも良く、素直に面白かった。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.8

映像・色彩・音楽、全てセンス良い。
大事なところは、セリフよりも映像と音楽で伝えているが、そのツボの押さえ方もステキ。
とくに前半は、音響と映像がブッ飛んでてフェスかクラブのような臨場感があった。
>>続きを読む

>|