ハレルヤさんの映画レビュー・感想・評価

ハレルヤ

ハレルヤ

映画を本格的に見出して約20年。
古今東西問わず色んな映画を見ます。
誤字脱字、駄文が多いですがご了承を。

採点基準
5.0→マイベストムービー
4.5→年間トップレベル
4点代前半→DVDやBlu-rayが欲しいくらい好き
3点代後半→テレビで放送されていたら見たい
3点代前半→まあまあそれなりの作品
2点代後半→イマイチな作品
2点代前半→金と時間返せレベル
1点代→最悪の極み

映画(1442)
ドラマ(0)

初恋のきた道(1999年製作の映画)

4.1

かなり前に一度鑑賞したことがあり、その時からメチャクチャ良い作品だった記憶がありました。先日BSプレミアムシネマで放送されていたので、久しぶりに再見。

物語自体は王道の瑞々しいラブストーリー。それほ
>>続きを読む

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.8

名作シリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」の60年前を舞台とした新シリーズ。

公開当時は正直複雑でした。さすがにあのシリーズは超えられないだろうと思い、それほど見る気も起こらず、気がつけばBSプレミア
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.8

ホビット三部作の二作目。今回も前作の流れをそのまま継承していて、圧巻のアドベンチャーを見せてくれます。

巨大クモに襲われるわ、オークにも襲われるわ、止めに邪悪なドラゴンまで登場するわで、旧シリーズも
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

3.9

ホビット三部作の最後を飾る三作目。
前作のラストからの流れで、冒頭からドラゴンの無双で幕を開けます。

旧シリーズの同じく三作目「王の帰還」と比べてしまうと、少しスケールが小さいように思えてしまうの
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.0

「アウトレイジ」も真っ青の登場人物全員悪人の韓国ノアール。韓国の架空都市が舞台で、悪事を働く市長に協力せざるを得なくなった刑事の泥沼に落ちていく様を、これでもかってくらいの強烈なバイオレンスで描かれま>>続きを読む

マウス・ハント(1997年製作の映画)

3.8

2歳の娘と鑑賞しましたが、予想通り家族で安心して見れる安定感抜群のコメディ映画。

おバカ兄弟と賢すぎるネズミのホームアローンのような大バトルが繰り広げられますが、ほぼネズミのワンサイド。笑

おバカ
>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

4.1

これはなかなか良い掘り出し物でした。
インド、イギリス、アメリカの合作映画で、あのスパイク・ジョーンズとデヴィッド・フィンチャーも協力している作品。

1915年のロサンゼルス。映画のスタントで重傷を
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.9

生まれつき盲目の主人公レオと、彼の行動をサポートする幼馴染みのジョヴァンナ、そして気さくな転校生のガブリエルの3人が織り成す青春ドラマ。

爽やか。本当に爽やかな映画ですね。
同性愛や障害などを取り扱
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

3.8

自分に自信が持てずに苦しむ若き映画監督と、たまたま成り行きで知り合った木こり職人の2人の交流を描いたコメディドラマ。

役所広司と小栗旬のダブル主演ということで、この2人の演技だけでも味わい深さが感じ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

「アントマン」の続編であり、マーベルシリーズでいうと「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の次作にあたる本作。

「インフィニティ・ウォー」では姿がなかったアントマンですが、そのほぼ同じ時期に起こ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

やっとここまで辿り着きました。
マーベルシリーズのクライマックスである本作。1年前の公開当時、僕の周りの映画ファンの間で話題騒然となっていたのがよく分かりました。

その時マーベルシリーズに対してあま
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ」で初登場したブラックパンサーの単独作品。

「シビル・ウォー 〜」の時も出番少なめながらも強さをしっかり見せつけ、そこから1週間後を舞台とした本作ではどんな展開を
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

マーベルシリーズ新キャラクター「ドクター・ストレンジ」の誕生の物語。

他のシリーズのキャラクターと比べて、魔術を使ったアクションが特徴の本作。「インセプション」もビックリのニューヨークの街が複雑に入
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

「マイティ・ソー」シリーズ3作目。
このシリーズでは一番面白かったですね。
1作目と比べると露骨すぎる程にコメディらしさが炸裂していて、楽しんで見れる作りになっています。

同じマーベルシリーズの「ガ
>>続きを読む

唐山大地震(2010年製作の映画)

4.1

先に言っておきます。この映画パッと見て「B級映画か?」と思う方ももしかしたらいるかもしれません。それは大きな間違い。心に深く深く突き刺さる壮大なヒューマンドラマです。

1976年に中国の唐山で実際に
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.9

「マイティ・ソー」シリーズ2作目であり、「アベンジャーズ」の後の作品。

マーベルシリーズの今後に重要なアイテムとなるインフィニティ・ストーンが本作のキーとなります。それを巡り、壮大なスケールでの戦い
>>続きを読む

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.9

BSプレミアムシネマにて初鑑賞。
50歳を迎え、公私ともに充実の人生を送っていた主人公アリス。若年性アルツハイマー病と診断され、自身の病気に対して家族と共に向き合っていく姿を描いたドラマ。

まずアカ
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.8

「キャプテン・アメリカ」に続いて、また今更かよと思われるかもしれませんが、本作も初鑑賞です。笑

神話がどうとか個人的に苦手な印象があって、マーベルシリーズでは一番敬遠してた「マイティ・ソー」シリーズ
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

「キャプテン・アメリカ」シリーズ3作目でありながら、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」から、そのまま繋がっている物語。

前作のラストから行方知れずとなっていたウィンターソルジャーが再登場。
>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.0

アベンジャーズ2作目。やっとの初鑑賞です。笑
前作と同じく、とにかく圧倒されるアクションの連続。クライマックスなんか、ここまで派手を極めたアクション他にあるのかと思うほどのスケール。

直前に「キャプ
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.3

何という面白さ!
マーベルシリーズに疎い僕ですが、詳しい知人に色々聞くと、本作が最高傑作という話を頂いたので、前作に引き続き早速鑑賞しました。

一瞬の隙も無いほど、次々と放り込まれる怒濤のアクション
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.8

今更かよ!と思われるかもしれませんが、今回が本作初鑑賞。笑
来るべき「アベンジャーズ/エンドゲーム」に向けて、今まであまり見てこなかったマーベルシリーズを補完する為に一気に見ていくつもりです。

キャ
>>続きを読む

傷だらけの栄光(1956年製作の映画)

3.8

BSプレミアムシネマにて初鑑賞。
実在したボクサー、ロッキー・グラジアノの半生を描いたドラマ。

この作品、一見「ロッキー」みたいなガッチリしたボクシング映画かと思いますが、実際ボクシングシーンは全体
>>続きを読む

再会の街で(2007年製作の映画)

4.0

ニューヨークで歯科医として成功したアラン。ある日偶然学生時代の友人であるチャーリーと再会。911のテロで最愛の妻子を失って、廃人同然となったまま日々を過ごす彼を救おうとするヒューマンドラマ。

主演2
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.9

いい加減なダメ親父と、隣に引っ越して来た少年の偶然から始まった交流を描いたコメディドラマ。

冒頭から不良中年らしさ全開の主人公ヴィンセント。酒とギャンブルで借金漬け。ほぼ世捨て人同然の状態。そんな体
>>続きを読む

未来を生きる君たちへ(2010年製作の映画)

4.0

デンマークの名匠スサンネ・ビア監督が描く暴力と復讐による負の連鎖。アカデミー外国語映画賞受賞作でもある本作。

パッケージとタイトルだけだと、一見明るそうな作品に見えますが、ところがどっこいズッシリ重
>>続きを読む

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

3.8

冴えない高校生だったが、偶然手に入れた不思議なアプリによって、思い通りの自分になれるようになった主人公。だがそれを使ううちに、本当に大切な事に気付いていく青春コメディドラマ。

サラッとストーリーを見
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.6

ハンガリーの食肉工場で働く、コミュニケーション能力が低い若い女性と、片腕が不自由な中年男。それぞれが同じ内容の夢を見たことで、距離を縮めていくラブストーリー。

まず最初に言うのは、この映画娯楽性は皆
>>続きを読む

フレンジー(1972年製作の映画)

3.8

ヒッチコックがハリウッドからイギリスへ戻り、原点に立ち返った戦慄のサスペンススリラー。

ロンドンで発生したネクタイを使った連続殺人事件。無実の罪で犯人に仕立てあげられた主人公と次々と犯行を重ねる真犯
>>続きを読む

ファミリー・プロット(1976年製作の映画)

3.5

ヒッチコック最後の作品。
内容は全盛期と比べたら落ち着いたもので、そこまでガツンとくるインパクトはありません。

それでもそこらのサスペンス映画より見応えは十分あります。墓地のシーンでは広範囲に伸びた
>>続きを読む

ミッシング(1982年製作の映画)

3.7

1973年のチリで発生したクーデターの際に行方不明になったアメリカ人の青年。その彼を探すため、彼の妻と父親が懸命に行方を追う社会派サスペンス。

この作品も驚愕の実話。一人のアメリカ人の失踪を通じて、
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

3.6

塚本晋也監督自らが監督主演を務めた戦慄の戦争映画。
太平洋戦争末期のフィリピンを舞台に、結核にかかった一人の兵士の姿を通じて、戦争の凄惨な実態を克明に描いています。

驚くほど綺麗なフィリピンの自然と
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.2

公開当時大きな話題となっていたこの作品。
非常に気になっていましたが、大体のストーリーを読むと、個人的にトラウマ映画となっていた「火垂るの墓」のような感じじゃないかと思い、少し敬遠気味でした。

よう
>>続きを読む

ミッドナイト・エクスプレス(1978年製作の映画)

3.8

1970年に実際にあった事件をベースとしたサスペンススリラー。トルコで麻薬の運び屋をしたことで逮捕され、30年の懲役刑を受けたアメリカ人の主人公。その彼の脱獄を描いた物語。

今は亡きブラッド・デイヴ
>>続きを読む

バルフィ!人生に唄えば(2012年製作の映画)

4.1

生まれつき耳が聞こえず、話すこともほとんど出来ない障害を抱えた主人公のバルフィ。彼の波乱に満ちた半生を描いたインド発のコメディドラマ。

良い映画というのは、オープニングでどれほど
見る人を引き込める
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.3

レバノン映画で初のアカデミー外国語映画賞ノミネートされた作品として注目を浴びた本作。

その内容も2人の男の些細な争いから裁判となり、そこから話が大きく膨らみ、やがて国全体を巻き込んだ大事へと発展して
>>続きを読む

>|