中粒納豆さんの映画レビュー・感想・評価

中粒納豆

中粒納豆

モンタナの風に抱かれて(1998年製作の映画)

3.6

乗馬中の事故で負傷した少女(スカーレット・ヨハンソン)と凶暴になってしまった馬を癒し献身的にサポートするカウボーイ(ロバート・レッドフォード)…とここまでの内容で充分感動できたのだけど、途中から違う流>>続きを読む

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

3.7

前半はハイドリヒの半生、後半はハイドリヒ暗殺計画を描いた2部構成。ハイドリヒの狂気な人物像はよくわかったけど、後半の暗殺に関しての背景が若干薄いので『ハイドリヒを撃て!』を先に観ておいてよかったかな。>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.0

予備知識としてWikiでハイドリヒについてと「エンスラポイド作戦」をざっと読んでから鑑賞。観ながら人物像などを多少理解していてよかったなと。

妙にリアリティのある作戦遂行からラストまでの流れは息をの
>>続きを読む

ゴールデンボーイ(1998年製作の映画)

3.8

スティーヴン・キング原作、ブライアン・シンガー監督で『ユージュアル・サスペクツ』の次回作でもあり、ブラッド・エンフロ主演!でちょっと期待して鑑賞。

少年(ブラッド・エンフロ)と元ナチの将校(イアン・
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.9

外に出てからの母と子の順応していくか否かの対比が上手く描かれていた。息子視線で描かれていた分、切ない中でも希望や夢、穏やかさを感じながら観れた点はすごく良かったと思う。孫とばぁばのシーンが特に印象的だ>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.9

シネ友くんお薦めの名作シリーズ。

ハラハラドキドキする見せ場あり、緩急のある展開で最後まで楽しめた。音楽と配役が素晴らしく、ショーン・コネリーが渋いし、若いアンディ・ガルシアがカッコ良かった!そして
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

3.8

どうしても母親目線になってしまうので、弁護士(ミシェル・ファイファー)の涙の訴えや心境の変化、里親(ローラ・ダーン)の優しさに泣けた…

父親役の名優ショーン・ペンはもちろん、ミシェル・ファイファー、
>>続きを読む

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

3.0

全編iPhoneで撮影した作品。それを意識して観てたので撮り方が変わってるな、映像が暗いなとは思ったけど、それが良い悪いは特に何も感じなかった。

ストーカーに悩む女性ソーヤー(クレア・フォイ)が極限
>>続きを読む

アナライズ・ユー(2002年製作の映画)

3.5

『アナライズ・ミー』の続編。前編より派手な演出の見せ場が多かった。今作でもデ・ニーロの演技を堪能できたのでよし。

NG集がおもしろかった!

アナライズ・ミー(1999年製作の映画)

3.5

ロバート・デ・ニーロとビリー・クリスタルのコメディ映画の前編。デ・ニーロの泣き顔が可愛かった笑

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル(2003年製作の映画)

3.0

続けてチャーリーズ。前作より豪華で迫力が増してて、懐かしい音楽もよかった。それにしても強すぎ!笑

前作同様NG集に和まされた。

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

3.0

サム・ロックウェル見たさで初鑑賞。普通の青年(風)なのが新鮮だった。『グリーン・マイル』からのギップが…

チャーリーズ3人とも強いしカッコ良かった!

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.0

アメリカ南部の根深い黒人差別をテーマにした実話に基づくお話。重たいテーマではあるけど登場人物も明るくて好感が持てたし、ユーモアを交えて描かれている点も軽快でとても観やすかった。

黒人メイド役のヴィオ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

娘の事件以外にもいくつかの社会的問題(風評被害、人種やLGBT差別、女性軽視など)を取り上げ風刺した作品になるのかな。シリアスで重たい内容なのだけど、なぜだろう、引き込まれるように集中して観てた。最後>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.9

2回目
初回はフランク・ダラボン監督・脚本、スティーヴン・キング原作のコンビ作品なことなんて気にもしてなかった…

トム・ハンクス演じるポールをはじめとする看守たちの人間味あふれる対応に心温まるシーン
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.9

あらすじは読まず、スピルバーグ監督、コーエン兄弟脚本、トムハンクス主演で一大スペクタクルなスパイ映画!を期待して鑑賞。前半が弁護、後半がスパイ救出の2部構成。実在した敏腕弁護士を演じたトム・ハンクスは>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

3.9

2回目
過去に観ているのにほぼ内容を忘れている作品シリーズ。型破りな教師と生徒たちの交流を描いた青春ドラマ。名優ロビン・ウィリアムズと初々しいイーサン・ホークが観られる作品。

受け入れ難い出来事が重
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

親として子どもにとって何が一番大切なのか?を改めて考えさせられた映画。深い絆を感じるシーンに感動した。担任教師の行動にはちょっと… だけど。

7歳の姪メアリーを演じたマッケンナ・グレイスの演技が素晴
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.8

ウォルター(ベン・スティラー)が初心者には過酷すぎる旅の中で勇ましく変わっていく姿がとても頼もしかった。もともとすごく魅力的な人物だと思うけど。温かい家族と、ちゃんと彼を見てくれている人もいるしね!>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

結末を知ってはいるけど今作ではどんな脚色がされているのかな〜と楽しみにして鑑賞。

豪華なキャスト陣と迫力のある映像で充分に魅せられた。1974年版も観たくなったし、公開が再延長された続編『ナイルに死
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.8

シネ友くんお薦め映画。あらすじはあえて読まずに鑑賞。この映画はあらすじとか気にしなくていいかな、何観せられてたの?な感じなので笑

残り30分までは大きな山場もなくどうなるのこれ〜と思っていたのだけど
>>続きを読む

ラブ・ザ・ドッグ 犬依存症の女(2007年製作の映画)

3.0

愛犬の死をきっかけにそれまでの穏やかな生活が一変した女性の物語。前向きに動こうとするもなかなか上手くいかず。

ペギー(モリー・シャノン)がエスカレートしていくのは怖いなと思いつつも、誰しも何がきっか
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.6

スーザン、むっちゃ優秀なスパイ!ジェイソン・ステイサムがおバカでまったく使えない笑 ジュード・ロウ、水も滴るいい男、確かに。相変わらずカッコ良かった〜

エンドロールの最後、メリッサ・マッカーシーがか
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.5

クリスチャン・ベール主演でサム・ロックウェルも!で楽しみにしていた映画。なるべく事実に基づいて作ったとのことだけど、若干茶化したパロディっぽい部分もあり。エンドロールまで凝ってた。

名ばかりの大統領
>>続きを読む

恋におちたシェイクスピア(1998年製作の映画)

3.0

戯曲『ロミオ&ジュリエット』の誕生秘話とも言える、史実を織り混ぜた恋物語。

美術も細部までこだわっていて衣装も素晴らしかったけど、初回だけでは理解できない部分がいくつかあって残念。それでもレオ主演の
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

続けてリチャード・カーティス脚本作品、シネ友さんお薦めの映画。ビートルズの偉大な過去がすべて消えてしまった世界で、唯一彼らの楽曲を知る存在が自分だけだったら?という発想、設定がおもしろい。物語も最後ま>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.5

正直あまり期待していなかったのだけど…思いがけずおもしろかった!脚本なのかなぁ。

大女優がふらりと… の時の友人たちの反応、絶対にそうなる笑 同居人がいちいちおもしろかったし、出てくる人がみんないい
>>続きを読む

おもちゃの国(2007年製作の映画)

3.7

Youtubeの「MAGNETFILM」チャンネルから『Toyland』を検索、設定で日本語を選択して鑑賞。自動生成なので難ありだけど十分理解できた。

13分のショートムービーだけど、見応えありの作
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

続けてアンソニー・マクカーテン脚本作品。第二次世界大戦初期にナチスが圧倒的な勢力を拡大する中、首相に就任したチャーチルが、ナチスと最後まで戦うことを宣言する有名な演説をするまでの27日間を描いた>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.8

邦題とジャケットだけでラブ要素が強い作品なんだろうなと後回しにしていたのだけど、全然違った。夫婦役のエディ・レッドメインとフェリシティ・ジョーンズの演技が素晴らしく、特にホーキング博士になりきっていた>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.5

重たいテーマをコミカルに描いた作品があまり好みではないので内容(全編英語な点も)は… だけども、主人公ジョジョの空想の友だちがヒトラーという設定はおもしろいなと思う。音楽がよくて特にエンディングのデヴ>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.7

歴史学者(レイチェル・ワイズ)がホロコースト否定論者に名誉棄損で訴えられるという実際に起こった裁判を描いた作品。ホロコーストがあったなかったかの論争はもちろん、米英の裁判制度の違いや法廷戦術、チーム内>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.8

ドイツ敗戦後、ナチスドイツの占領から解放されたデンマークが舞台。地雷がいつ爆発するのかとハラハラするし、爆発して負傷した兵士の姿も見てられなかった。木端微塵にする地雷の威力には恐怖しかない。

ナチス
>>続きを読む

サラの鍵(2010年製作の映画)

3.9

ドイツ占領下のフランスで実際にあったユダヤ人迫害事件を基に、現在と過去を交互に描き展開していくお話。

少女サラを匿うフランス人たちの存在に救われる。サラの少女時代を演じた子役ちゃんが素晴らしかった。
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.9

撃ち合いの戦争モノより、はるかに耐えがたく直視できない描写が多かったけど、見応えのある素晴らしい作品だった。ドイツ将校の前でピアノ演奏するシーンには胸が熱くなった…

ナチス/ホロコースト関連4
ナチ
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.8

有名作品だけど予備知識なく鑑賞。尊厳死について考えさせられる映画。

名優陣の演技に魅了されたけど、あまりにも重い内容なのでまた観たいと思えないのが残念。