もにあさんの映画レビュー・感想・評価

もにあ

もにあ

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

3.0

あまりピンとこなかった私は、映画好きではないのだろう。

レイチェルの結婚(2008年製作の映画)

3.0

タイトルのレイチェルはアン・ハサウェイ演じるキムの姉。
ドキュメンタリーのようなホームビデオのようなカメラワークで、手振れぶれぶれで酔う。
ホームビデオっぽくするなら全部そうすればいいのに、そうではな
>>続きを読む

102(2000年製作の映画)

3.0

前作からキャスト交代かと思って焦った。

101(1996年製作の映画)

3.1

実写版は犬は喋らないのね。
ホームアローンみたいだと思ったら、脚本が同じジョン・ヒューズ。

クルエラが山田邦子。アニタは浅野ゆう子。ロジャーはダラダラグニャグニャした喋りで苦手と思ったら、佐野史郎。

101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険(2002年製作の映画)

3.2

仔犬1匹が街に出てドタバタ…って、他のディズニーで似たようなの観たなぁ。
犬があまり犬らしくなく、中身が人間ぽいが、サンダーボルトとパッチのコンビが良い。

クルエラが研ナオコ。リトルライトニング中山
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

2.7

何年も前から、ちょっと観て挫折して、また最初からちょっと観てを繰り返し、やっと最後まで観た。
つまらないというより、わからない世界観という感じかな。

ブロークン・シティ(2013年製作の映画)

3.0

キャストは豪華だけど、盛り上がりに欠け、物足りなさを感じた。

小さき勇者たち 〜ガメラ〜(2006年製作の映画)

2.9

ビニール製のおもちゃみたいなガメラ(トト)に、思わず「なんだコレ…」と独り言。くるくる回りながら飛ぶガメラやジーダスと対峙する姿が面白くて笑っちゃった(笑うとこじゃない)。
亡くなったお母さんや病気の
>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

3.5

街中が敵のような状況で、同僚の汚職を目撃した為に狙われ逃げる主人公に、ハラハラ。
アメリカ怖い。

ザ・ボーイ ~残虐人形遊戯~(2019年製作の映画)

2.7

前作と方向性を変えて、ホラーにしてきた人形ブラームスくん。色んな体験を経て、ブラームス君も変貌したのかな。
息子が大きくて不気味な人形を拾ってきても、注意することもなく、躊躇いもなく家に持ち帰る親が怖
>>続きを読む

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

2.8

ゾンビと戦っていたマギーが、今作は人形と戦うかと思ったが…。
ある意味予想外の展開というか、ホラーではなかった。

最後にアップになった人形が桑田の息子みたいだった。

HIGHJACK ハイジャック EPISODE2:人質はアメリカ!(2008年製作の映画)

-

犯人、コックピットにどうやって入った?9.11後だから簡単に入れないはずだけど。私が見逃したのかな。

(午後ローでは、タイトル『ハイジャック人質はアメリカ』だったけど、エピソード1の『ハイジャック7
>>続きを読む

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年製作の映画)

3.0

2の方が好きでした。

セガールの娘は演技が上手くならないねぇ。
日テレのアナウンサーが代わる代わる出てきて冷める。

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

3.0

娘が突然おばさんになってびっくりした。

途中までは良かった。
ロボットが、人間になりたいと奮闘?するのは良いのだが、自分に優しい人間に頼ってるだけな気が。思い通りにいかないのも人間なのよ。
人間=死
>>続きを読む

ライオン・キング3 ハクナ・マタタ(2004年製作の映画)

3.4

『ライオンキング』1作目で描かれなかった部分で、ティモンとプンヴァが何をしていたのか…。
3というよりスピンオフのような、おまけエピソードのような内容。
1,2よりも好きです。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.4

これって、実写版ていうのかね?
物語は昔のアニメ版とほぼ同じ。アニメ版のほうが、表情豊かでコミカルな印象。こちらの方が真面目な感じ。
最後のプライドロックのシーンからラストは、断然こっちの方が良かった
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

3.7

今回はあまり面白くないなぁと思いながら観ていたが、最後まで観ると、結局おもしろいと思えてしまい、2度観る。

ガメラ2 レギオン襲来(1996年製作の映画)

3.2

おじさんたちの中で、寒いのにミニスカートで頑張る水野美紀。かわいい。

好みのジャンルではないのだが、意外とおもしろかった。

養老孟司さん、なんで出たんだろ?

ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年製作の映画)

3.0

セガールの娘、演技がイマイチだなぁと思ったら、コレがデビュー作なのね。

特撮怪獣ものに詳しくないので、ガメラとギャオス、どっちが敵で味方か初めて知った。

日テレががっつり関わってたのがよくわかる。

シティーハンター 愛と宿命のマグナム(1989年製作の映画)

2.8

映画ならではの特別感はうすいけど、いつものシティーハンターで楽しめました。

スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険(2017年製作の映画)

3.0

生まれも育ちも関係ない。自分らしく生きることが大事。ってことかな。

サンタクローズ3/クリスマス大決戦!(2006年製作の映画)

2.9

カーティスが大きくなってた気がするけど、妖精って、成長するんだっけ?
バーナードいないの寂しい。

サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪(2002年製作の映画)

3.1

今度は、結婚しなくてはいけなくなったサンタクロース。
息子、大きくなったねぇ。
妖精のカーティスかわいい。

バーナード役、『ナンバーズ』のチャーリーエプスだった。ハンサム。

サンタクローズ(1994年製作の映画)

3.2

バツイチお父さん、本物のサンタクロースになる。

グランピーキャットの最低で最高のクリスマス(2014年製作の映画)

1.5

このネコを知らなかったが、有名なネコなのね。
ショッピングモール版ホームアローン+ネコのゆるいコメディ。
居るだけのネコに無理やりヘンテコなアテレコしてる感じ。

吹き替えはイマイチなので字幕推奨。ネ
>>続きを読む

グッドラック・チャーリー ザ・ムービー(2011年製作の映画)

2.7

ドラマのシーズン2と3の間のエピソード。
お母さん役の女優さんのリアル妊娠でこのストーリーになったんだろうね。
シットコムの笑い声がないので、ボケてもシーンとしてすべった感じに。
ドラマの方が好き。

ホーム・スイート・ホーム・アローン(2021年製作の映画)

2.9

『ホームアローン』シリーズ6作目。
誤解や勘違いによって巻き起こるドタバタ。
主人公のぽっちゃり少年が悪ガキに見え、泥棒が可哀想に見えてしまうのがちょっと残念。
登場人物はもっと少なくていいかな。
>>続きを読む

ホーム・アローン5(2012年製作の映画)

2.9

5は、引っ越した家に幽霊が出る!?と思ったら泥棒だった話。
ひとりになって泥棒と対決するまでの前フリが長い。というか、ひとりじゃない。"4人"かな。
このお母さん嫌い。

途中で気付いた。観たことある
>>続きを読む

ホーム・アローン4(2002年製作の映画)

2.8

キャストは違うが1、2の続編らしい。
全然ホームでアローンしない。
離婚が成立していないのに、新恋人と婚約する別居中の父。なんだコイツ。
泥棒のキャラが弱い。

From Our Family to Yours(原題)(2020年製作の映画)

3.8

映像がめちゃくちゃキレイ。
優しい気持ちになれるお話。
何かのCMみたい。

あなたの番です 劇場版(2021年製作の映画)

2.9

ドラマ版キャスト+門脇麦。
キャストはドラマと同じだけど、別のお話。
ドラマでは一人一人のエピソードがちゃんとあったけど、映画版では時間が足りないようで、無駄遣いキャラ多め。安っぽいCGも多め。
「続
>>続きを読む

シンデレラIII 戻された時計の針(2007年製作の映画)

3.0

あれ?2でアナスタシアは恋人出来たのに…。と思ったが、エンディングにチラッとお相手のパン屋さん出てるから、2は後日談なのかな。
とにかく継母に腹が立つストーリー。

シンデレラⅡ(2001年製作の映画)

2.9

シンデレラの結婚後の3つのエピソード。

アナスタシアのお話は良かった。
フェアリーゴッドマザーって、どんな条件で魔法をかけてくれるんだろ?

アニマル・ベイビーズ 動物園で生まれた赤ちゃん(2016年製作の映画)

3.0

動物たちの出産物語。
動物によって、人間の手助けが必要だったり、手を貸してはいけなかったり、色々なのね。
でも日本だったらやり方違うのかな?と思うシーンもあった。

いきなり始まって突然終わってびっく
>>続きを読む

>|