花さんの映画レビュー・感想・評価

花

☆5→人にお薦めしたい映画、☆4→まぁまぁ、☆3→普通。

映画(365)
ドラマ(0)

娼年(2018年製作の映画)

4.2

なんだろ、エロティックな内容なんだろうなと思っていたけど、ちょっと違ってた。

エロはエロでもよりリアルでグロテスク。松坂桃李くんはすごく頑張ってたと思います。撮り方の問題なんだろうな。

ところで、
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

4.7

昭和初期、日本が戦争を始めた頃の様子が丁寧に描かれていた。

暗い世の中にあっても明るさを失わず日々を暮らしていたんだな。

昭和の頃の暮らしぶりがきらきらとして見えた。物がないからこそ丁寧に大事に繊
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

実話って言うのがいいですね。インドで迷子になったサルーが25年後に家族を探すという話。

世界には不遇な環境で育ち学校にも行けない、成功するチャンスも与えられない子供がたくさんいる。日本人に生まれただ
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.8

雰囲気すごい好き、関西弁っていいね、落ち着くなぁ。

妻夫木君が大学生役初々しい
池脇千鶴もいい

足の不自由なジョゼと彼との物語

人は誰かを幸せにする事で幸せを感じるものなのかもしれない

料理も
>>続きを読む

愛を綴る女(2016年製作の映画)

4.2

雰囲気が素敵でした。フランス人ってこんな風にテンション低く会話するのが普通?私は人と会う時は無理矢理にでもテンション上げて楽しそうにするように心がけているんですが、こういうフラットな状態で居られるフラ>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.2

明るい感じのパッケージとオマール・シーに惹かれてレンタル

突然赤ちゃんを渡されて母親は失踪し、その日からパパになるドタバタ劇から始まり、8年後娘が母親に会いたいと言い出し…

よくある展開なのかなと
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.5

メアリ役の杉咲花ちゃんの声が可愛かったです。他にも豪華な声優さん達。

ジブリ作品だと思っていたら違うんですね。ジブリ作品をリスペクトした作品でお子様なら間違いなく楽しめると思います。でもやはりどこか
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

いやーカッコよかった!キレッキレの出来る女、日本ではあまり馴染みのない政治や世論を影で操るロビイストの話。真っ赤な口紅、ピンヒール、洗練されたスタイル、頭の良さ、相手を論破する話術…見惚れた。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.3

不穏な空気、音楽、見てる人を飽きさせない面白いミステリーサスペンスでした。伏線回収も上手い。

光をくれた人(2016年製作の映画)

5.0

とても美しくて心に響く映画でした。予備知識なしで見てもらいたいので、詳しくは書きません。切なくて泣けました。

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

4.1

サウジアラビアで王様に商談をするビジネスマンの話だけど、ゴリゴリのビジネスではなく、ゆるゆるビジネスでした。

あまり馴染みのないサウジアラビアの風景が新鮮だった。

トム・ハンクスみたいな旦那さん、
>>続きを読む

ワンダフル!ウエディング~結婚できる人できない人~ (2017年製作の映画)

3.0

メリル・ストリープかと思ったら別人でした。最後まで気が付かなかったくらい似てた笑。

4度目の結婚式の為に家族が集結。登場人物が多すぎて誰が誰やら、相関図欲しい。小さい子供がいる母親が薬物やってるシー
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.3

2の方が面白かったです。伝説誕生は後半戦闘多めでその流れで戦いの物語になるだろうから正直2はもういいかなって思ったんですが、夫が気に入って借りてこいというので見てみたら、いやぁー面白かった!

基本的
>>続きを読む

ニューヨーク、愛を探して(2016年製作の映画)

3.5

サラッと観れるいろんな母と娘のストーリー。いろんな親子関係があるなぁ。自分の母親と重ね合わせる事が出来ず、何となく見た。自分の母親が子供に興味がない人だったからあまり愛情を貰えずに育ってしまった。息子>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.3

オリーブちゃんが可愛かった。人生は楽しんだ者勝ち。最後は愉快だった。真面目に生きてるだけじゃ楽しくないね。殻を破って自分なりに好きな様に生きたらいいじゃん。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.5

面白かった!マックは世界中にあり、すぐに食べれてお客を楽しませるエンターテインメント性もあってすごいビジネスモデルだと思います。マック創業からここまで成長したカラクリが分かる。

マックの闇を見た。映
>>続きを読む

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

3.5

女性監督でスタッフも全て女性という作品で女性っぽさが出てるな~と。男の猥談よりも女の猥談の方がエグいと聞いた事がありますがそんな感じです。明け透けな感じ?
ですが、モザイクで全て消されてしまってるので
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.2

前半のお花畑な感じが好き。後半は戦闘シーンが長い。

2が面白かったのでスコア上げました。

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

4.3

良かった。ゴーギャンの絵画は知っていたけど、この映画を観るとゴーギャンについて深く知る事が出来る。妻と子供を残しフランスからタヒチへと渡ったゴーギャン、すごいパワフル、病気だったにも関わらず精力的に制>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

4.1

スティーブ・ジョブズが嫌な奴だったっていうのは聞いた事があったし、アスペルガーだったなんていう噂もある。この映画で描かれるのもジョブズのほんの一面なのだろう。言い争いみたいなシーンが多いのでそれほど面>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.3

ビル・マーレイがこんなに歳を取っていた事にまずビックリした。

ちょいワル所か不良オヤジのヴィンセントが面白くて飄々としててカッコよかった。ダメ親父なんだけど憎めない。
そんなヴィンセントから学んでい
>>続きを読む

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

4.0

サスペンス×ラブストーリーな作品。
後半ハラハラドキドキしました。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

5.0

すごく良かった!音楽好きならたまらない。

70年代のロックバンドの取材でバックステージからプライベートまで密着出来るなんて夢のようなお話。しかも取材するのは10代の少年でいい奴なんですよ。厳格な母親
>>続きを読む

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

4.5

ほんわかした従順な奥さんを演じるメリル・ストリープが可愛らしい。頑固な堅物親父を演じるトミー・リー・ジョーンズ。

この世代にありがちな亭主関白な夫との乾ききった夫婦生活から抜け出そうとカップルカウン
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

4.5

人間の心の闇が垣間見える。
父親ってこういうものだよなぁ。家族の為に働いて、家族が煩わしく思えたり。

難しい年頃の娘、血の繋がらない家族、ぐちゃぐちゃな状態から再生されていく様子が良かった。

海辺のリア(2017年製作の映画)

3.8

仲代達矢さんの演技は素晴らしいと思う。ボケてしまった元俳優とその家族の話でよくある様な話と言えばそうであり、意外性はなかったけど、老人に焦点を当てる事の意義はあると感じた。

これからの超高齢化社会は
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

4.2

テンポ良し、ノリ良しで分かりやすい青春映画でした。学生のキラキラした感じがいい。土屋太鳳、間宮祥太朗の全力な感じもいいけど、理系男子学生達のノリが好きでツボだった。

愚行録(2017年製作の映画)

4.5

透明な存在感で佇む妻夫木聡が良かった。満島ひかりは幸薄い役が似合うな。鬱映画3本続けて見たけどその中で1番良かった。一見地味なんだけど。

全員どこか歪んでいて、人間の汚い部分が描き出されていた。
>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

5.0

10年以上前の子育て真っ只中で心に余裕が無い時に観たからか、ほとんど覚えていなくて、ニコール・キッドマンが綺麗でユアン・マクレガーの歌が上手かったくらいの記憶しかなかった。改めて観てみると、全然古臭く>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

擦れてる福山雅治。自分達が嫌われ者だと自覚してるのは良かったと思う。

最後まで観て、ジャーナリスト魂を見せてもらえた。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.3

グロテスクで気味が悪い。犯罪者は一生罪を償っても償いきれない。来世まで悪行が付きまとう。だからこそ、人は足を踏み外さないように殺したいほど憎くても過ちを犯さない。

吉高由里子が冷酷で残忍な殺人犯を好
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.4

テレビのニュースで殺人事件を見る度に「怖いわ~狂ってるわ~自分とは無関係で良かった」なんて思う。こっち側の安全な場所から向こう側を見てる感じ。向こう側の人達は騒動の渦中の真っ只中でもがいていて、こっち>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.5

暑い夏に涼しげなSF映画でも、と軽い気持ちで観たら、ハラハラドキドキ、パニック映画な感じだった。

本当の宇宙空間のような映像がすごい!

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.9

素直に楽しめるダーク・ファンタジー映画でした。グロさはそんなに気にならなかった。ハリポタでもお馴染みのアレが出てきてテンション上がる。やっぱりファンタジーっていいな、夢がある!

重力ピエロ(2009年製作の映画)

4.0

善と悪の認識って曖昧なものだ。悪の組織から見た敵は正義の味方であり、悪の視点で描いた作品なら正義の味方を倒す事が善とされる。この構図は戦争でも言える。正義の為の戦争だと言って相手の国を攻撃する。

>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.9

(映画を観て個人的な感想です)宇宙人っているのかな?この宇宙の中の地球という星に住んでいる時点で、私達は地球人という宇宙人なんじゃないかな。

それにこの星は都合良く作られていないか?なぜ人間だけが高
>>続きを読む

>|