naoさんの映画レビュー・感想・評価

nao

nao

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

リラックスして楽しめる。たまにはこんな作品も観ないとね。
中国人役で出演してた蒼井優ちゃんが最高!

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

新興宗教と化したSNSの話
トムハンクスは それなりの味を出してたものの物足りなく感じました。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.3

蒼井優じゃないとこの味出せない作品ではあるけど、新鮮味は感じない・・松坂桃李は良いなと思ったんですけど、蒼井さんには、もっと違うタイプを演じてほしいです。

0円キッチン(2015年製作の映画)

3.5

ゴミ箱ダイバーって初めて聞く言葉だった。廃棄物処理の問題は、食料だけでなく全世界で真面目に取り組むべき問題であるし、廃棄物問題に真摯に向き合わなければ本当の意味での文化的な先進国とは言えないだろう。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

ヤバイ話 想像力も推理力もついていけません・・・主演の女優さん 迫真の演技で見終わった後の気持ち悪さはハンパない。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

60年代のアメリカNASAで有人宇宙飛行を携わる事自体ドリームのなだけど、当時 才能ある黒人女性が差別や偏見がある中NASAに貢献したことは、まさにドリーム!女性として家族を持ちハイヒールを履きプライ>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.9

是枝監督の仕掛けがあらゆるところにあって、特に映像のこだわりは見事でした。
福山さんは「そして父になる」のエリート父役より、弁護士役の方がしっくりくる。
海街diaryの広瀬すずが今回の役を見事に演じ
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.0

豊かな人生のおすそ分けをいただいた気がします。家は暮らしの宝石箱 と言う言葉どおりの生活、スローライフの勧めとかそんなのではなく、生きていくことの豊かな毎日が心地よかった。フィクションでは表せない味わ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

同じような毎日だけど少しづつ違ってる。
犬の顔芸と永瀬正敏が見どころ。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5

まさにアメリカの象徴とも言えるマクドナルド、注文したものがすぐに出てくる合理的なシステムとサービス、スゴイなと思ってたけど、なるほどこのように誕生したのかと興味深い!巨大企業に成長していくアメリカン・>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

3.0

つらい映画でした・・
迫害されるという事、迫害した人たちの正しい事をしているという意識がとても怖い。

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.6

心に引っかかる作品。廣木監督の福島への思いが伝わる。女子大生の質問に言葉を詰まらせる場面などドキュメンタリーでも出せそうにない微妙な感じを受け取りました。そして、また新たな高良くんが観られてよかった!

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

昨年この映画が公開された時は 「君の名は」もやっていたのでスルーしてたのですが、先日DVDにて鑑賞 予想外に良い作品で公開時期が「君の名は」と被ってなかったらもっと話題になってたのにと残念に思いました>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.0

オカルト要素は必要なのか疑問ですが、
女優さんの裸が美しくて、ハーネス着けてみる所とか一番の見どころ。

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

2.8

究極のサバイバルエンタテインメント
って なるほどそういうことだったのか!
無理でした・・犬の悪夢を見そう・・

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

2.8

従兄弟が家族を見送るシーンとエンドロールはよかったと思う。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

社会的弱者でありながらも誠実に生き 人間としてあたり前の事をする。主演のダニエルが身近な親い人に感じられた。
こだわりを持ってきめ細かく丁寧に作られた作品でした。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.2

辛い話でした・・ 疲れた時に見てはいけない・・深い話でした。映像 音楽ともに素晴らしいです ただ、見た後にスッキリ出来ないので誰にもお勧めしません。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.9

青春スポ根映画の要素がしっかり盛り込んであり、笑いあり涙ありでラストは当たり前のように感動します!
「頂点を極めた者にしか見えない風景」という言葉は深い・・

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

オープニングから引きつけられる ラ・ラ・ランドの世界 画面の切り替えも小気味よく美しい!ラストは せつなく 少し泣きそうになりました!

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

2.9

荻上監督の極端な思い込みの人物描写が面白くて、今回も期待してたのだけど、今までとは作風違う感じがしました。
小物の使い方とか細かいこだわりはよかったんだけど・・エピソードの中にニヤリとさせるものがなか
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

この手の映画は苦手なんだけど、話題になってたのと出演者の豪華さで鑑賞
面白いちゃあ面白いんだが自分には合わなかったな・・映像は凄くて圧倒された

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

2.9

杉咲花 オダギリジョー 松坂桃李 と芸達者が脇を固めたこの作品 俳優ひとりひとり とっても良いんです、特に子役の女の子とかうまいし泣かせる。ただ内容は というとどうなのかな?たしかに泣かされました 劇>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.8

地元 広島を舞台にしたこの映画 あまりにも評判になっているので観に行きました。
その舞台は 現代の私が毎日のように渡る 相生橋であったり今は平和公園のレストハウスとなっている元呉服店があった商店街 今
>>続きを読む

誰のせいでもない(2015年製作の映画)

3.9

2Dで鑑賞
冒頭の小屋の中に光が差し込んで細いホコリがゆっくり舞っているシーン、ヴェンダースカラーでなんとも芸術的で3Dで観るとどんな感じなのか気になりますが 2Dでも充分な映像力です
原題「Eve
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.3

砂糖の摂取による砂糖中毒
なるほど摂取すべきカロリーは足りているのに甘いものを食べたくなってしまうのは中毒になってるのかも・・
自ら砂糖を食べ続けて真実を体験してみるチャレンジ精神がスゴイ!

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.7

人生はもので出来てる訳じゃない・・
だけど 買ったものを振り返ってみると人生が見えてくる気がする
買い物は楽しいけれど ものが多くなると何が必要なものかわからなくなる・・
倉庫からマットレスを持って
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.5

面白かったです!
子役のお兄ちゃんがいい味出してました。主役のモックンについては 共感でもツボでもなかったかな・・
観終わった後 気持ちの高まりが無く スーパーで夕食の買い物して帰れる というのが西川
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

ヴェンダース独特の映像と色彩がキューバの風景によく似合う
登場する老ミュージシャン達の日常であったり人生が語られる中で織り込まれる演奏シーンが絶妙
観終わっ後 しばし余韻に浸りたいと思いました

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.5

姉妹と母の日常がリアルでした
幼い姉妹がお揃いのワンピースを着て傘をさしている回想シーンがとても好きです
ラストのオチは 必要ないかなと思いました

何者(2016年製作の映画)

3.8

中田ヤスタカ氏の「何者」の主題歌が好きすぎて観に行きました。
原作未読あえて未読、これから読みます。
映画の後味は 良いものではありません でもこれいい意味で ですね。
現在就活に苦しんでる大学生が観
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

前作「はじまりのうた」に続き 今回も音楽っていいなって感じさせてくれました。a-ha デュラン・デュラン そしてMTV ケミカルウォッシュのデニム viva 80年代!
音楽のイメージが映像と楽器に
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.3

ツッコミどころ満載だし 3話目ともなると せつない より女々しい感が半端なくてどうなんだ・・なんだけど 山崎まさよしさんの歌が実によくて・・この歌のための前振りであったのかと思う せつなさが溢れてくる

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

新海監督の全力投球を見ました!
交互に描かれる 田舎の風景とリアルな東京の風景の演出が上手いというか見せつけられたかんじ
映画見終わった後 出入り口に貼ってあった階段ですれ違うシーンのポスターをしばし
>>続きを読む

>|