ハラサさんの映画レビュー・感想・評価

ハラサ

ハラサ

映画(31)
ドラマ(12)
  • List view
  • Grid view

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

Air pods proの空間オーディオすごい。

登場人物に関心が向かない映画だったな。
だからこそリアルで誰も悪くないように思えた。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

テンポ感。

感情爆発させる場所が帰ってきて欲しい

ドリーマーズ(2003年製作の映画)

3.0

映画見たーって感じ。

いいセリフが多かった。

-社会を変える前に自分もその一部だと気づかなければダメだ-

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

宇宙では音がしない。

映画ではいろいろな表現のやりようがあるけれど、無音を使うことで宇宙の壮大さや美しさを感じ取ることができた。

完全に理解できないからこそ、能動的に学びたいと感じたし、これが優れ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

初見殺しがひどい笑笑

解説みてやっと理解

もう一回見ないといかん

音楽良すぎ

メメント(2000年製作の映画)

4.0

めっちゃ疲れる
面白かったけど、もう一回見てやっと楽しめるんだろうな

羅生門(1950年製作の映画)

4.0

初めて見た白黒映画

全部が綺麗じゃない分、考える余地が生まれて、文学らしさが残っていた。

音楽がよかった。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

1984年の再現

BGMをOK Computerにしたい。

これと同じテーマを70年前に描いたジョージ・オーウェルって、、、

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

やっとみれたけど、面白すぎ!

10年経ってたんだ、、

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

子供の頃なんでもワクワクしてた。
そんな気持ちを今でも持ち続けて行こうと思った。

失くした体(2019年製作の映画)

2.0

身体に記憶が宿ってるとして、確かに手はたくさんの記憶をもってそうだと思った。

劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ(2013年製作の映画)

2.0

このアニメを見たら他のタイムリープものが都合よく見えてしまう。
よくできている

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

現実的すぎない。
どこか不自然。
見終わった後の良い余韻がある。
いい映画の特徴ってそんな感じなのかもしれない。

ANIMA(2019年製作の映画)

3.0

トムヨークかっこいい。
頭の中で何回も再生される感じ。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.0

最後のライブエイドのシーンが鳥肌もの

クイーンをちゃんと聴きたくなった