ハラヘリさんの映画レビュー・感想・評価

ハラヘリ

ハラヘリ

観た映画の内容をすぐ忘れるので備忘録として。

映画(203)
ドラマ(0)

ラブレス(2017年製作の映画)

3.3

本当に「LOVELESS」だな…と思った。

母にも父にも愛されず、居場所を失ったアレクセイはどんな気持ちだったんだろう…。

最初から最後までずっと心が重い。明るいシーンが一つもない。
とても冷たい
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.4

田舎のカトリック高校に通うレディ・バードの思春期ムービー。

親に反発したり、おしゃれな友達と付き合い始めたり、暴走して周りに迷惑を掛けたり…と、思春期の女の子のなんとも言えない感じがすごく伝わってき
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

最悪のタイミングでイギリス首相になったウィストン・チャーチルが、
世界の歴史を変える大きな決断をするまでの4週間を描いた作品。

イギリスはナチスドイツに対して、どう立ち向かうのか。和平交渉か徹底抗戦
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

先天性の疾患をもつオギーは、人前に出れば必ず好奇の目で見られてしまう。
そんな彼が母の強い勧めで学校に通い始め、そこで辛い思いをしながらも人と出逢い、前に進んでいく話。

序盤からほぼずっと泣いていた
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

本当に全部PC画面の中で完結してた!すごい!!
面白かった。


現代社会の怖さみたいなものがジワジワと迫ってきた。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.3

すごく惹き込まれてしまった。
鑑賞している自分も、主人公の重盛と一緒に見事に翻弄されてしまった感じ。

「三度目の殺人」のタイトルの本当の意味とか、
結局誰が…とか、
考えたらキリがないけど、
とにか
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.4

石油王ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を描いた実話ベースの作品。

ポンと払える金額な筈なのに、全然払わない石油王。
孫の身代金は払わないのに、よくわからない絵は買う石油王。

全ては損得勘定。
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.4

色が綺麗だった。
モーテルの壁の色も、母親の髪の色も、リュックの色も、帽子の色も、空の色も、みんな綺麗だった。

近所に住んでたら絶対嫌だけど、なぜか嫌いにはなれない主人公親子。
貧困から抜け出す術の
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.2

面白かったけど、他の作品と比べてちょっと展開が唐突かなーと思った。

観た人が「ヴェノム可愛い」って言ってる気持ちはよくわかった(笑

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

最高すぎた。
え、なにこれ…最高以外の言葉が見付からない。

かなり期待して観に行ったのに、その期待を遥かに上回る良さだった。

ステージから見下ろす客席が凄かった。
あんな景色なんだなー…、、、。
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

なにこれ、めっちゃ良い話!!!!

試合シーンがすごく面白かった!ハラハラした!
その場で本当に試合を観ているような感覚になってしまって、
心の中で必死に応援しながら観た。

クラッシュ(2004年製作の映画)

3.6

全く接点のない7人の話が、オムニバス形式で進んでいき、徐々に絡み合っていく。
その裏には、人種差別が常にテーマとして存在していて、すごくやるせない。

たしかに、LAだと、自動車事故でくらいしか
他の
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

電車っていう密閉空間での犯人探し、謎の女性、迫り来るピンチ…みたいなのは普通に面白かった。

なぜかあまりハラハラしなかった。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.4

スッキリしなさがすごい。
現代人の誰しもが持っている
心の根底にある嫌な気持ち、小さな差別意識、厄介ごとに巻き込まれたくない気持ち、自分が一番大事だという気持ちを
2時間半かけて突いてくる映画。
まさ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

信念に従って、自分の想いに素直に行動する美しさを感じた。
そして、家族愛と友情。

ジェームスの心にブリグズビー・ベアの教えが根付いてることがすごく良いな…と思ったし、
それに周りが感化されていくのも
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.5

トップアスリートとして華々しい人生を送っていた主人公モリーだったが、試合中の事故で若くしてアスリート人生を終えることに。
そんな彼女が次に始めたのは、カジノの運営だった…。上手く再スタートをきれた彼女
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

3.9

面白かった。

街並みが美しい。
ロマンがある。登場人物みんな愛せる。
豚のくせに格好良いのズルい。

子供の頃に観た時と随分印象が違った。

ジブリの良さは、大人になって観たときに、
全く別の楽しみ
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.1

裕福な生活を送る嫌われ者の老婆ハリエットは、なんでも自分の思うようにしないと気が済まない。
そんな彼女は、いずれ来る死に向けて、遂に自分の訃報にまで こだわり始める、、、。

「そりゃ嫌われるわ…」っ
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.9

大学進学とともに、都会に出てきた主人公テルマ。
恋を知り、自分の想いに悩む彼女の周りで徐々に不思議な出来事が起こるようになる。
果たしてこの出来事は、彼女に子供の頃の記憶がないことと何か関係があるのか
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

4.3

めっちゃ泣いた。
恋に破れた主人公が、
実家の卓球教室を再建していく話。
いろんな事情を抱えた生徒達と一緒に
卓球を通じて成長していく。

すごく夢中になって観てしまった。
それぞれの登場人物みんな魅
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.0

大人になってから観たら、子供の頃に観た時とまた違った感想が生まれた。
今後、異常気候がもっと増えたり大災害が頻発する世の中になった時に観たらまた違う感想をもつと思う。
一生いろんな見方で楽しめる作品な
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.3

IQ185、コミュ力0、友達0…の飛び級天才少女が、
幸せになるための6つの「TO DOリスト」をこなしていく中で、
人と関わるように努力していく話。


期待度高すぎてそこまで刺さらなかったけど、
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.2

オムニバス形式なのに、
それぞれの話が繋がっていて面白かった。
何も考えずに気楽に観られて良かった。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.4

天才少女がその頭脳を活かしたカンニングで親友を救う。
最初は身近な親友だけが相手だったのに、みるみるうちに規模が大きくなり………。。。

めっちゃ面白かった。
いつバレるのか…と、ものすごくハラハラし
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

3.0

「あんなに大々的に宣伝してるのに…」感がすごかった。
歌は好きだった。

観ていて、一瞬惹きこまれる瞬間があるんだけど、またすぐ突き放される…不思議な感覚だった(笑)

でも最後まで楽しかったから、個
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

2.8

時間軸がわかりにくかった。
原作をギュッとして、薄味にした感じ。

それでも感動するところは感動したし、
映像化すると、原作とはまた違った良さが見えていいな…と思った。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

思ったより違和感少なかった。橋本環奈かわいいな…

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

音を立てたら殺される…という緊迫した世界で生き抜く家族の話。

これは映画館で観るべき作品だと思った。
終始ハラハラしっぱなしで、映画館にいる全員で、同じ90分間を共有している感じがたまらなく良かった
>>続きを読む

黙ってピアノを弾いてくれ(2018年製作の映画)

3.8

まず、邦題が良い。

破天荒すぎるし、音楽を愛しすぎてる。
常識にとらわれず、自分のスタイルを追い続け、形を変えながら貫いていく姿は格好良いし、
自分は本当に凡人なんだな…と見せつけられた感じだった。
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.2

ボストンマラソン爆弾テロ事件で両脚を失ったジェフの、事件以降の人生を描いた話。

パトリオット・デイの記憶を呼び起こしながらの鑑賞。

ジェフが「誰のせいでこんなことになったんだ」と激昂するシーンは胸
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.4

うさぎ強いwww
イメージしてた感じと違ったけど、良い意味で裏切られた。
ピーターたちが表情豊かで可愛い。

ロンドンの街並みが綺麗だった。
オモチャ好きとしてはテンション上がるシーンも多くて、個人的
>>続きを読む

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

3.5

家族愛。
家族ってのは、その人に与えられた居場所なんだなーと感じさせられた。良い話。

後味良い。
みんなで車に乗るシーンが家族っぽくて好き。

母親と姉の顔の区別がつかなくてちょっと混乱した。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

ベトナム戦争に関する政府の機密情報を入手した新聞社が、世間に真実を公表するために奮闘する映画。

序盤、内容が難しくて何度も寝てしまったが、中盤以降の惹き込みがすごい。
面白かった。

仕事への覚悟と
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.7

大きくなったり小さくなったり…を活かしたアクションが、相変わらず楽しい。
この、「アントマンならでは」感がたまらないなーと思う。
これは、映画館で観た方が良い映画だなーと思った。

キャシー可愛い。
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

猟奇殺人の容疑者の罪を、若きフリーライターが暴こうと奮闘するお話……だが、、、って感じ。

ふぁー…めっちゃ面白かったー。
とにかく惹き込まれた…。
登場人物みんな、お顔が綺麗。

ちょっと予告で煽り
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.8

良かった。すごく良かった。

イタリアの美しい街並みと音楽を背景に、
主人公エリオの繊細かつ真っ直ぐな恋心を描いた作品。

LGBTの辛い恋愛模様を描いた作品なのかな…と思って鑑賞したけれど、
単純に
>>続きを読む

>|