Surkiさんの映画レビュー・感想・評価

Surki

Surki

ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ(2022年製作の映画)

-

幼な時にちゃんとハリーポッターを経験しておけば良かった。そのちゃんとのレベルがハリポタ好きな人たちはすごい。まあ見てはいたんだけど。羨ましい。

Petite maman(原題)(2021年製作の映画)

-

ん?なにこれ?すげー!ってなった。
この監督は映画にしかできない表現をするのがうまい。

エンター・ザ・ボイド(2009年製作の映画)

-

世間でアバターやTHIS IS ITで話題になっている時にこんなものがあったとは。映像がほんとに綺麗。

Zola(原題)(2020年製作の映画)

-

たしかに映画史に残る作品かもしれない。
これからこんなテイストの映画が増えていくのだろうか。そして、私たちは適応していくしかないのだろうか。

The Worst Person in the World(英題)(2021年製作の映画)

-

心地良い。こういうの見ると一度女性に生まれたかったなと思ったりする。

カモン カモン(2021年製作の映画)

-

自分より賢い子供がほしい。そして揶揄われたい。永遠に”何でなの”って訊かれたい。そんな子供の純粋な目を取り戻したい。その逆も然り。父親に甘えたい。

カルネ(1994年製作の映画)

-

この人ちゃんと映画勉強してる。当たり前か。

ルクス・エテルナ 永遠の光(2019年製作の映画)

-

こんなバチバチなことをやってもちゃんと映画にするのがすごい。綺麗で楽しかった。

静かなる侵蝕(2021年製作の映画)

-

虫は宇宙から来た説を映像化。
SF×〇〇は色々あるけどまさかのSFロードムービー。リズアーメットがちゃんとヘビメタ好き役でした。

>|