箱蛙さんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

箱蛙

箱蛙

とにかくはまりやすい性格です。だって世の中トラップばっかなんだもん…

ソード・オブ・デスティニー(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

開始2分で
「ああーっ、これスクリーンで観たいぃぃぃ」と叫び、

ドニーさん最初のアクション登場シーンで
「ああーっ、流星胡蝶剣!」と叫び、お茶の間でのたうち悶えまくってました。

ふわほわワイヤー・
>>続きを読む

新少林寺/SHAOLIN(2011年製作の映画)

3.0

まったく誰が出てるかという予備知識なしに観たので(あ、呉京とシン・ユーだけは知ってた。この時はシー・イェンレンでしたっけ?)、のっけから及川ミッチーみたいなきれいな顔の若い人誰? 少林寺三人衆にもすっ>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

4.5

予想通りで期待通り、シリーズの持つ「これでいいんかい!? 」感溢れる展開。これでいいのだ、ミニオンだから。

1968年設定なので音楽がもうその辺りオンパレード。音楽がメインキャストのひとりという感じ
>>続きを読む

ハイランダー/最終戦士(2000年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

ドニーさんスターウォーズ情報に振り回されている今日この頃、アクションシーンしか観てなかったコレをレンタル鑑賞。

本シリーズのファンの方には申し訳ないんですが、ドニーさん以外に観るところないし、例によ
>>続きを読む

ガンズ・アンド・ギャンブラー(2011年製作の映画)

2.8

クリスチャン・スレーターとゲイリー・オールドマンが出てるってだけで録画鑑賞したんですが、なんですかコレw おかしいw

冒頭、映っているのは足元だけなのに「え?またエルビス絡み?」ってわかるのって、エ
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

例によって、パム・グリア映画を一緒に観ることにしてる女子と旦那と3人で、タラちゃんのカレーを食べながら鑑賞(別にタランティーノに引っ掛けたわけではなく、最近近所に出来た美味しいカレー屋からのテイクアウ>>続きを読む

コフィー(1973年製作の映画)

3.9

BLACK GOLD 大好き!なので、黒人女性のかっこいいアクション映画と聞いて飛びついたらば、サイコーでしたよ、パム・グリア!!ちょー可愛い!ちょーかっこいい!!

そらまぁB級この上ないのでしょう
>>続きを読む

モンスター・イン・パリ 響け!僕らの歌声(2011年製作の映画)

4.0

挿入歌のラ・セーヌを先に知っていて、ずっと観てみたいと思っていた一本。てっきり猿がモンスターになるのかと思っていたら、まさかの蚤! 主役は蚤とヴァネッサ・パラディのヒロインですよ、奥さん!というミュー>>続きを読む

レナルド&クララ(1978年製作の映画)

1.5

ボブ・ディランが昔の女・今の女・妻・愛人を取りそろえて、ガラの悪い仲間とだらだら演奏旅行。

ローリング・サンダー・レビューと銘打たれた、かなり行き当たりばったりなツアーのドキュメント+ちゃんとした
>>続きを読む

ヴェロニカ・ゲリン(2003年製作の映画)

4.5

数カ月前にたまたまTVつけたらやっていて、後半1/3だけ観て「これは一体何事?」と気にかかり、ようやくレンタルで鑑賞。

ごく最近の実話だったとは。

鬱々とした空気感と色彩、丁寧なカメラワークから訴
>>続きを読む

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

2.5

あははは、こんなにライトでコメディ・タッチとは思わなんだ。
やはりジョニー・デップはコスプレしてると生き生きしてる。いや、生き生きというか嬉々として見える。

随所になんだよ、それ!とツッコミ入れたく
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン危機一発(2013年製作の映画)

2.0

思ったより話がうすいのは残念至極。博士の心変わりが早すぎてですね、エル・マッチョ(ほんと語感いいw)が気の毒に思えるくらい。

それにしてもこのシリーズは音楽の使い方が秀逸。
一作目の冒頭ピラミッドの
>>続きを読む

残酷女刑務所(1971年製作の映画)

2.0

パム・グリア映画を一緒に見ることにしている友人と旦那と3人で飲みながら鑑賞。

終始「なに、これ酷い!」「パム・グリア可愛い!」「うわ、ひどい!」を連発。結局どういう映画なのかよくわからないんですけど
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.6

とにかく主役二人の凶暴性に当てられっぱなし。しかもどこをとっても血と泥の臭さが蔓延してる。『アジョシ』と続けて鑑賞したので、前者のスタイリッシュ加減との対比にめまいを覚えつつ、はめられたのはこっちでし>>続きを読む

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

3.0

ばもちゃ、ばもちゃー。
チラリとカンフーなとこに萌えてしまうのは仕様です。

ウォーリー(2008年製作の映画)

4.0

太陽光で充電しての起動音「ジャーン!」でものすごく揚がってしまった林檎使いのひとりです。

見たのは何年も前なのに、思い出すシーンごとにじんわりくる、心掴まれた一本。ストーリーにしても画にしても動きの
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

-

ジョージ・ミラー御大万歳。拍手、拍手です。
徹底した世界観を持ち続け、隅から隅まで熱意と愛情を持って作り上げた結果として、世界中でMAD MAX祭りが繰り広げられているのでしょうなぁ。みんな思いっきり
>>続きを読む

男たちの挽歌(1986年製作の映画)

4.1

はなぢ、はなぢ!!

この頃のチョウ・ユンファの妙な色気のかっこよさは本当にただごとではない。イケイケでいい気になってるときも、拳銃ぶっぱなしてるときも、落ちぶれて情けないときも、こっぴどく殴られてど
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

潜入ふたりの対比がなんともヒリヒリと。

トニー・レオンの貧相で傷ついている様相と、アンディ・ラウのぱりっとした切れ者感。そりゃあ表向きだけでも警察官のほうが堂々としてられるもんな。堂々としてなきゃ務
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

韓国産脚長スタイリッシュ・アクションにはさほどのれませんでしたが、マンソク兄弟の繰り広げる悪事の数々とその描かれ方にぞぞぞっと戦慄。"アリ"の説明のくだりとか、本当に身の毛もよだつもので、描かれている>>続きを読む

インビジブル・ターゲット(2007年製作の映画)

2.5

とにかく呉京。まったくもって呉京。別次元で呉京。
呉京に尽きる。


あと、アンディ・オンがまだほっぺたふっくらしていて、なんかちょっと可愛かった。役柄的にもほっこり担当だったし。

ニコツェーとショ
>>続きを読む

エレクション 死の報復(2006年製作の映画)

3.5

前作で一見人格者っぽく跡目を継いだロクが見せたラストシーンの「えええぇえ?」感を引き継いでの続編鑑賞。

あの儀式はなんだったのですか?
あの誓いはなんだったのですか?
みんな、夢で、ありました……(
>>続きを読む

竜馬暗殺(1974年製作の映画)

4.0

松田優作と原田芳雄の竜馬に興味を惹かれて観てみたら、石橋蓮司がこれまた凄く良かった! こんな怪作男汁映画とは予想外で痺れました。

主役三人をはじめ、出てくる役者が全員漲った演技で見せる魅せる。コント
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

3.0

もし二十代半ばくらいでこれ観ていたら、知恵熱出してたかもしれない。そのぐらい、映像・役者・台詞・音楽が絡み合った濃密な作品。脚本とかなくて、途中で収集つかなくなったりしたそうですが、この切れっ端感がま>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

2.0

病期の進行とおんなじで、若いと転落も一気に真っ逆さま。みるみるうちにどんどん落ちていって、さぁどうする?ってとこで映画ではあっさり更生したかのような終わり方で、少々拍子抜け。

妙に長い台詞しゃべる人
>>続きを読む