ハルさんの映画レビュー・感想・評価

ハル

ハル

映画館で映画を鑑賞することに再びはまり出した今日この頃です。

映画(15)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.2

司法制度の本来の意味に一石を投じた作品。決められたルールのなかで見せかけだけの三権分立を行ったところで本当の解決には至らないと訴えかけているような印象を抱いた。福山雅治の弁護士役は適役となっており、他>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

日本の制度に対する疑問を映画というコンテンツを使って問い掛けている作品。各役者はそれぞれ一線で活躍している方々であり、さすがといった印象を受けた。是枝監督は三度めの殺人では司法制度に対する問い掛けを行>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

2.0

舞台挨拶付きで鑑賞。役者は全体的に凄く良い演技をしており、主演の吉岡里帆さんの代表作と言えるレベルの作品となっている。また、高杉真宙さんの演技も初めてじっくり鑑賞したが難しい役どころを見事にこなしてい>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

1.1

評判を聞いた後に鑑賞したため、期待値をあげてしまったのか全然面白いと感じられなかった。ネタバレ部分もそれだけなのか、、、という感覚で、評価が高いわけがいまだに理解できておらず。低予算ということで工夫を>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.6

北川景子と田中圭なのでもう少しあっさりした感じの作品かと思いきやごりごりのサイコホラーミステリーなテイストで面食らった。また、二時間の枠組みの中で話も上手くまとまっており想定した以上に楽しめた。話の内>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

2.1

個人的に合わなかった作品。意図して表現したいものがわからなかった。松坂桃李の知名度でこの作品に出演したことは凄いのだが、話の内容部分に面白味を感じれなかったのが星をつけれない要因。また主役に対して女優>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.3

本当に心に残る映画。姉妹の全てが主演級であり、広瀬すずはこの後一気にトップまで上り詰める事がこの時点で容易に想像できてしまうほど完成度が高い。町並みの美しさとそれぞれの心情の揺れや関係性を緻密に描いた>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.9

いい意味で良くまとまっている作品だった。木村拓哉と長澤まさみを中心に全盛期のフジテレビドラマのような誰しもが楽しめるエンターテイメントなミステリーが構築されていた。また、この主人公は木村拓哉をモデルに>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.0

このシリーズは動物を飼っている人には涙が止まらなくなる作品だろう。動物から享受できる優しさ、愛情等をダイレクトに感じることの出来る作品となっている

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.8

エロスの部分が注目されているが、どちらかというと何のために生きて、人生を謳歌していくのかを語っている作品となっていた。あまりないタイプの日本映画であり、知名度のある役者が演じていることに意味を感じる作>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.6

俳優の安定感が際立つ映画。題材の複雑さを上手く表現しているので、暗いテーマを含んでいても陰鬱な気分とならずエンターテイメント作品として楽しめる造りとなっていた

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

公開前から役者を声優にしたことに対する批判が巻き起こっていたが、その点は想定より良かった。特に有村架純と波留は違和感なく演じていたように思える。ほかに関しては若干ミスマッチな感は否めなかったが、それよ>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

賛否両論あるようだが個人的には小説よりも分かり易く、キャストにフォーカスした造りになっていたように感じた。原作よりも良いと感じる部分も多く、そもそもエンディング含め、かなり違う感じの作品となっているの>>続きを読む

LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て(2018年製作の映画)

3.9

舞台のような構成の珍しいタイプの映画だが、良く作り込まれておりテンポの良さも相まって飽きずに観ることができた。酒井若菜が非常に魅惑的な感じで役柄を演じておりその部分もこの作品の見所だろう。作品の撮り方>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.8

アニメ映画を観た中で一番感動した作品となった。東京の古き良き風景が沢山出てくるので住んでいる人、訪れる機会が多い人はなおのこと楽しめる作品となっている。物語の作りも複数のジャンルを上手く組み合わせてお>>続きを読む