ハルさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ハルさんの鑑賞したドラマ
ハル

ハル

日本沈没ー希望のひとー(2021年製作のドラマ)

3.1

小栗旬も松山ケンイチも好きな俳優さんだし、他のキャストも良い俳優さんばかり揃えているんだけれど、この作品は辛い…

そもそも話の作り方に無理がありすぎてドラマというよりはバジェットを取って映画としてや
>>続きを読む

0

あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-(2021年製作のドラマ)

3.0

WOWOW契約したらお勧めに出てきたので。

正直、キツかった…
広瀬すずのファンムービー的な位置づけなのかな。自分が元々俳句やラップにそこまで造詣が深くないと言うことも関連してるかも。

もちろん彼
>>続きを読む

0

アバランチ(2021年製作のドラマ)

4.0

綾野剛が作り出すこの危険な雰囲気と臨場感が堪らない。

綾野剛×藤井監督のコンビは今年の頭『ヤクザと家族』という素晴らしい映画作品を世に送り出していたので、期待していたドラマだったが、その期待以上のモ
>>続きを読む

0

前科者 -新米保護司・阿川佳代-(2021年製作のドラマ)

4.0

有村架純は見事なまでに原作の「阿川佳代」だった。
所作や少し不器用な性格も含めて、繊細に体現しているイメージ。

映像化する事で良さが失われる作品も多いけれど、雰囲気も熱量も全く損なわれることなく前科
>>続きを読む

0

最愛(2021年製作のドラマ)

4.0

クオリティーの高いミステリー要素と血縁を超えた想いで繋がれた絆。

さらに梨央(吉高由里子)と大輝(松下洸平)と加瀬(井浦新)の三者が絡む恋愛模様など、全てがドラマチックで最高。

役者陣のネームバリ
>>続きを読む

3

イカゲーム(2021年製作のドラマ)

3.7

世界樹で大ヒットしているとのニュースを聞きつけ、期待値大で鑑賞。

ただ、それが良くなかったのか、決してつまらなくは無いけれど「大傑作!」と言えるほどには感じられなかった。

類似した漫画や映画がある
>>続きを読む

0

全裸監督 シーズン2(2021年製作のドラマ)

3.6

前作含め、自分にはあまり刺さらなかったシリーズ。

うーん、テーマが斬新だから好評なのかな。

昔のギラギラした感覚そのままに、地上波では表現出来ない部分にチャレンジしているのは良いのだけど、何故か入
>>続きを読む

0

今際の国のアリス(2020年製作のドラマ)

4.0

日本の地上波ドラマとは別の性質を有するクオリティーで驚いた。

流石、GAFAと並ぶ企業に成長しつつあるNetflix制作のオリジナルドラマ。

セットから撮影方法までワールドスタンダードにしている事
>>続きを読む

0

ドラゴン桜(2021年製作のドラマ)

3.8

なんだかんだ安定の出来で良い作品だった。

キャストの力量は間違いなく一流どこが揃っているため当然かもしれないが、理三を避けて勝負したり、共通テストの点数で勝率高い学部を選択するなど、現実的な戦術を駆
>>続きを読む

0

有村架純の撮休(2020年製作のドラマ)

3.8

一話一話が短く短編形式なので、気軽に観れる作品。有村架純ファンはもちろん、コメディ要素や少しシリアスな展開の話もあり、色々楽しめるドラマシリーズ。

0

MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜(2014年製作のドラマ)

2.8

公安ものと言う事で、鑑賞。

話の内容や物語は面白い一方で、各話に出てくる見せ場の1つである、アクションシーンがイマイチ…

西島俊秀と真木よう子、池松壮亮の身体能力は高く見ていられるが、相手役の吉田
>>続きを読む

0

中学聖日記(2018年製作のドラマ)

3.9

教師と中学生との恋愛という禁断の愛を描いたドラマ。

割とよくある設定ながらも、この作品は最終話の終わり方が特に秀逸だった様に感じる。

また、有村架純という清楚系のトップ女優と新人の岡田健史という異
>>続きを読む

0

姉ちゃんの恋人(2020年製作のドラマ)

3.8

最初から最後まで一貫して前に突き進む主人公の強さを感じられ、ポジティブな気持ちにさせてくれる作品。

有村架純×岡田惠和という鉄板コンビの織りなす人間ドラマは複雑な環境もプラスに変えて、人が成長してい
>>続きを読む

0

そして、生きる(2019年製作のドラマ)

3.9

WOWOWのドラマなので短い話数だが、物語が繊細に描かれており、人生に置ける様々な転機を想起させながら進んでいく深い作品。人が生きていく中で人と出会いそのたびに決断をしてまた進んでいくという行程を情景>>続きを読む

0

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年製作のドラマ)

4.0

今では主要キャストのほとんどが主役級の月九作品。一人の人を想う難しさに青春群像劇的な要素を交えながら、生きていく意味を問い掛け、時間と場所を変えながら物語が進んでいく。人間の負の部分を含めた、様々な要>>続きを読む

0