harukaさんの映画レビュー・感想・評価

haruka

haruka

xavier dolan,kim kiduk,sion sono

映画(682)
ドラマ(0)

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

5.0

大泉洋と小松菜奈という
ドンピシャ配役で爆笑するところは
爆笑、切ないシーンは同じく
切なく噛み締めることができた。

原作と違って最後の最後まで
二人の関係を明確にして
終わらせてるのは映画より
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

5.0

ふみちゃん役の女優さんが
可愛すぎてずっと見てられた、、、

衣装も普通の女の子みたいで
可愛い!

初恋を忘れらないのは
それが成就しないで自分の
中のキラキラした思い出として
残っているからだろう
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

5.0

親の育てられ方で
子供がどんな人間になって
どんな人生を歩むのか
本当に変わるんだなと
思い知らされる映画。

誰よりも認められたい
愛されたいその為に頂点に
登りつめるしかできなかった
トーニャの弱
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

ちょっと悪そうな男の子を
好きになって傷ついてみたり
本当に自分のことを大切に
考えてくれる人が誰なのか
わからなくなったり
あーあったわこれ私のことですか?がてんこ盛りでやっぱり
好きな映画だった。
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.1

山田孝之がいい。

話し方とかテンポとか
女なんて〜というシーンでは
え、山田孝之自身が普通に
思ってること話してんの?
と感じるような面白さ

だれか山田孝之とムロツヨシ
がいる場所に連れて行って

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

5.0

もう心が痛すぎる。
節子が痛すぎて途中苦しくなった。

刻まれた愛の刺青は
消してたけどたぶん
消えないしずっと残り続けるけど
愛しい人も姪も姉も仕事も
失った彼女はそんじゃそこらの
女とは違った強さ
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.0

アデルエネル相変わらず
本当に綺麗。
芯のある美しさとはまさに
彼女のための言葉。

最初は自分がエイズだからといって革命家気取りで運動を起こしているシーンに多少のいらだちを
感じたけどどうして病気に
>>続きを読む

the Future ザ・フューチャー(2011年製作の映画)

5.0


同棲してる2人の視点から
話が進んでいくが途中途中で
はいる2人が引き取りに
行こうとしている猫の語りが
切なくて胸が痛かった。

僕はうっかりゴロゴロ喉を鳴らした
僕は君たちの猫だよっていう音
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

5.0

映画冒頭のアクションシーンが
主人公の目線からカメラワークが
とられていて
すごくリアルで引き込まれた!

コインロッカーの女を
思い出してしまうような
壮絶かつ復讐!復讐!復讐!
ボロボロになってい
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

5.0

ー人生は作為的にして無作為
悲劇的にして喜劇的なものだー

父親の愛人と関係を持って
暴走していくトーマスの

この状況から抜け出したいのに
できないんだ
というセリフは
若さゆえのもどかしさを
感じ
>>続きを読む

うつくしいひと(2016年製作の映画)

5.0

一瞬のできごとが
永遠に相手の心に残る
かもしれない

あなたと過ごせたから
ありがとう

傷ついていても美しい

いまの自分の心情にとても
あった映画で終始涙が止まらなかった。わたしの心に永遠に残る
>>続きを読む

>|