HarukaHiranoさんの映画レビュー・感想・評価

HarukaHirano

HarukaHirano

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.6

市街地でのMS戦が良かった。
ガンダムといえど民間人からすればただの大量殺戮兵器だ。

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.6

やっと終わった。よかったです。
庵野監督もようやっと思春期と決別できたらしい。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.0

逃れてきた女たちの象徴としての女相撲、アナーキストの文士、暴力による既存の(男)社会への抵抗という親和性があるのだろうけど。フィクションで無理にこのふたつを結びつけなくても、史実で充分おもしろい時代だ>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

3.9

「血気な人間が集まってひとつの空想を何百日も議論し合っていると、幕府なんて明日にでも倒せると思ってしまう」

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

3.9

不安げな少年の顔。
弱い者に静かに寄り添うカメラ。
キアロスタミの映画への愛。

>|