はるさんの映画レビュー・感想・評価

はる

はる

映画(342)
ドラマ(0)

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

FD……。
FD…FDお前…FD……。
FDイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!

コナンというコンテンツに何の思い入れもない人間なので、「蘭姉ちゃんの新一にかける期待が重すぎる…。あいつ一介の
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

思ったよりもテンポがスローで、朝イチということもありウトウトしてしまいました…。
音楽は好きだったけれど、これもやっぱり好きな映画ではありませんでした。

しかしホアキン・フェニックス、太ったなあ…!

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.0

ギレルモ監督とは全く合わなくて、奇跡的にパシリムが合っただけだったんだな、と改めて気づかされた一本。「クリムゾン・ピーク」と同じダークファンタジーという感じでした。個人的には好きじゃない…。

しかし
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.0

誘拐犯ではなく、大富豪にして吝嗇家の老人と闘う物語。

誘拐された少年は助かるのだろうと思いつつも、とてもハラハラしながら過ごした2Hでした。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.0

1と同じくナンセンスギャグ、メタネタが飛び交っていて好きな人は好きなんだろうなあと思いつつ、そして私はその「好きな人」には入れないんだなあと改めて思いました。
1に比べるとテンポが少し悪かった感があっ
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

1.5

予告で「あ~これはダメな映画が来るな」と思いつつも、推しが主演だからという理由で観た私が悪いんですけど、それにしたって想像以下の映画が来たな…。どうしたこれ…。

この映画で何がしたかったのか知りませ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

「帝一の國」の永井監督だから、という理由で観たのですが、大正解でした。本当にこの方、音楽の使い方と外連味の塩梅が好みです。

OPの曲と映像がしっかりシンクロしていて、タイトルの出し方もばっちりで引き
>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

びっくりするくらい脚本が途中でめちゃくちゃになってました。最初は私の頭が悪すぎて理解できなかったのかと思いましたが、やっぱりそうじゃなくて脚本がおかしい…という結論に至りました。キャラクターをどう見せ>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

監督が「プライベート・ライアンを参考にした」と言っていた、という話を聞いてめちゃくちゃ期待して行ったら、爆破セレモニーまで観れました。最高。

しかしドーナル・グリーソンは神経の細かい役がハマりすぎじ
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

3.0

勝手に「フルメタル・ジャケット」みたいな映画だと思っていたら全然違った。
絶対にサーフィンしたいおじさんが強烈すぎて。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

ヤクザたちの顔がよすぎる!なぜ新井浩文を使ってくれないんだ!

極道としてしか生きられない男たちと、一度渡り始めた綱から足を踏み外さないように歩き続けるしかない男を軸に、血で血を洗うヤクザの抗争が描か
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

コーエン兄弟の脚本が難しすぎて、私には一つ一つのシーンが持つ意味と相関が読み解けませんでした。誰か解説してほしい。

あと、首から下だけ映して、後から顔を出すみたいな演出がやたら多かったですが、あまり
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

イタリアの夏の、生命力溢れる日差しの中で始まった恋が、冬の中で静かに終わりを迎える。

全体的に80年代の映画のような少し粗目のトーンで撮ってあるのが印象的でした。

あと、オリヴァーめちゃくちゃ魔性
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

残念ながら、私にはこの映画の魅力が分かりませんでした。「ルッソ兄弟だからキャンプテン・アメリカシリーズのようなテンポが速い、アクションがかっこいい映画が出てくるだろう」という思い込みのせいもあると思わ>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

昔よく金曜ロードショーとかでやっていたような冒険活劇を現代的にブラッシュアップし、オタクが喜ぶ小ネタを散りばめたオタクのための映画。いやもう、楽しかったです。

ただ、既存コンテンツを知っている人たち
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.0

日本のCG技術も進んだな…という気持ちで見てました。ビル群を縦に走っていくのではなく、横に走っていくシーン、すごく好きだな。
あとは俳優陣がよくて、木梨さんの演技もよかったし、サイコっぽい佐藤健もよか
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

映画でも漫画でも、一度完結したものの続編を出されるのが嫌(その作品の完結後の余韻も含めて作品なのに、続編はその余韻をぶち壊す恐れがあるから)なのですが、その不安が的中したなという感じでした。これが好き>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.0

起伏のない物語ということもあり、途中で何度か寝そうになりました。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

楽しい2時間を過ごさせてもらえました。「ジャングルを探検しつつ、ゲームクリアを目指す」という設定を聞いたときに観客が想像するものを全て見せてくれて、最後にちょっとした感動もあり、俳優陣も魅力的で、すご>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

twitterで「人が走ったりするだけの映画なのにこんなにも胸が熱い」みたいな感想を見かけて、気になって観ました。
この感想のとおりで、この映画の中で起こる出来事は、走る、歩く、会話するくらいで、本当
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.0

ヤクを決めたSWとか言われてましたけど、確かにそんな感じかもな…と思いました。
宇宙という未知の空間に抱くロマンは、冒頭ですごく伝わってきました。

とは言え、私はあまりこういう映画は好きじゃないんだ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.5

ヒロインの真の思惑がどこにあるのか、観客も登場人物と共に翻弄される145分。音楽の使い方も上手くて、ラストシーンに流れるあの曲の美しさ。エンドロールが流れ始めた後、登場人物たちのその後につい思いを馳せ>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

アリシア・ヴィキャンデルが可愛いという他に感想が何もない…。

アリシアたんが崩れ落ちる何かから別の何かに飛び移る場面を何回も見せられて飽きた。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

1.0

「蛇足」という言葉を説明するなら、この映画を見せればよいのでは?と思う程度には蛇足でした。
えっ これいります?

クリストフとスヴェンの関係性が好きだったので、たとえ冗談でも、スヴェンの言いたいこと
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

フラゲ日はそわそわし、退社するや否や足早にレコードショップに向かい、ビニールの開封をもどかしく感じ、新譜のできに一喜一憂し、お気に入りの曲と共に毎日を過ごす程度には音楽が好きな身なので、主人公の音楽が>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

とにかく私には合いませんでした。失点はないけど、私の中での加点はありませんでした。音楽はよかった。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

あっこれ私が好きなやつ…となるシーンがいくつかあって、MCUの中では割と上位に入る好き加減。ティ・チャラの、ティ・チャカの、オコエの、キルモンガーの苦悩に感情が揺り動かされ、カメラワークに唸りました。>>続きを読む

レオン(2018年製作の映画)

2.5

星の数ほどある入れ替わりものの一つの域を脱さずに終わってしまった残念な映画。

入れ替わりものだと、本来歩むはずのない人生を歩むことにより、多くの気づきを得て喜んだり悲しんだり、あるいは逆境が入れ替わ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

正直、私は好きな映画ではなかったけれど、とにかく歌と踊りのシーンが続いて、どこも素敵ではありました。画としての美しさはあれど、登場人物やストーリー展開にぐっと来るところは特になく、平坦な気持ちのまま終>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.5

出汁の効いた美味しい和食が出てきそうな佇まいだったので暖簾をくぐってみたら、最初は美味しい煮物が出されて、おひたしが出されて、ふむふむと思ってたら途中から冷凍ものっぽいチーズインハンバーグが出されてき>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.0

借金のカタとして売り飛ばされた幻術使いの東出昌大に5億点!!!!

邦題サギと噂されていた本作、確かに現代のままの方が内容とは合っていましたが、まあそれでは人は来ないだろうし、日本人に訴えるには"空海
>>続きを読む

サニー/32(2018年製作の映画)

3.5

登場人物全員がおぞましいな…と思った映画でした。
普通に主人公が拉致監禁される映画だと思っていたら、展開が二転三転するので、「!?」の連続でした。どういう映画なのか把握するのが困難と言うか…。
承認欲
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

4.0

あまり素行のよろしくない高校生たちを主人公にした群像劇。行定監督なので安心して観れます。

正直、「若者の持つ独特の危うさ」について誇張しすぎの嫌いはありましたが、画の美しさや役者陣の演技が素晴らしか
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

3.5

上手く言えませんが、「でも戻ってきた」というギルバートのセリフが全てな映画だなあと思ったりしました。

レオ様の演技が凄すぎて「えっ、演技上手すぎでは…?」となりました。19歳。はあ~。

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

家族だからこそ抱く愛憎を上手く切り取っていて、大変好きなタイプの映画でした。デブスの私としては姉の方に共感性羞恥を覚え、胃がぎゅうっとなる作品でもあり。これが家で観ているドラマか何かだったら、耐え切れ>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

2.5

007とか、ドラマ放映当初の「MOZU」みたいな感じを予想して行ったら、HiGH&LOWとキャプテン・アメリカを足して2で割ったみたいな映画が出てきたので「!?」となりました。ホームレスの集まる街とか>>続きを読む

>|