添島さんの映画レビュー・感想・評価

添島

添島

アミハマ、ヒュグラ、LBH沼。音楽映画がすきです。多国籍集団のなかのアジアンは正義。

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.8

世代を越えたほっこり興隆なのかなと思いきや結構苦い。でも後味は悪くなくて、コーヒーだなって思った。この映画。

うわって思いながらもあこがれてしまう、自分とは違う生活。
子供だから。大人だから。
自分
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.9

実話でこんなドラマチックなことがあるの……??
モチーフがこれでもかってくらいフィクションなのに実話。でも道端の首吊り死体で引き戻されたのだ。

もしゃもしゃのベンアフ。このビジュアルすきです。

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

3.7

途中までみんな話を聞かないわ前に進まないわでいまひとつだったのだけれど、ゾンビの証言(って表現が出るのも斬新)から加速度的にぐっときて、おねーーちゃーーーんんん!!!!っていう個人的にもっともキュート>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.6

そういえばこの時期やたら尾野真千子出てたなーと思った。実はあんまりはまらないひとなのでいまいち乗りきれず。

モブでその発言はどうだ意図してなかったらこの映画ヤバイぞと思ってたところをちゃんと掬い上げ
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.4

小雪の声が小雪過ぎるので特にストーリーに驚きがないのですが、あんなに好かれてた社長はんぱねぇと思いました。
小ネタがすきです。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.1

主人公はマークウォルバーグだけど、出てくるみんなに物語があって、その真摯な作り方が最後にきれいにまとめられていてよかった。個人的には特にあの若い夫婦のつよさが胸を打った。一丸となるっていうのはこういう>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.6

リーワネルがむちむちになっていたのがいちばんびっくりした!!!!
ヒューおじさんみたいな体型。すきだけど。

冒頭のざわざわはなかなかドキドキしたのだけれど、中盤以降はあんまり怖くなかったです。もうち
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.9

めっちゃハッピーな感じになってましたねうれしい…!!
DCヒーロー暗さが売りだと思ってましたが、屈折しつつ友達できたねよかったね感すごくて今回とってもにこにこできました!かわいい。みんなかわいいですね
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

ジャスティスリーグ予習。

ダイアナ黎明期らしく芯が子供っぽくてガルガドットの演技いかす……となります。というかプロポーションが素晴らしすぎて常に画面が目の保養。脚すごい、脚。すごい。

あとなんとい
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

日本文化への丁重なリスペクト感あってめそめそしてしまった。北斎から、死者との向き合いかたから。エンドロール粋~~、と思ったら吉田兄弟だったんですね、サントラとってもほしいです。

今回字幕だったので、
>>続きを読む

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

3.8

世界は互いに
閉じたままで、
いまだに出会う
ことがない。

すべてのカットが絵画的。
台詞のない静かな画面に慣れてしまって、急に始まる会話に驚いたりする。
ひとを殺さない銃声は高く一発。
あとは自然
>>続きを読む

シン・レッド・ライン(1998年製作の映画)

3.6

こればっかりは日本人が見たら他国の人とは感想が違ってしまうよ。だって日本の歴史知ってるし日本語のニュアンスもわかるもの。
命懸けてるけど、その縁となるレベルが違いすぎたよなぁ。だってガム噛んでるもん。
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.0

確かに「戦場ではたくさん殺したやつが英雄だ」って思った。人としての善悪は関係なくて、仲間のために今やれているか、しか、道がない。だから後半アパム……アパム~~……ってなりました。終わりよくてもすべてよ>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.8

編集がクールですね、突然のマーゴットロビーとオペラ座の怪人には吹き出してしまった。

華麗なる大逆転をする人間がいるってことは地味に大損するひとがいるってことで。
スティーブカレルとブラピの役どころが
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.8

ラスト思わず「………あぁ??」って声が出てしまったけれどいやでもこれは嫌いではない。どう落ち着くのか全然わからなくてまっとうに見てしまった。

光化学スモッグみたいなくすんだセピア調の街。とてもゆるや
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.9

人生の一時間半を捧げてもいいと思える映画を。

サムクラフリンの雰囲気が変わりすぎていてびっくりしましたが、バックリー、文系女子がすきにならないはずがない。
今年ダダハマりしたダンケルクの本土からのア
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.3

解釈がうまく腑に落ちてないのでもう少し考えたいが、この、素人ではない作り込まれた世界観と感情のバランスが惹き付けて止まないというか。
少し気分が悪くなるくらいの美しさ。
不幸せだ。

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.0

声をあげることもマイナーに賛成することも難しい。と思ってたのにこのすんなり浸透した感じはなんだろう。ゲイやレズビアンが炭鉱夫たちと溶け込むの、もっともっと難解かと思っていた。知識ある人格者が世論を動か>>続きを読む

マリーゴールド・ホテルで会いましょう(2011年製作の映画)

3.9

老後に希望が持てる良作。いやインドの老人のよさを素直に受け入れる風土があってこそなのか。なんにせよにこにこほっこりたのしめました。キャストがいいね。続編もみたいなと思います。

インド人と大阪人、似て
>>続きを読む

孤独のススメ(2013年製作の映画)

4.3

この……なんとも表現しがたい大枠で言う愛の話。ラブストーリーはなにも性愛だけじゃない。

予告のナレーションが優しくて見終わったあとに見たらじんわりきてしまった。
旅行代理店のおねえさま素敵なひとやな
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.9

低評価ですけどわりとすきでした、これ。なんせ画面が美しい。顔面が美しい。これでもかってくらい脂ののったover30の俳優でかためてくれて最高に幸せです画面。とくにアルフレッドには言葉もないですありがと>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.8

キラキラ楽しいファンタジーかと思いきやわりと風刺が効いていると言うか参政権から煙突掃除夫まで…あとディズニーおじいちゃん嫌いなの老害なの…?

メリーポピンズのお顔がとてもかわいらしい。わりとちょろい
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.9

すごくベタな言い方だと、元気をもらえた。ん~~~~、イタい!!でもそのイタさ、わかります、黒歴史(って表現ももはや黒歴史)、あります。冴えないけどマイワールド全開なあの時代!ネイディーンがわりとほんと>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.9

「何かを成し遂げるためには何かを犠牲にしなければならない」ってついこの間もこのフレーズ聞いたなぁ…?

どっちかっていうとアリスちゃん派~~とか思っていたけど、この映画のすずちゃんはほんとにいいな、す
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

4.0

泣かされるってわかってたけど泣かされたパターン。今年一番かってくらい泣きました。素晴らしいデトックス。

ニノも西島さんもさすがの演技だったし、なかなかどうしてストーリーにも唸りました、なるほどそう繋
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

最後のご本人登場のエピソードから、丁寧に拾い上げて作ったんだろうなぁと思わせてくれる情の深い戦争映画。ガーくんはやはり繊細な青年の役がすこぶるハマってるなぁ。

家族と恋人、連隊の仲間、法廷、そして戦
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.1

なんとも心地よいエンドロール。

ふつうに普通だからって気にもとめてないことをじっくり考えてみたらなんて不合理な、ってこと、きっといっぱいあるんだろうなぁ。
何が正しい方法だったのかっていうのは、やっ
>>続きを読む

湿地(2006年製作の映画)

3.8

かなり昔に原作を読んでいました。詳細忘れていたけれど、読後のなんとも言えない根元的な取り返しのつかない息苦しさは覚えてた。続編まだ読んでないなぁそういえば。

ストーリーが静かなので画面も静か。アイス
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.9

背後の高校生たちのざわめきがどんどん鳴りを潜めていく感じ……。ふふっ…こわかったね……

それでも確かにホラー版スタンドバイミーとレビューにかかれるだけはあるなと思いました。きらきらとした日の中の翳り
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.8

心温まるかわいいゾンビ。こういうのははじめて!

いま生きてる彼らに悲劇が待ってなくてよかった。デイヴフランコだけなんだかちょっぴりかわいそうだけども。
ホルトくんは相変わらずまつ毛のカーリー具合すご
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.9

あの日のあとのエマの「明日より今日があればね」
人生うまく生きてると美人になるのかな…、エマは明らかにどんどん垢抜けてって30代めちゃ美しかったし、デックスの途中の落ちぶれ具合も唸る。

街やファッシ
>>続きを読む

アメリカン・レポーター(2016年製作の映画)

3.7

パッケージデザインミスりすぎじゃないか?日常パートの下ネタ会話以外はコメディではないです概ね。

アフガニスタンっていういつもとは切り離されてる世界にいつも生活している人たち。井戸のくだりはちょっと目
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

3.8

エンドロールがとてもかわいい。

荒唐無稽な設定の中でとにかく神の娘のエアちゃんがクールでキュート!ホームレスのおいたんとの凸凹感とクズ過ぎる父神様から逃げるときのあのやさしいかんじ!このふたりずっと
>>続きを読む

静かなる叫び(2009年製作の映画)

4.0

静かに日常が崩壊した恐怖。二度ともとに戻れなくなったできごと。

ただ生きるためだけに並々ならぬ労力が必要になった悲しみってどれだけのものだろう。

無駄がなかったです。
言葉もなかった。

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.1

泣かされるなんてまぁわかってたんですけどね。

椎葉村の風景が美しくて染み渡る。音楽と相まってちょっと蟲師思い出しました。因果応報、あの選択をしてくれてよかった。こうであってほしいと思った通りにかわっ
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.6

ごりごりのサスペンスと謎解きのカタストロフィを期待してしまっていました。間違えた。そーゆーやつじゃない。

取り返しがつかないことが起こったあとであのときあぁしていればって思うのは、大なり小なり誰でも
>>続きを読む

>|