Longsleeperさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

Longsleeper

Longsleeper

映画(442)
ドラマ(100)

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

4.4

ドラマファン歓喜!笑
生まれついての主人公メアリー、菩薩のコーラ、そしてキレキレのバイオレットが相変わらずの丁々発止の遣り取りを見せてくれる。
階下のメンバーは国王夫妻を迎えるロイヤルハイに湧く中、大
>>続きを読む

ベルンの奇蹟(2003年製作の映画)

3.7

主人公のお父さんが悲しい思いや辛い経験に心を蝕まれた描写が痛々しい。
真のヒーローは、ラームでもなく主人公でもなく、お母さんだと思った。
家族が一つにつながるって普通のことじゃないとしんみりする。
>>続きを読む

二宮金次郎(2018年製作の映画)

3.5

日本の自然、農村の風景が終始素朴さ美しさに溢れていて良かった。
やや淡白で寒々しい色合いも、江戸時代っぽさ北関東っぽさが出てる気がする。
もう少し全体に早口になっても良いから、仕法と他の農法について詳
>>続きを読む

座頭市(2003年製作の映画)

4.0

遠い昔に鑑賞。
「かっこいい邦画」という概念を教えてくれた作品。

繕い裁つ人(2015年製作の映画)

3.3

神戸が舞台の映画はなんか遠くに行った気持ちになれる。
伝統は素晴らしいけど革新も素晴らしいし名作は名作だ!と単純に考えがちなので、主人公の葛藤はちょっと遠く感じた。
先代が映像で観られたら印象変わるの
>>続きを読む

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.9

人めっちゃ殺してるし、盗みに罪悪感ないし、倫理観は破綻してるのに、痛快さと疾走感に目を奪われて最後まで見てしまう。
徹頭徹尾犯罪者だけど、胸糞悪さが湧いてこない不思議。
ボニーもクライドも何となく自分
>>続きを読む

大学は出たけれど(1929年製作の映画)

3.8

ひたすら淡々としてるんだけど見入ってしまう。
都会に出てはみたけど、故郷に錦をって感じじゃなくて帰れない、ってほろ苦いな。。。
令和の世の、親世代を越えられない悲哀とはまた違う。

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

3.9

同じ設定で何通りも描けてこそストーリーテラーだねって最近思う。

告白(2010年製作の映画)

3.9

原作の緊張感をかなり忠実に再現している。
甘えたゆとりかもしれないけど、引きこもりの彼の気持ちが何となくわかってしまう。
橋本愛がかわいい。

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

4.0

かっこよさを突き詰めたエンタメ。
ラストまで隙なく良い。
身体能力も頭脳もメーター振り切ってる系主人公、邦画でも登場しないかな…

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

4.0

疾走感とテンポの良さが相変わらずの高品質。
マルチリンガルってやっぱりかっこいいよね。
結末も良かった。

母の眠り(1998年製作の映画)

3.9

ストリープとゼルウィガーという盤石体制。
子どもにとっての親が、ただの一人の人間になっていく過程を、母の闘病を通して描く。
こういう描写が沢山の作品にあるってことは、親を尊敬できる家庭に生まれた人は本
>>続きを読む

バベル(2006年製作の映画)

-

記録
地上波でできないことをやりまくれば映画として突き抜けるってもんじゃないと思う。
悩んだ末に自分の体を大切にできなくなった日本の少年少女、命を断つ人への敬意は申し訳程度という印象。

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

3.9

肩の力を抜いて観られるコメディ。
目をつぶって歌うのは危ない。笑

トロイ(2004年製作の映画)

4.0

映画館で観て大迫力だった。とても懐かしい。
あんだけの木馬をあっという間に作る施工管理能力凄くないか。
スチームパンクよりサイバーパンクより神話パンクが好き。

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.9

La La Landで既に貫禄が先行しているエマ・ストーンの透明感あるカットが多数。かわいい。
テンポが良くて飽きさせないのと、思ってもない方向に話が進むので続きが気になる構成。
95分という短さも含
>>続きを読む

愛がこわれるとき(1990年製作の映画)

-

愛がこわれるときってより壊れた後から話が始まってるので、原題のがいいと思う。

トップガン(1986年製作の映画)

3.6

ヒロインがスクリーン上で輝きすぎてて、初めて年上女性の色気たるものを理解した。
Danger Zoneは永遠の名曲。

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

3.7

砂漠の映像のクオリティで持ってる。
どこを切り取っても美しい。
レイフ・ファインズの役の独りよがり感が強く、小説だったら(よほどの美文でなければ)多分途中でやめてる。
ジュリエット・ビノシュの役の包容
>>続きを読む

三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟(1947年製作の映画)

4.1

スージーがだんだんと子どもらしい心を取り戻していく過程が微笑ましいしかわいい。
クリスの正体が最後まで問われつつも、安易な種明かしや露骨な魔法はなく、合衆国の司法との正面対決というところで大人も飽きさ
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

4.0

主人公とテッサの関係性がいい。
打ち解けているけど独立した愛というか。

スターリングラード(2000年製作の映画)

3.8

伝説的ラブシーンと、呆気なさすぎる決着。
ターニャとの愛の交錯が、死ばかりの街の中で鮮烈に生きることを教えている。

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

4.0

笑って元気になりたい時のための映画🎞
こんな映画にもっと会えたらいいなー

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

3.9

スマホなし、観光立国政策なし、ラップトップもまだみんな持ち歩いてない頃の日本のドキュメンタリーみたい。
日本に来た欧米勢が驚くポイントがたくさん詰め込まれてたけど、海外帰りの日本人が帰ってきて違和感を
>>続きを読む

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道(2005年製作の映画)

3.8

実在の人物と知らずに観たからか、主人公にあまり共感できず終わった。
ジューンの強さ優しさに依存する体質にひく。
でもジューンが亡くなって四ヶ月後にジョニーも亡くなったというのは、やっぱり運命の二人だっ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.8

ストーリーはわかりやすいけどちゃんと伏線が張ってあって楽しかった。さすが世界の任天堂さん。
ポリコレに全力で応えようとしてるところもよきかな。
ピカチュウがモフモフしてた。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.9

第一部から好きだったビバリーが今回も活躍。
彼女が試練を乗り越える場面は、自分の中にある女性性を受け入れられない、許せないことの暗喩が効いてて辛い。
同性から嫌われる自分も、虐待の標的になる自分も、ず
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

ホラーってこういうストーリーの作り方ができるんだと新鮮だった。
怖くてハラハラする演出だけじゃなく、怖い気持ちに付随する登場人物たちの内面を描き出して、大切なもの失いたくないもの向き合わなきゃならない
>>続きを読む