しろさんの映画レビュー・感想・評価

しろ

しろ

映画(88)
ドラマ(0)

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.0

まあまあおもしろかった。柴咲コウが綺麗。脚本を考えると十分な出来だと思う。1時間半なのでさくっと見られる。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

ストーリー的に薄気味悪いけど、びっくりさせる描写が少ないからふつうのホラーよりは全然見やすくておもしろかった。だんだん謎が解けていく感じがゾクゾクする。後半ちょいグロ。

悪人(2010年製作の映画)

3.0

私が妻夫木聡好きになったきっかけ。金髪ほんま尊い。顔面人間国宝。

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

3.0

話の展開は子供向けやけど内容は子供には怖すぎる。大人でも全然見れるしおもろいけどどの層目当て?ってなった。BGMがこわい。絵柄がとっつきにくい感はある。時間も飽きひんくらいでちょうどよい。

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

3.3

大人になってからでも泣ける映画。ドラえもんとのび太がビルの間を飛ぶところは躍動感卍ってる。

ゲド戦記(2006年製作の映画)

4.0

手嶌葵の歌が尊い。歌聴くために見とるレベル。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.7

珍しいくらいの鬱展開。バッドエンド。すばらしい。話が重いからちょっと長く感じる。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

松坂桃李喘ぎ声下手。そういう演技?ってなった。でも、かっこよかったし内容求めてなかったからよかった。松坂桃李の顔面が最高。

>|