ぐりこさんの映画レビュー・感想・評価

ぐりこ

ぐりこ

映画(1441)
ドラマ(0)

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

序盤の少年の不安そうな表情から
伝わるポール・ダノ感

やっぱりどこか重苦しく気怠そうな
雰囲気の演出が上手い👏

34歳にしてはちょっと老け気味の母。

とにかく未成熟な大人2人の
茶番を見せられる
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

友達の突然の死に居合わせた
スターとその家族や取り巻く人々の
ストーリー。

スターの気持ちは置いてきぼりで
加熱する周囲の人々。
でも、白人が敵という括り方は
どうなのかな。皆が皆同じではないのに。
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.8

序盤のオレンジ渡し最悪😂

今の映画からすると警察👮‍♀️の対応が
雑すぎてそりゃないだろうと
思うシーン多々あり💦

やり取りはおしゃれで
レジーのチャーミングさだけで
退屈せずに観れる。

色々と
>>続きを読む

草原に黄色い花を見つける(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

※カエル苦手な方はご注意を

やんちゃな子達に対して
先生の配慮のなさと
まさかの気持ちが全く伝わらなかった
ときの悲しみと言ったらなんなのでしょ。

ティエウ既に顔が出来上がり過ぎてて
どこか成人男
>>続きを読む

かいじゅうたちのいるところ(2009年製作の映画)

3.5

姉にも母親にも構ってもらえなくて
寂しさで暴走しだす
マックスくん。
砂糖の取り過ぎかもよ。

かいじゅうたちはちょっと
表情が読みづらいから嬉しいのか
悲しいのかわかりにくい。

ただ、見た目が怪獣
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

しょっぱなから抽象画のシーンで
めっちゃ笑う😂
それ自画像w

皮肉たっぷりのポン・ジュノ監督💦

半地下で生活していると
それなりに皆グレそうなのだけど
この家族の一体感が凄い。

もう少し映像が動
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.7

音楽が怖い。。。 

ジワジワ来るこの演出はとても
引き込まれるので面白かった。 

あんな横並びで家の前立たれたら
怖いです😭

誰かの犠牲の元に成り立つ世界
ということなのかな。

ジョーダン監督
>>続きを読む

第三夫人と髪飾り(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

静かで美しい映画と思いきや生々しい
演出...

ちょっと潔癖気味の私はうっ💦と
なるシーンが序盤にありました。
虫が苦手な方もどうなのかしら。

自分の役割もわからないまま
嫁いで来た第三夫人。 
>>続きを読む

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ(2004年製作の映画)

3.7

コミカルな動きとぶっ飛んだ
発想が日本のアニメだと
こうはならないな〜笑って思ってしまう。 

ちょっと疲れたときに安心して観れる映画。

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.4

ストーリーとして恐らくツッコミ所
満載であろうという感じはした。。。

でも、コアまで辿り着くために
努力するチームもの
として捉えれば良いかな。 

ハッカー役の彼が仕事上ちょっと
親近感笑
こうい
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

確かにキムタクはキムタクだけど
それだけでストーリーが
面白くないわけではない。

サクサク進みすぎてちょっと
物足りなさはあるものの
途中までは良かった。。。

だがしかし、

そのラブシーン必要な
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

4.3

このジワジワくる感じのストーリー好き💕

渦中の人間が早々に他界し
それを追いかける刑事と探偵。 

特別なホラーな殺人でもサスペンス
要素があるわけでもないのに
緊張感のある脚本。 

BGMが静か
>>続きを読む

昼下がりの甘いパイ(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とてもシンプルなストーリーで
展開も読めるけど
安心して観ていられる映画。

サラのせいにしつつ
婚約のことを言い出せないマギーに
ちょいちょいイライラしたけど。 

カナダ英語聞き取りやすくて好き💕
>>続きを読む

紳士は金髪がお好き(1953年製作の映画)

3.7

面白いのかなぁ?と思いましたが
ユーモアのセンスに溢れた作品

金髪でおバカだけど友達は大事にする女性。
そして、本人がとても状況を楽しんで
見えるからこちらも笑ってしまう。

話し方も雰囲気も魅力的
>>続きを読む

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

会話がほとんどないというかない笑

登場人物もおとっつぁんなのか
おじいちゃんなのかわからず。。。

まさかこの無愛想なおじいちゃんと
1.5時間もお付き合いすることになるのか😂
と不安がよぎる序盤。
>>続きを読む

薄氷の殺人(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

他にも書いてる方がいらっしゃいましたが
確かにストーリーの繋がりが
曖昧になる箇所があり、
観ててあれれ?今どこ?となる場面有り。

中国フィルムノワールとでも
言うのでしょうか。 

なかなか伏線回
>>続きを読む

ギルダ(1946年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

リタ・ヘイワースのための映画

仕草が取り敢えずセクシーで
妖艶で、最後に寝返るか!と
思ったら意外と一途でした。

しかし、なんでジョニーがそんなに
いいのかい!

フリーソロ(2018年製作の映画)

3.9

取り敢えず終始ヒヤヒヤする。 

フリーソロする人って楽しんで
してるのかなと勘違いしていましたが
常に不安と恐怖との戦いなのだなぁと
思いました。 

彼女や家族は皆応援はしてくれるものの
内心は心
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

モノクロでもカッコ良さは変わらない
ものだなぁと。

かなりの頻度でリックとカサブランカの
単語が聞こえるのでカサブランカ
刷り込みされているような気がしてきます。 

でもほとんど訳されていないのが
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.8

ミュージカルを観たことはあったけど
今更観た映画

こんなにコメディ調でしたっけ?
でも、このコミカルな表情が楽しい✨

ファッションも流行りのキャストも
今と違うのがとても新鮮。

きっと帰宅中に踊
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

産まれて来ることはもちろん
誰も選べないから
それが理由で裁判を起こすという行為は
決して不思議なことではないかと。 

演技が真っ直ぐで自然で
表情が大人...

非常に残念だけど子供を想って
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

シンドラーのリストを観た後に
観る映画ではなかった。。。w

しようとしていることは
わかるけどオープニングにビートルズ
使うのやめれ😭

もちろんジョジョ視点で展開される
愛に溢れる世界観は素敵でし
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.8

以前途中まで観て保留にしてしまったので
再開。

ロバート・デニーロの作品って
近年の作品しか見たことがなかった
のですが
彼が俳優として称賛されるようになった
理由がとてもわかる作品。 

もっと早
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

音楽は素晴らしいけど
どうしてもタロン・エガートンが
エルトンには見えず😭

どちらかと言うとブライス・ダラス・
ハワードの母親役が濃くて印象的。

your songくらいしか知らない私にとって
>>続きを読む

ゲンボとタシの夢見るブータン(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

高校生のときブータンという国に
興味を持ちチケット代調べたけど
渡航者が少なく高くて断念したことを
思い出す。

ブータンでも今時の子は。。。
と言われてしまうのね。
でも、変化は訪れるものだから仕方
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.6

ちょっと意外性にかけるというか
もう少しスピード感が欲しかったな。

でも、重くなり過ぎずユーモアを
交えたストーリーが良かった。

サンザシの樹の下で(2010年製作の映画)

3.8

静かでギャーギャーしてないこの
世界観好きです😊

こんなに観にこられてたら
好きな相手なら嬉しいけどそうでなかったら
完全にストーカー...

まさかこの人達手を繋ぐまで
1年かかりそうな距離感の2
>>続きを読む

山の郵便配達(1999年製作の映画)

3.7

景色がどこを見ても緑なので
ボーっと何も考えず観れる映画でした。

でも、静かな父と子の間の中で
育まれる関係性の変化を追いかけるのも
楽しい。 

なんだか息子より父の方が
カッコよく見えてしまうの
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.6

シャイニングってそういうことだったのか。 

『シャイニング』とは別物として
観た方が面白いかな。 

能力としてはアメコミのヒーローか?
とツッコミたくなる部分はあるけれど
でも、迫りくる緊迫感か危
>>続きを読む

>|