せいじさんさんの映画レビュー・感想・評価

せいじさん

せいじさん

@seijisandesuyo(twitter垢)Filmarksを始めるにあたって0から映画を見始めました!よければTwitterも見てね

映画(1814)
ドラマ(4)

忍者部隊 月光(1964年製作の映画)

2.0

忍者の技術を持った特殊部隊が活躍。正直突っ込みどころが満載過ぎて困ってしまうけれども頑張って盛り上げようとしています。忍者部隊に何故か子供がいて終始謎のままだった。平たく言うと悪の秘密結社も計画がザル>>続きを読む

仮面ライダーX(1974年製作の映画)

2.0

TVシリーズ未見。悪者が聞いてもいないのにペラペラと悪の計画を語り「聞かれたからには生かしてはおけぬ!」...自分で言ったのでは?それはそれとして仮面ライダーXはなかなか良いデザイン。劇中結構危ない場>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

2.0

いかにも大金が掛かっているのを匂わせる画面。兵士の鎧のデザイン格好良かった。色分けもやり過ぎ感はあるものの綺麗で美しい映像と戦闘シーン作りに貢献してました。敵は何やら怪獣。そこは細かな説明は最後まで特>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(1998年製作の映画)

2.0

「ゴジラ」というタイトルで損してるローランド エメリッヒ版「ゴジラ」。災害映画としては一定のクオリティを保持していると思う。同監督特有の行き過ぎたサービス精神で所々に「そんなアホなっ!!」ってシーンも>>続きを読む

仮面ライダーストロンガー(1975年製作の映画)

2.0

TVシリーズ未見。ストロンガーのデザインって肩周りは動き辛そうだけどなかなか格好良いと思います。上映時間が短いのでTVシリーズのスケールからは抜け出てはいないです。相方の女性戦士が変身後はてんとう虫を>>続きを読む

飛び出す立体映画 イナズマン(1974年製作の映画)

2.0

TVシリーズは未見。公開当時は3D映画だったらしく劇中度々主人公が「ここからのシーンは3Dメガネをかけて応援しようっ!」と煽ってきます。そして3Dパートは今観るとどういう具合でなのかはわかりませんが、>>続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 大海獣(1996年製作の映画)

2.0

原作既読。完全オリジナルストーリーでしたね。マニア視点からだと妖怪キジムナーが口から攻撃弾を発射するのはショッキングなシーンでした。大人しめの妖怪なのに...。本音を言うと野望に燃える科学者山田くんと>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

2.5

ニール ブロムカンプ監督作品は大好きなので本作も期待大でした。世界観や映像美も期待通りで大いに楽しめました。なのに、あれ?なんでこんなに鑑賞後の後味がアッサリしてるんだ?印象薄いんだ?大傑作となる下地>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

2.0

トニー スコット監督作品は垢抜けた映像で好みです。脚本がクエンティン タランティーノ!個人的にはこれまで名作と呼ばれる作品を世に送り出し、興行的に、評価的にも成功をされているタランティーノですが、どう>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

予備知識ゼロで観ました。色々な気持ちが混ざって気分が悪くなるし、目頭が熱くなるし...。観て良かったー!この手のタッチの絵柄のアニメは苦手な方なんだけど、本当に観て良かった!イジメは生涯に渡って暗い陰>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.5

退屈では無い。でも「無色透明」の様な個性もしくは作家性の無さは際立つ。ジブリの画風を絶やさない。そこに注力し過ぎて物語を繋ぐのが目的でキャラクターは物語を進行させる駒でした。キチンと始まり、キチンと中>>続きを読む

エデンの東(1954年製作の映画)

4.5

ジェームズ ディーン主演の名作中の名作ですね。愛情をひたすら探して求める男なのにここまで胸キュンな男がいるのかと思う程に胸がキュンキュンする。ラストは何度観ても胸に迫るものがある。観る時の年代が変われ>>続きを読む

ラストスタンド(2013年製作の映画)

2.5

FBIが血眼で追いかけても逃げられてしまう300キロオーバーで疾走するコルベットに乗る大悪党と彼をカバーするこれまた非道なプロのガンマン達。行く先々で悪行の限りを尽くしながらメキシコへ脱出を目指す。メ>>続きを読む

カクテル(1988年製作の映画)

2.5

流行りましたね〜。まだトム クルーズがアイドル扱いだった頃の作品。物語は本当に取ってつけた様なもので見るべきところは殆ど無いけれど、共演のブライアン ブライウンやエリザベス シューなど80年代に活躍し>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.0

実在の人物のドラマチックな人生を描いた作品。航空機パイロットからCIA御用達の航空カメラマン、更に麻薬の運び屋、銃器の違法運搬などなど飛行機乗りを軸に運ぶ物が変わる変わる。コミカルな描かれ方をするので>>続きを読む

TAXi(4)(2007年製作の映画)

2.0

このシリーズ好きなんですけどね。でもタイトルにする程「タクシー」じゃなくなった感じ。カーアクションは鳴りを潜め、人物中心のハチャメチャコメディになった。個人的な好みではハチャメチャコメディならメイド >>続きを読む

ナースのお仕事 ザ・ムービー(2002年製作の映画)

1.0

ドラマの劇場版。ドラマは未見。いきなりの劇場版だけに戸惑いが...。コメディなんだろうけど、物語の展開やディテールがかなり苦しくて緩いコント(お金をかけた)を観る感じで観ないとかなり辛い。ウド鈴木さん>>続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!(1986年製作の映画)

2.5

80年代鬼太郎にしては原作にある程度忠実な作りでした。中国から日本支配を目論んでやって来た中国妖怪軍団を迎え撃つ日本妖怪軍団の全面戦争!あらゆる妖術を駆使した戦いも燃えました!上映時間も丁度良くて楽し>>続きを読む

黄金バット(1966年製作の映画)

1.5

モノクロの作品です。名作テレビシリーズは全て観てました。その実写版。黄金バットの再現度はなかなかのもの。でも、それと格好良いかは別物。敵役のナゾーもなかなか。しかしかなり弱そう。手を抜いてる訳では無い>>続きを読む

ブラジルから来た少年(1978年製作の映画)

3.5

ナチス第三帝国を再興!第四帝国を興す為に南米はパラグアイに集った元ナチスの戦争犯罪人達。彼らは恐ろしい計画を実行に移していた...。狂気を正義と信じて疑わない恐怖。明らかになる計画の全貌...。グレゴ>>続きを読む

リプレイスメント・キラー(1998年製作の映画)

2.5

チョウ ユンファがマフィアや殺し屋と大銃撃戦を繰り広げるアクション映画。美人過ぎるミラ ソルビノが何故かブラジャー姿で戦うので、もう僕は...。それを置いといてもガンアクションは華麗で見応え十分。制作>>続きを読む

ウォーターワールド(1995年製作の映画)

2.0

海の「マッドマックス」。とても真面目に作られている作品だと思います。それが仇となり、やや小さくまとまってしまいました。コメディ要素がシリアスなシーンのど真ん中に放り込まれたり、緊張感を維持させる事には>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

2.0

前作で「アウトロー」なんて邦題を付けてしまったから、ややこしいけれどその続編。トム クルーズが出演しているだけである程度満足してしまう自分。それでも第1作目は自分に合わなかった。でも世間では大ヒットし>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

4.0

ピクサー作品は大好きなのに何故か本作だけは観て無かったし観たいって気も起こらなかった。続編も公開されているし観てみたら...。何だこれは!?メチャクチャ面白いし中年夫婦の何とも言えない雰囲気と乗り越え>>続きを読む

恐竜・怪鳥の伝説(1977年製作の映画)

1.0

かの名作「ジョーズ」をパクろうとしていたら、パニックの中心をサメから恐竜に変更。そしたら予算を「ジョーズ」の百分の一に減らされた。更に撮影期間は「ジョーズ」の三分の一に短縮されて俳優もスタッフの皆さん>>続きを読む

ロボコンの大冒険(1976年製作の映画)

2.5

ロボコンはリアルタイムではなかったので懐かしさは無かったけれど、登場するキャラクターのデザインがどれもこれも秀逸で目で見るだけで楽しい。ストーリーは唐突にロビンちゃんがバレリーナ星に拐われそうになりロ>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.0

元が「七人の侍」。次に「荒野の七人」。それらを踏まえてリメイク。ハードルが高い。シッカリ現代的な味付がなされていてそれでいて面白い。凄いですな。オリジナルからは細かな部分が、それでも肝の部分が変わって>>続きを読む

悪魔くん(1989年製作の映画)

1.5

原作は複数の物語があるけれどどれも既読。アニメとは全くの別物。「ゲゲゲの鬼太郎」みたいに育てたかったのでしょうが、劇場版は何がしたかったのか少し不明でした。敵が誰で目的は何なのか、コロコロ変わる感じが>>続きを読む

ビックリマン 無縁ゾーンの秘宝(1988年製作の映画)

1.5

ブーム直撃世代ながらアニメは観た事が無かった。登場キャラクター達は一部名前も覚えていたのもあったけれど、大半は見た覚えがある程度。シールで成立するキャラクターとアニメで動いて成立するキャラクターとは違>>続きを読む

秘密戦隊ゴレンジャー(1975年製作の映画)

2.5

幼い頃夢中になったゴレンジャー。その劇場版。TV版を再編した物語なのでそこまで大きなスケールではないものの、見栄を切って闘うところなど今観ても格好良いな。愛媛県が舞台だけに観光名所が散りばめられていて>>続きを読む

きかんしゃやえもん D51の大冒険(1974年製作の映画)

2.0

当時はSLがブームだったのかな?アニメの合間に実写でふんだんにSL他、列車の雄々しき姿を映し出しています。機関車やえもんの顔がちょび髭のオッサンってのはキツイが、彼を助ける少年と犬、ネズミの奮闘は楽し>>続きを読む

大魔神逆襲(1966年製作の映画)

2.5

今度の大魔神は子供達の大冒険が主となる。悪い支配者を大魔神がこらしめる図式はシリーズ通して同じだが、子供達の旅がメーンストーリーに入ってきており、大魔神も怒り狂うだけでなくキチンと人の言い分も聞いてく>>続きを読む

花の子ルンルン こんにちは桜の国(1980年製作の映画)

2.5

妻が「懐かしい!」との事で観ました。ルンルンが日本にやってきて桜の花を枯らしまくる悪者と対決。っても本当に戦う訳ではなくフワッと退散させる。わざわざ花を枯らす為に新幹線を使って列島大移動する悪者も凄い>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.0

火星に一人取り残された。助けが来るかどうかもわからない。来たとしても何百日後...。絶望だ...。ところがどっこい野菜を栽培し始めたり前向きに生き残る為の選択をコツコツと...。どこまでも前向き。落ち>>続きを読む

大魔神怒る(1966年製作の映画)

2.5

基本的に第一作目と同じ事をしている続編。違うのは大魔神が山の神から海の守り神に。クライマックスで大暴れする際に前作では善良な人も巻き添えを食ってたけど、本作は悪い奴だけ狙い撃ち。そういう意味では大魔神>>続きを読む

マタンゴ(1963年製作の映画)

3.0

古い特撮映画だけど、人間ドラマとその問題提起の内容は現代にも通ずる骨太な内容に驚く。子供の頃一回観たけど内容はほとんど忘れていたから初めて観る感じで楽しめた。無人島に漂着して生き残りをかけた日々に襲い>>続きを読む

>|