spetsnazさんの映画レビュー・感想・評価

spetsnaz

spetsnaz

2016年秋からの記録用

映画(159)
ドラマ(0)

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.8

実写化モノあまり観ないのだけど、これは原作読まなくても楽しめた。

誰かの眼の色が変わる瞬間はいつも美しい。

予備校講師突然泣き崩れたところは思わず笑ってしまった…w

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

3.8

門脇麦応援オタクなので麦ちゃんもっと観たかった…w

大林監督の作品初めて観たけど、良いとか悪いとかじゃなく、こうした空気感は今の世代には撮れないなー

心と体と(2017年製作の映画)

3.7

マーリアがもうピュアすぎて…

鹿のシーンはどうやって撮ったのかな

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

フラッシュに伏線があったかー。

最後が最初に繋がってるね。

気づいてなかった小ネタ多いみたいなので、また観ようかな。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

再帰的な脚本。
最初も最後も食事だが、最後は一人だった。
また、最初に会話したテラスに、別れてから戻ってきた。

情景描写の流れ。
だんだん感情が開放的になるに連れて、水辺がプリミティブになっていった
>>続きを読む

めぐり逢わせのお弁当(2013年製作の映画)

3.6

踊らないインド映画!
弁当配達の誤配送は天文学的な確率の低さと言われるが、だからこそ想像力を掻き立てられる。

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.9

めちゃめちゃ虚淵っぽいハードSFだった。ユウコのタンクトップも眼福だし、ポリゴン・ピクチュアズも相変わらずしゅごい

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

地方紙ワシントン・ポストの新しい女社長が、難局に際して強い意志で決断していき信頼を得ていくお話。メリル・ストリープさすがであるな…

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.5

たまたま同日にみた『彼の見つめる先に』と同じく、LGBTQを扱った南米映画。
後半の展開ちょっとくどいなあと感じる場面もあったが、愛する人を悼むまっすぐな気持ちはグッときた

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.9

『ダンケルク』にも出ていたバリー・コーガン、眼と声が醸し出す不気味さが最高だった。
悪役多いなと思ったら生い立ちからして影がある…
今のところ今年No.1
https://ja.wikipedia.o
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.6

シネマカリテ。
LGBTQ映画は社会問題としてのメッセージ性を強調するものが多くて苦手なんだけど、これはよかった。
少年が「人」を好きになることをまっすぐに取り上げている。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

仕事終わりに同僚と鑑賞。
イライザ家の椅子の名前知りたいけどなかなか調べても出てこないな...

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

序盤はドキュメンタリー風の暴動の光景、中盤はデトロイト市警による取り調べ(拷問)の始終、終盤はその裁判を扱った力作。
拷問シーン思ったよりえぐかったなー...
この不条理さは現在まで地続きになっている
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.8

序盤のシンゴジラ並みのテロップの多さには面食らいましたが、終盤の松島菜々子と小日向文世の演技は圧巻でした。思わず泣いた。
他のシリーズも観てみたいです。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

憎しみから愛へ。
ある日変わった看板が波紋を起こしつつ、それぞれの人生を動かしていく。
ラストシーンは憎しみの看板が裏返しに映されていたこと、道中2人の決意に余白があったことが印象的でした。

生きる(1952年製作の映画)

3.6

大晦日のBSで視聴。
お役所仕事って50年経っても変わらんのだな…。最後もシニカル。
ここ数年田舎での葬儀が続いていたので、仏前のやりとりはかなりリアルに感じられた。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.8

全編手書き風油絵アニメーションを100人以上の画家でつくりあげた力作。OPから圧倒された。

バベル(2006年製作の映画)

4.4

一挺のライフルが人生をつなぐ。人間の愚かさを、「これでもか」と見せつけられる。docomoのガラケーなど00年代感のあるものがちょいちょい出てくるのも、再視聴の楽しみの一つである。

二重生活(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

人には誰しも秘密がある。
尾行というテーマは「自分が誰かを見ているとき、誰かもまた自分を見ている」ことに気づかせてくれる。陳腐だと対象者から吐き捨てられたこと、監視カメラずっと回ってたこと、最後スクラ
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5

登場人物多くて初見だとちょっとよくわからんかった…機会あればあらためて観る。

ニーチェの馬(2011年製作の映画)

3.9

タル・ベーラ作品初鑑賞。
長回しの黙示録的ド鬱映画と聞いて楽しみにしてましたが期待以上でした。
7日目は来ないんだなあ。

半落ち(2003年製作の映画)

3.7

家族の介護に関わった経験あると、嘱託殺人含め人の尊厳について考えらせられるよね。

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.8

シナリオが『楽園追放』に似てるなとは思ったけどそういえば両方虚淵だったな…。初速見る限り興行としては『シン・ゴジラ』に及ばないだろうが、畏怖の対象の変遷やセルルック3DCGの進歩、劇場上映へのNetf>>続きを読む