ハタケさんの映画レビュー・感想・評価

ハタケ

ハタケ

映画(239)
ドラマ(1)
アニメ(0)

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とことんほっこりしてやろうと思って観たんだけど思った以上によくできてて感心した(何様)。

家族について考えさせられる感じとコメディのバランスが良い上に、日本の四季まで見られる。当然だが食べ物が美味し
>>続きを読む

グッド・ヴァイブレーションズ(2012年製作の映画)

3.8

アイルランドの歴史全然知らなくて申し訳ない。

テリーの行動力は、音楽がもたらすものだとは思うけど、世界を変えたいという思いが大元なのだろうなぁ。

パンクは生き方って本当その通りだよね。

最後のラ
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

どう考えてもこんなボロボロになったの芸能界のせいだ。そういう時代だったんだろうけど、あまりに酷い。
借金も依存も元はと言えば芸能界のせいだ。

薬やら何やらでボロボロなんだから、ショーの当たり外れがあ
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

いくらなんでも世の男の人を悪く描きすぎてるけどクソすぎて逆に面白かった。

I II Ⅲ までいって、前に進んでハッピーエンドかと思ったらまさかのⅣ。
だよね、あんな順調でキャッキャウフフなわけないよ
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

こういう精神病んでる系のやつ、定期的に観たくなる。

精神病んでるけど、映像がとてもオシャレ。色がとてもキレイ。

フランスって書いてあるけど、監督がフランスなのかな?そのオシャレ具合はフランス映画っ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.9

めちゃくちゃくだらないのを想像していたのに案外深くてビックリ。

逆にめちゃくちゃくだらないのを観るつもりでいたから、最後の方でちょっと気持ちがダレた。

ぶっとんだセンスとユーモア、でもなんだかいい
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

グロいだけの話を想像していたら、意外とストーリーしっかりしてて、メッセージ性あって、少しだけ考える余地もあってよかった。

世のため人のために活動することは全く悪いことだと思わないが、中途半端な気持ち
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

上手にスピーチできるようになってよかったけど、戦争か〜と思ってしまった。

やはり心と体は繋がっているから、環境が与える精神的なものってバカにできないよね。
癇癪持ちすぎてちょっとイラッとしたけど、そ
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

面白おかしくドイツの社会情勢が学べてとてもよかった。

お母さん、あそこまで歩けるほど快方に向かってるのなら、少しずつ真実を話しても大丈夫そうなものを…
大変だよ、辻褄合わせて、周りとも口実合わせて、
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

研二面白いけど私的には古美術優勝。
森田、あんなにロックのCDいっぱい持ってるのにやってるのフォークなんだ、って思ってたらwww
古武術聴いた時に脳内でロックの名盤ジャケットのモチーフ色々出てきて笑っ
>>続きを読む

カルテット!人生のオペラハウス(2012年製作の映画)

3.9

歳をとるのも悪くないなって思ったり、歳をとるのは切ないなって思ったり、やっぱり歳をとるのも素敵なことだなって思ったりした。

散りばめられた小ネタが面白くて飽きないし、兎にも角にも音楽が良い。

今度
>>続きを読む

ある天文学者の恋文(2016年製作の映画)

3.3

とても素敵なラブストーリーだった。こんなに人を愛せるものかね。ロマンティック。

景色も美しくて、部屋もなんかオシャレで。主演の女優さんもキレイだった。

でも「不倫じゃん」ってのと、「まだ若いのにこ
>>続きを読む

コントロール(2007年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

Wikipediaに書いてある通りだった。でも催眠術のくだりは知らなかった。

イアンの代わりに急遽別のボーカルに歌わせるくらいだったらインストの方がいいと思った。

このような大きな存在感とカリスマ
>>続きを読む

ディック・ロングはなぜ死んだのか?(2019年製作の映画)

3.6

ミステリーなんだかコメディなんだか、くだらないんだか真面目なんだか、不謹慎なんだか変態なんだか、面白いんだかつまんないんだか、はたまた深いんだか、意外とよくできてるんだかできてないんだか。

私は嫌い
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.5

刑事も人間だから、そりゃあもがき苦しむんだろうけど、それでも私には警察がクソすぎてイライラするという感情の方が勝ってしまった。いくら時代が古いと言っても。

謎は残るが、終わり方は嫌いじゃない。

ミスト(2007年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「有名だから観ておかなきゃ」「アマプラ見放題終了間近だから観ておかなきゃ」みたいな無駄な使命感はもう捨てようと思った。

胸糞なのは知ってたけど、ここまで全てが私の苦手なタイプの胸糞だとは思わなかった
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.5

演技だとしてもでんでんヤバい。
他の役者さんも演技すごい。こういう映画のオファーよく受けるよね。

何回かこれは監督の癖なのではないかなと思ってしまう場面があった。

グロ苦手だけどグロすぎて絶対偽物
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.9

さすがに長いからとりあえず−0.1にしただけ。最初から最後まで全部面白かった。

笑えるし泣けるし考えさせられるし。

出産のくだりとかはありえないけど、映画なんて少しありえないくらいがちょうどいい。
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

3.3

主人公が相手に対して返事をしなかったり相槌を打たなかったり「は?」と言ったりするのが気になってしまった。都会から来た感を演出してるのかもしれないけど。

あんな所でしばらく過ごしたいなぁ。電波届かなく
>>続きを読む

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。

このノリ私にはあんまり合わないなぁと思いながらも、色々展開があって長くもないから最後まで観られた。

狭いコミュニティにいるからこんなことになるんじゃないでしょうか。男運悪いだの何だの、
>>続きを読む

十九歳の地図(1979年製作の映画)

3.6

蟹江敬三がいい味出してたし、最後歌うまかった。
主演の男性も頑張ってた。

そして本当に地図だった。

このくらいの年齢の時の、社会に対する嫌悪感はわかるんだけど、私だったらこんなことはしない。そして
>>続きを読む

さがす(2022年製作の映画)

3.7

いろんな気持ちにさせられて最後には何とも言えない気持ちになった。脚本がよくできている。
あれ?脚本家が3人いるぞ?もしかしてほっこり担当と切なさ担当と残虐担当か?

とりあえず最後の卓球のラリーは本当
>>続きを読む

スーパーノヴァ(2020年製作の映画)

3.7

ゆっくり進むロードムービーみたいでよかったけど、とにかく切なかった。しかしわりと、明日は我が身な問題。

役者さんの演技が素晴らしかった。


【観たきっかけ】
「これを見た人はこれも見ています」的な
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

さすがダニーボイル、やっぱり映像や演出がオシャレだし、音楽かっこいい。

1がとにかく痛快だったのに対して、20年経って歳を重ねて、切なくなってしまった。切ない気持ちになりたくなかった。またあとで1を
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ただでさえ暴力的なの苦手なのに、更にこんなに辛い展開になっていくなんて…二度と見るまい(笑)

あんなに怖いもの知らずで口も態度もめちゃくちゃ悪いのに、女や子供は殺せない。そして超妹思い。うまく成り上
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

男性4人くらいのゴリゴリのメタル想像してたから、まず編成にビックリした。

耳が聴こえなくなる描写がリアルで怖かった。

2時間程度で収めなければいけない都合上だろうけど、ルーベンがコミュニティの生活
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アクションは苦手だが、音楽要素があるということなので観た。音楽のおかげで爽快ではあったかもしれないが、やっぱりアクションは苦手だった。

ドライバーなのに走って逃げるところは面白かった。やってるの役者
>>続きを読む

ヴァイブレータ(2003年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ロードムービーみたいで良かった。特に町の雪景色とはっぴいえんどの音楽!
その他の音楽もよかった。

合間に挟まる文章が微妙というかクサいというか恥ずかしい。でもこういうなんかポエムみたいなのが流行った
>>続きを読む

幻の女(1944年製作の映画)

3.2

原作あるらしいけど未読。

幻の女が本当に幻の女っぽかったのはそういう理由だったのか。可哀想だった。

エラレインズさんめちゃくちゃキレイ。

あのジャズの部屋はお客さんとか誰もいなくて仲間だけで永遠
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

画家とお嬢様の話かと思っていたら、メイドさんが子供堕ろすとかビックリ。なかなかのキーパーソン。

女子3人で夜にトランプしたり語り合ったり楽しそう。

祭りの女の人達の合唱うますぎ。

…みたいな感じ
>>続きを読む

読書する女(1988年製作の映画)

3.7

フランス映画のユーモアってわかったりわからなかったりするんだけど、これは比較的わかりやすかった。

オシャレで可愛くてよかった。音楽も良い。


【観たきっかけ】
アマプラで「女」と検索してタイトルに
>>続きを読む

狂った一頁(1926年製作の映画)

3.4

何度も寝落ちして、やっと最後までいった。私の理解力では眠くなるだけだったので、wikiであらすじを読んでから見たら大体わかった。

演技、演出、映像、音楽は素晴らしかった。特に踊り。女優さんかな?ダン
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.0

覚悟はしていたが、何を喋っているのかさっぱりわからなかった。うっかり映画館で観なくてよかった。

途中で辞めようかと思ったが、芥さんが出てきたあたりから面白くなった。その後も活動を続けていたようで何よ
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これはあらすじの書き方がよくないんじゃないか?
物凄い絶世の美少年を想像してしまっていたぞ。お腹出てるの気になったw

もっとグロい殺し方するのかと思ったら銃だったし。

恋模様はよくわからなかったけ
>>続きを読む

赤ちょうちん(1974年製作の映画)

2.9

なんじゃこりゃって感じの話だった。

秋吉久美子かわいい。
山本コウタローほとんど喋んない。

BGM(かぐや姫以外)がちょっとダサかった。

生きてることはただそれだけで哀しいことですね。


【観
>>続きを読む

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

珍しく原作既読。しかし読んだの20年くらい前なので全く内容覚えてない。
覚えてないけど、「あれ?こんな話だっけ?」と思った。

かと言って原作を読み直す気はない。

小説の台詞を割とそのまま使っている
>>続きを読む

>|