ああああさんの映画レビュー・感想・評価

ああああ

ああああ

初見、再見関係なく2017〜
2018はその男、凶暴につき〜

映画(184)
ドラマ(0)

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

5.0

美化せずに淡々とした話法と突き放した視点が最高。それがリアルなので。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

5.0

途中まで死ぬほどイライラしながら観てたが、終盤が死ぬほど楽しかったので傑作。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

5.0

死ぬほど泣いてしまった。

主演2人が最強なので、どんなショットも美しすぎるの。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

ラスト、松岡茉優と渡辺大知の顔面クロースアップの美しさ!!!!

彼らだけじゃなくて北村匠海もいい顔してんだよなー。最高。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

5.0

ノワール感やらハードボイルド感が薄いんで、ブレードランナーの続編としてみるとダメ。
ただ、ディックの原作を基にした映画とすると100点。

と思って見てたんだけど、終盤はちゃんとブレランしてたからニク
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

5.0

スターウォーズ正史はローグワンを作るためにあったと言ってもいいくらい傑作。

ラスト、埋もれた英雄たちの抱擁とサプライズにいつも涙が出てくる。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

主演の女優がメチャクチャ映画的な顔をしてるから何してもショットがキマる。あとバスのシーンのライティングがキレイ。

シャワールームを水浸しにするシーンとか、向こう見ずに愛し合っているあたり、本当に好き
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

5.0

低フレームレートでのショットが記憶を掘り起こしているよう。
ぶっ飛んだおはなしでも、最後の涙は普遍的なモノで美しいよ。

三池で日本版やってほしいな。

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

5.0

暑苦しい芝居と演出を真剣佑と東出くんの劇画的な顔面力でカバーして、ドラマパートが怠くなったら真剣佑の裸体かレースシーンで誤魔化す感じが最高。

大袈裟でベタベタだけど、僕はそういう映画が大好きなので全
>>続きを読む

子連れ狼 死に風に向う乳母車(1972年製作の映画)

5.0

この映画の、終盤の大立ち回りを見るために生まれてきたと言っても過言ではない。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

5.0

エンドロールに流れるShe's Got You Highが全てを物語ってる。

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

冒頭、万引きした後にしっかりと金を払ってコロッケを買うのを見て、この世界に絶望はしてないんだなと、愛はあるんだなと。

子連れ狼 三途の川の乳母車(1972年製作の映画)

5.0

シネスコ画面いっぱいに広がる刀身が美しすぎ!!!

弁天来のキャラ造形も素敵。

デッドプール(2016年製作の映画)

5.0

吹き替えの方が良い。
充分面白いけど真面目なつくりだったんで2ではもっとハッチャけて欲しい。

ポストクレジットシーンが最高。

COWBOY BEBOP 天国の扉(2001年製作の映画)

5.0

粋なアバンタイトルからカッコよすぎるオープニング。これだけで充分。

子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる(1972年製作の映画)

5.0

柳生一門との果たし合いのシーンに全てが詰まってる。最高。
手毬と夕陽のオーバーラップの美しさ。

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

5.0

ジョゼフゴードンレヴィットとセスローゲンを眺めてるだけで元が取れる。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

5.0

色々と嘘があるんだけど、その辺も愛せる。すき。

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

5.0

70〜80年代邦画アクション活劇の空気があるんだよなー
本当に最高。偏愛している。

(秘)極楽紅弁天(1973年製作の映画)

5.0

女体研究シーンが超牧歌的で笑った。同時に繰り広げられる呉服屋前での大立ち回りは入り乱れる人間関係が歪で面白い。

傷物語I 鉄血篇(2016年製作の映画)

5.0

映画史に残るボーイミーツガール。

背景の美しさに涙が出て来る。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

5.0

壁のテクスチャの画にタイトルロールってだけで最高。自然光の多用もきれい。

個人的ハイライトはウィレムデフォーのタバコの火と連動してモーテルの灯りがつくショットと、ヘンリーが職安で汚い言葉を撒き散らし
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

5.0

水平の取れてない手振れしたショットが登場人物のこころのようで素敵。

(1954年製作の映画)

5.0

ラストの海の美しさとザンパノの慟哭、序盤の涙を堪えながら笑うジェルソミーナが最高。
海で始まって海で終わる構成も◎。

なお初フェリーニ。

いぬやしき(2018年製作の映画)

5.0

誰かのヒーローになりたかったのに其れ等全てを失った獅子神と、ヒーローになって自己肯定まで出来るようになった犬屋敷の対比構造がメチャクチャ泣ける。
だからこそ両者の行動に納得できるし、メチャクチャ感情移
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

-

また手抜きで作りやがったなー三池。
前半の見所は三池的なキメ画と三池ドアップに映えまくる広瀬すずの顔面力しかなくて残念。

ただ、終盤になると三池が遊び出して笑った。変なズームとか舞台的な芝居とか。
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

5.0

娯楽活劇としても最高なのに、韓国の圧倒的学歴社会を暗に風刺してるのがすげー

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

サノスの力が強過ぎてヒーロー達のドラマや葛藤を殆ど描かないのが痛快だなー。
サノスが主役のケイパー映画って感じか。
勿論、画面もアクションも途轍もないしヒーロー達もメチャクチャカッコいいんだが、サノス
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

5.0

死ぬほど面白いザ・活劇。
オリジナル版移民の歌が挿入歌として映画に起用できた事実だけでアツいのに、流れるタイミングが素晴らし過ぎ。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

5.0

大味なCGアクションとかキルモンガーの衣装やら愛すべきところは多々。
地味で前時代的なアクションも熱いバイブスで乗り切ってるのが最高。

帝一の國(2017年製作の映画)

5.0

竹内涼真を捉えるショットが常に光量多め被写界深度浅めのヒロイン扱いでウケた。

宝塚版やってくんないかな。

>|