ヤシラチェさんの映画レビュー・感想・評価

ヤシラチェ

ヤシラチェ

人に勧められた映画を見るのが好きです。
https://twitter.com/ianukatim

  • List view
  • Grid view

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.4

「どうせ見たらグッと来ちゃうんでしょ〜」と思ってみたらぐうの音も出ないほどグッと来た映画。

妄想ライブシーンが本当最高。
歌のメロディーに対して、こういう楽器が重なっていってバンドアレンジが出来上が
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

凄く面白いゾンビ映画であり、
何よりは「あれ、やだ、最初はそうでもないと思ってたパパがどんどんカッコよく見えて来ちゃう(ポッ)」映画。

余談ですが
劇中何度か目頭が熱くなるシーンがあったのですが
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.8

一時の興奮に身を任せてみたものの、翌日冷静に思い返してみれび勢いだけだったし、なんか変な男だったわ。
というのがハイロー1を見た時の私。

しかしそう思っていたのに、何故か彼の事を忘れられず劇場に足を
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

普通に見れば変態映画なんだけど、噛み締めれば噛み締めるほどにやっぱ変態だなー。
て映画で、一周回って「変態版世界名作劇場」な空気すら感じます。

もうみんなネタバレ一切なしで見て欲しい。

しかしこれ
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

2.5

満を辞して視聴。

全編に満ち満ちたヤンキー的中2センス。
かつてチャンピオンやマガジンで見たことあるキャラ、セリフ、シチュエーションが凄まじい役者のフィジカルと顔面力、そして資本の投資によって三次元
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.6

「香菜、頭をよくしてあげよう」だと思ったら「俺がガンダムだ」でもなく「だって君はジーグなんだから」としか言いようがない素晴らしい映画でした。





以下久しぶりに映画館に行けて嬉しかったので真面目
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.3

娯楽大作OF娯楽大作。

少年漫画的王道ストーリーとしてよく出来過ぎてて、逆に作品としてつるんとしちゃいそうな所に容赦無く下品ギャグを入れてくる上品さ。
そういう所、痺れるぜガンちゃん。

いや、冷静
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

2.5

湯浅監督のアニメとしてのルックはいいなーと思いつつも、自分と原作の相性の悪さから乗りきれず。

「四畳半神話大系」では上手いこと誤魔化されていた原作のめんどくささが、今作の主人公二人のキャラの飲み込み
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.6

最近の自分は仕事に翻弄され、日々の中で消耗していました。

そんな自分に足りない物は何なのか、と考えたらやっぱりゴリラだと思ったので仕事を抜け出し、駆け込みで映画館に行きました。

結果私はコング先輩
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.7

マッドデイモンの知性ゴリラぶりに惚れ惚れする一本。

似たようなテーマや演出の映画に比べ、それ以上の何かが来るかというと来ない地味さはあるんだけど、

超頭良くて肉体的にも精神的にもタフな人が、その知
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.4

原作未読で視聴。

よく言われている「こんなハードコアゾンビ映画が日本で作れるなんて!」は納得。

もっと斜め上の内容想像してたらストーリーは本当に王道ゾンビで逆にびっくりしました。
その中でも日本人
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.5

原作未読で視聴。
思春期復讐系ハートフルサイコホラー映画。

原作の尺を無理矢理納める為にほぼダイジェストというかほぼPVみたいになってる印象。

ストーリーは聾唖への向き合い方みたいな話かと思ったら
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.7

最高の青春映画。

一人の青年の青春譚であり、継承の物語であり、愛の物語であり、最高に心の奥にキックを、というかこの場合はパンチを入れられる一作。
ロッキーシリーズを見てきた人達には膝から崩れ落ちる演
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.0

痛快ラブロマンス映画。

ヒーローアクション映画として微妙にチープという人がいるのもわかるけど
作品の根底にある「壮絶な不幸を笑い飛ばす力」だったり「本当の愛情」だったり、なんて素敵なラブロマンス映画
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.7

日常でも非日常で喜怒哀楽を抱きながらも人は生活を続けていく、という本当の人生を感じられる映画。

人一人がお茶の間から戦争に対して抱ける思いて本当にああいう物だと思う。

「泣く」とか「感動」というか
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.9

今まで続いてきた新海作品の総括であり、その一つの流れに終わりを告げたような作品。

中盤までのテレビアニメ総集編のような構成。
その分かりやすさが今回の人気に繋がってるんだろうけど、同時にそれが「新海
>>続きを読む

映画 ホタルノヒカリ(2012年製作の映画)

-

どうしてこの国はこうなってしまったのか?
そして今、自分はそのことに対してちゃんと向き合わなくてはいけないんじゃないのか?
という問い掛けすら感じる問題作。

それでも2016年の夏の夜にみんなでこの
>>続きを読む

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.4

よく良脚本の見本と言われているので視聴。

なるほど。
中盤の二、三のセリフがあるだけで一気にこの作品のテーマが浮き上がっている。感心。

日本の「やり直し」作品の多くが人生を点で捉えてゲーム的やり直
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.8

まさしく怖面白い映画。

子どもの頃感じた所謂田舎の爺さん婆さん家という逃げ場のない異文化との会合。
そうした誰にでもある経験からくるノスタルジーへの共感への笑い。そして恐怖。

エンディングだけでこ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.7

庵野監督の庵野監督による庵野監督とオタク達の為の映画。

幼少期エヴァに出会い、人格形成に影響されまくった為もはや全てのエヴァっぽさを良さと感じてしまう。
そうでない人にはそうでもないのだろうとも思う
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.3

人間チームは何がしたいのかよくわからなかったけどゴジラ対ムートーは楽しかった。

デブゴジラは重量感がありやっぱり海外のCGは凄いなーと只々思う。

ムートーがもっとクレイジーなデザインだったらなお良
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.2

本当に出てくる女の子達がみんなバカ可愛く愛おしい。

全体的にノリが昔の少女漫画でゲラゲラ笑って泣いてしまった。

色々考えると穴がいっぱいあるのはわかる、わかるけどやはりいい映画だと思う。

しかし
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.3

何も考えずひたすらチーム萌えし続ける映画。

アべンジャーズの部活感が上がりすぎてて高校生の集団にすら見えてくる。
しかしこんなん見たら社長に肩入れしてまう。

(しかし最後のクレジットは有名俳優女
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

1.7

これは本当に細田守監督が作ったのだろうか・・・。

劇中35回くらい「アレ?今寝落ちして見逃したかな?」と思う瞬間がある。
もしかしたら本当は800分くらいあった話を無理矢理120分に収めたのではない
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.4

いいのだがよくない、しかしいい。気がする映画。

宮崎監督のジブリ作品は、キャラ、ストーリー、映画、音楽の総合の感動て感じだけど
この映画はキャラへの思い入れと力技で感動に持ってく感じ。

色々思う所
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

4.5

前田敦子だと思って見てたらタマ子でよく見たら自分だった。

面白いとかつまらないとかを超越して大好きになってしまった映画。

人生のモラトリアムを無為に過ごした経験のある人にだけわかる感覚かもしれない
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

4.5

愛すべき青春映画。

出てくる人みんな浅はかで人間くさく愛おしい。

主人公は終始しかめっ面だけとそのしかめっ面に込められた数々の感情にグッと来る。

そしてジャスティンティンバーレイクのあの絶妙なゲ
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

2.4

「女が憧れる仕事ができる女像てこういう感じてしょ」という受け取り方も出来てしまう。のは斜に構えすぎか。

ヒロインがメリルストリープに対して「性格悪いけど仕事人としては尊敬せざるをえないその仕事ぶりに
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.3

心とかトラウマとかそういう問題を匂わせといて美しい田舎の風景と青春ぽい雰囲気で全てぶん投げていく映画。

一番心叫びたがってそうな主人公が本心を隠し、うまくメンヘラを流す術を覚え成長する物語として考え
>>続きを読む

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

4.0

「子どもの頃、夏休みになんかよくわからないけどやってたから見てしまったアニメ映画」の完成系。

派手さはないが全ての要素が過不足なくそこに揃っている。
「夏休み定食を頼んだら夏休み定食が来た」的な信頼
>>続きを読む

カラフル(2010年製作の映画)

3.2

悪くないアニメ化なのだろうけど原作が好きなので何とも。
全体的に映画て感じのルックでもなかったのも気になる。

しかし南明奈の声優芝居が完璧だったのには感動すら覚えた。
そして突如流れるロックサウンド
>>続きを読む

河童のクゥと夏休み(2007年製作の映画)

3.5

クレヨンしんちゃんの原恵一監督によるハートフルハードコア妖怪映画。

河童のクゥが思った以上に妖怪なので力加減を間違えて人を殺めてしまう展開が来るのではないかとハラハラしてしまった。
あながち間違いで
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

2.6

ステイサムが人を殺さない映画。

結論
銃社会は怖い

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.9

凄かった。どうすればこんな発想が出来るのか。
ただただ作り手の想像力に尊敬の念を抱く。

ライリーの主導権はヨロコビにあったけど、お母さんはカナシミな辺り人生だなーと思う。

司令室に戻る為に使った最
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.5

すごい技術で作られたとてもヘンテコな映画。

私は身勝手な人が好きじゃないのでコメディらしいシーンも笑っていいのか分からず。
終始「どうしよう・・・」てテンションで見てしまった。

しかし二度目、三度
>>続きを読む

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.1

たまたまテレビつけたらやってたけど、その絵面の引きに思わず見入ってしまった。

見てるだけでモリモリと鈴木亮平さん、ヤスケンを好きになっていく。
それだけ、だがそれだけでいいじゃないか。