はやまささんの映画レビュー・感想・評価

はやまさ

はやまさ

関西に住んでいるおっさんです。

映画(195)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.3

久々にコナンシリーズを鑑賞。コナンシリーズは安定感がある。少し飛ばし過ぎの所もあるが、安心して見れる。

裏切りの街(2016年製作の映画)

3.3

最低の話。でも最適のキャスティング。どの人もはまり役だ。しかし、映画の話だが現実味がある点がある意味怖い。見終えて変な感じが残る作品。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

よくわからない作品だった。複数な設定の変なキャラクター勢揃いの作品だ。見終えて、それで…っていう感じだった。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.3

映画の良いところは色んな世界を知ることが出来ること。私にとって調律師の仕事など触れる事の無い世界だった。綺麗な映像とピアノの旋律で綺麗にまとまった作品だと思った。しかし個人的には心に響いてくる作品では>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.0

実話らしいが、どうなんかな…って感じ。もっと裏の奥深い所まで掘り下げてくれたらと思った。個人的には期待して見た割にはしっくり来なかった作品。

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

4.0

日本のいい映画という感じだ。見終えてホッコリしみじみする。列車好きでなくとも、あの風景の中を走る列車は素晴らしいと思う。思わず映画の電車に乗りたくなった。國村隼の存在感は大きい。木下ほうかもいい味がで>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.3

おじさんはこんな話は好き。アニメのDVDを先に見ていたのだが上手く映像化していると思った。大泉洋も小松菜奈もイメージ通り。でもアニメの時に感じたほっこり感が映画では薄かったのはなぜだろうか? 

夜明けまで離さない(2018年製作の映画)

3.5

もっとつまらない作品かと思っていたが意外に楽しめた。古いヤクザ映画の雰囲気がする。結構、メインの男優さんが印象に残った。宮地真緒はこの路線で進んでいくのだろうか?

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.3

結構面白い。映像も美しい。ヒロインの女優さんも良かった。こういう題材は映画の楽しみの一つだ。

砂の上の恋人たち(2009年製作の映画)

2.5

レンタルビデオでついでに借りたのだが、あまり面白い作品ではなかった。お勧めはしない。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.3

彼女のこのニュースは鮮明に覚えている。なんて奴だと思っていたが裏ではこんなストーリーがあったのかと思った。貧しい人がのし上がって行くのは難しい事か? いい取り巻きに恵まれていたらもっと輝かしい人生があ>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

篠原涼子の演技が凄まじい。よく役に成りきっている。脚本に若干の不満はあるが、原作のイメージを上手く映像化している。西島秀俊も良い。子役達も良い。展開は解っていたが何回かは涙してしまった。東野圭吾は色ん>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.0

なんか重い作品。人間の面と裏、明と暗が描き出されている。しかしインパクトは感じない。たまにはこんな作品もいいかも。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.0

個人的には好きな作品。見終わった後に何かが問いかけてくる。映画の醍醐味の一つだ。真っ直ぐなヒロインと無骨な旦那の変化がいい。女優さんの演技も素晴らしい。見て良かったと思う作品だ。

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.0

木梨憲武が印象に残った。楽しんで作品を作っている感じが伝わってくる。CGもそれなりに良かった。でもインパクトはあまり感じない。さっと見て終わりという感じかな?暇つぶしにどうぞ。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

2.6

榮倉奈々がかわいい。それ以外は?の作品。色々言葉を並べるのだが、いまいちインパクトがない。ちょっと中途半端な感じが否めない。

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.3

三作目になって定着感が強くなった。これからもシリーズ化は続いていくのだろうな、と思ってしまう。テーマの中に社会的な風刺を織り込んで行くのだが、もう少し主張が強かってもいいのではないか? 安心して観るこ>>続きを読む

曇天に笑う(2018年製作の映画)

2.5

如何ものか? 面白くなかった。本当にちょっと笑ってしまうくらい。残念。

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.8

大人のラブコメ作品。見終わった後のほっこり感が良い。優柔不断と優しさが決断と大きさにアレンジされて行くのが面白い。ファミレスがいい舞台になって時代が流れるのも見もの。阿部寛と天海祐希の夫婦がいい味を出>>続きを読む

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年製作の映画)

3.3

もはや仮面ライダーは完全に大人向けの世界になっているのだと改めて感じた。今更ながらだが、仮面ライダーアマゾンズ放映分全作借りて見てみたくなった。

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.6

思った展開で話は進み、これといって大きな起伏もないが、最後まで引き込まれてしまう。やっぱり動物ものはズルい。高畑充希の声も良かった。不覚にもウルっとしてしまった場面が数回。悪い奴がでて来ないほっこりす>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

ほっこりして良い。ウサギの表情をこんなに映像化できるのは素晴らしい。楽しく罪の無い作品。見る価値あり。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

率直に面白かった。そこそこテンポもいいし、迫力もある。暗い感じの映像もいい演出だ。途中から何が本当なのか解らなくなるようなストーリーの展開も良い。ジェニファーローレンスの演技も良かった。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

日本の映画。和の心、日本の風情を上手く演出している。ストーリーは起伏が少なく淡々と進む気がするが、あえてそれがいい感じを醸し出している。映像も日本のわびさびを綺麗に映し出している。出演者もいい演技だ。>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.3

結び_ってタイトルになっているが続編は作られそうな感じだ。作品の雰囲気は変わっていないが、本数を重ねる度に受けるイメージは軽くなって来ている気がする。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.3

アメリカ的な映画。報道の内部とはこんな様子なのか? 重鎮が演じているので作品に重厚感はあった。じっくり見る作品。

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.0

オリエンタルって感じの作品。空海を謎解きに使う所が面白い。映像はみる価値あり。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

娯楽映画はこれだ。ただ気楽に見ていられる。話せるゴリラは楽しい。終わりまで一気に…という感じだ。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.3

原作を読まずに映画を見れば良かった。ストーリーのコンセプトはとってもいい作品だ。原作の設定をこねくり回して良い方に変わったとはとても思えない。夫婦の話も設定を逆に変えて原作の良さを半減させてしまった。>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.0

松坂桃李も貪欲な役者になって来た。色んなジャンルの役にチャレンジしている。今回は濡れ場特集と言ったところか? それで… それ以外は何も残らない作品だ。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.9

心に訴えるぞ、という感じが満載の作品。実話がベースと言うことなので真実味が増すだけになお良い。土屋太鳳と佐藤健のコンビも作品を引き立てる。土屋太鳳はこんなに変化を演じきれる女優さんだったのかと驚いた。>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.2

ストーリー的には結構無理がある。悪い奴を演じてもキムタク感が拭えないのが残念。一方、二宮和也はこんな迫真の演技ができるのかと驚いた。今後、どんな境地を開いて行くのか楽しみだ。全体的にはそれなりにそれな>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

3.0

どうせならもっと悪人側に寄って作品が進んだ方がいいと思う。この本は読んだことはないが、この原作者は世界観を映像化するのは難しいと思う。あんまりお勧め作品ではないかも。

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

最初は結構重い感じでスタートしたのでどう展開していくのかと思っていた。テーマの設定は面白いし、役者も味がある。でも終盤、息切れっぽい感じは否めない。もっと展開に工夫があったのでないかと思ってしまう。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.2

このテーマをこの雰囲気でよくぞ作り上げたと思う。恐れ入りました。スローな広島弁がいい感じで作品を引き立てている。
それでいて訴える事はズシンと響く。主人公が、私ぼーっとしとるからという下りが多いが、ま
>>続きを読む

二重性活 女子大生の秘密レポート(2016年製作の映画)

2.8

なんか観て意味があった作品とは思えない。だらだらとしている感じ。残念!

>|