はやまささんの映画レビュー・感想・評価

はやまさ

はやまさ

関西に住んでいるおっさんです。

映画(173)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

率直に面白かった。そこそこテンポもいいし、迫力もある。暗い感じの映像もいい演出だ。途中から何が本当なのか解らなくなるようなストーリーの展開も良い。ジェニファーローレンスの演技も良かった。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

日本の映画。和の心、日本の風情を上手く演出している。ストーリーは起伏が少なく淡々と進む気がするが、あえてそれがいい感じを醸し出している。映像も日本のわびさびを綺麗に映し出している。出演者もいい演技だ。>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.3

結び_ってタイトルになっているが続編は作られそうな感じだ。作品の雰囲気は変わっていないが、本数を重ねる度に受けるイメージは軽くなって来ている気がする。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.3

アメリカ的な映画。報道の内部とはこんな様子なのか? 重鎮が演じているので作品に重厚感はあった。じっくり見る作品。

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.0

オリエンタルって感じの作品。空海を謎解きに使う所が面白い。映像はみる価値あり。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.5

娯楽映画はこれだ。ただ気楽に見ていられる。話せるゴリラは楽しい。終わりまで一気に…という感じだ。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.3

原作を読まずに映画を見れば良かった。ストーリーのコンセプトはとってもいい作品だ。原作の設定をこねくり回して良い方に変わったとはとても思えない。夫婦の話も設定を逆に変えて原作の良さを半減させてしまった。>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.0

松坂桃李も貪欲な役者になって来た。色んなジャンルの役にチャレンジしている。今回は濡れ場特集と言ったところか? それで… それ以外は何も残らない作品だ。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.9

心に訴えるぞ、という感じが満載の作品。実話がベースと言うことなので真実味が増すだけになお良い。土屋太鳳と佐藤健のコンビも作品を引き立てる。土屋太鳳はこんなに変化を演じきれる女優さんだったのかと驚いた。>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.2

ストーリー的には結構無理がある。悪い奴を演じてもキムタク感が拭えないのが残念。一方、二宮和也はこんな迫真の演技ができるのかと驚いた。今後、どんな境地を開いて行くのか楽しみだ。全体的にはそれなりにそれな>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

3.0

どうせならもっと悪人側に寄って作品が進んだ方がいいと思う。この本は読んだことはないが、この原作者は世界観を映像化するのは難しいと思う。あんまりお勧め作品ではないかも。

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

最初は結構重い感じでスタートしたのでどう展開していくのかと思っていた。テーマの設定は面白いし、役者も味がある。でも終盤、息切れっぽい感じは否めない。もっと展開に工夫があったのでないかと思ってしまう。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.2

このテーマをこの雰囲気でよくぞ作り上げたと思う。恐れ入りました。スローな広島弁がいい感じで作品を引き立てている。
それでいて訴える事はズシンと響く。主人公が、私ぼーっとしとるからという下りが多いが、ま
>>続きを読む

二重性活 女子大生の秘密レポート(2016年製作の映画)

2.8

なんか観て意味があった作品とは思えない。だらだらとしている感じ。残念!

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.4

好きな感じの作品だ。欲を言うなら、なんか中途半端な感じは否めない。確かに綾瀬はるかはいい演技だったが、そこまでストーリーを運ぶならもっとドS感の強い役者を設定して見ても良かったのでは? 所々に出てくる>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.8

新参者の集大成。ここに向かって話が進んで来たのか? 前作の余韻も取り混ぜながらストーリーは独立性を持たせではないいる。それなりに面白く見れた。しかし、新参者の雰囲気は定着してきたので新鮮さには乏しいの>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

この手のヒーローもあるのかと感じた。設定は少し凝っているけど、ストーリーの運びは平凡。たぶん続編がすぐできるのだろうが、どうなっていくのかちょっと興味あり。

不能犯(2018年製作の映画)

3.3

松坂桃李の無気味な雰囲気が良い。沢尻エリカも美しい。ストーリー的には仕事人か怨み屋本舗のような感じだ。手の下し方が少しポイント。たぶん続編も出るんだろうな、と思わせる。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.0

前編に引き続いての鑑賞。でも後編はスポコン映画みたいな感じになっている。頑張れ元気を連想してしまった。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

重厚感のある作品。菅田将暉が光っていると思う。後編が楽しみだ。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

スケールの大きい作品だ。ストーリーはもう少しひねり方があったのかもしれない。それなりに面白い作品だ。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

どこの国の作品でも子役が上手いと作品は引き立つ。結構、見せてくれる作品だ。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.3

大人のファンタジーかな? 淡々とストーリーが進むがそれなりに楽しませてくれる。堺雅人と高畑充希のコンビがよい。結構息があっている。他にも贅沢に役者を使っている。でもあの役は安藤サクラかな? ちょっと>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

2.9

そうかな・・・って感じの作品。何にフォーカスを当てたいのかよくわからない。歴史か料理か? いずれも生煮えな感じがする。素材はいいのだろうが調理が不十分な気がする。少し残念。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

いい作品。家族とは、との問いかけを鋭い切り口ではなく、鈍い切り口で攻めてくる。その分残る余韻が重い。小役の二人がリリーフランキーや安藤サクラ、樹木希林たちと遜色ない演技をしている。むしろ女の子の表情の>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.5

覚悟していたけれど重い映画だ。被害者と加害者、そしてその家族。色んな視点から問いかけてくる。瑛太が迫真の演技で魅せる。見終えた後に少し心に残るものがある。こういう作品も映画の魅力の一つだ。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

予想していたストーリーとは違ったけど、それはそれで面白い。ミュージカルはあまり見た事はないのだが、最後まで見入ってしまった。なかなかの作品だ。

のみとり侍(2018年製作の映画)

2.9

なんか薄っぺらい映画。笑えるコメディにしては軽い。ストーリーの展開も疑問。お色気シーンも不十分。いい役者が出ているのにもったいない。ただ吉本の芸人はいらない。残念な作品。

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

なんか変な映画。日本的ではないかな? ふざけた映画だが、好き嫌いは見た人次第。そんなに嫌いではない。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.3

CGが凄い。途中から猿が人間に見えて来た。前作を見ていないので、今後確認の予。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.3

面白い。単なるバイオレンス映画ではない。話の流れに少し温もりもある。広島と言えば仁義なき戦いだが、その流れとは違う一面がポイント。
役所広司は言うまでもなく、松坂桃李もいい雰囲気を出している。少し過激
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.3

最初の出だしはなんてエグい作品かと思ったがストーリーが進むにつれてイメージも変化して行く。暗いようで重味を感じる作品だ。配役も良い。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

定番の作品だ。映像は美しい。ストーリーはわかっていても見入ってしまう。しかし、ポワロのヒゲはリッチだったなぁ。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.4

卓球ラブコメ。出演者が凄い。卓球を盛り上げて行こうと言うバックグラウンドがあるのだろう。本物の選手はちょっと意表。ガッキーもいい。蒼井優もいい。罪がなく楽しめるライトな作品。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.4

それなりに・・・って感じ。原作を読んで、封切りを心待ちにしていた。最初、円華を広瀬すずが演じると聞いて、どうなのかと思っていたが、お見事と言いたい。泣かせるでもなく、笑わせるでもなく、ハラハラさせるで>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.0

どうなんかなあ 。アメリカって感じの映画。個人的にはそんなにしっくり来なかった。
テンポとか、ストーリーとかそれなりによく出来ているとは思うけど。