真子さんの映画レビュー・感想・評価

真子

真子

映画(1043)
ドラマ(2)

曽根崎心中(1978年製作の映画)

3.7

変な言い方かもしれないけど
すごい見やすかった。
前半40分観てないけど。
いつか観る。

リード・マイ・リップス(2001年製作の映画)

3.7

主演の2人がめっちゃめちゃ良い。
どんどん魅力的になる。

スウィート・ノベンバー(2001年製作の映画)

3.7

もうすぐ11月という事で今作を。

周りを助けたいと思っている人程
自分が救われたいのかも。

サラのお部屋可愛いかった。

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.3

説明いらない。
映画終わって人に話そうと
したらぼろぼろ泣いた。

2/デュオ(1997年製作の映画)

3.6

インプロヴィゼーション
まだまだ見てない作品が多いけど
役者の演技と素の自分
その境界線が曖昧な作品
っていうのにやっぱり
凄い興味があるし、
これ見て更に湧いた。

乱れる(1964年製作の映画)

4.1

乱れるって
私の心が乱されてるから!!

久々に後遺症に残る作品を観たかもしれない。
演出も導線もかなり凝ってるみたいで
またじっくり観たい。

男女の橋を超えない2人
満員電車で少しずつ近づく距離。
>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

3.7

リアルでなんだか
自分の学生生活でもあったな
みたいな懐かしさに浸れる。 
ソンちゃんのキャラが
めっちゃ良いなあ。
美術もリアルで良いなあ。

ナッシュビル(1975年製作の映画)

3.6

いや長いねん、
めっちゃ歌うやん、
って思ってからのラスト。
良い映画でした。

この風刺的に物事捉える監督が
気になった

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

3.7

かなり久々のヒッチコック。
やっぱり小技が効いてて最高だなあ。

殺しのドレス(1980年製作の映画)

3.7

久々にサスペンスを見た気がする。
やっぱり楽しい。
デパルマの演出はほんとハラハラする。

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.6

チャーリーカウフマン
監督、脚本ということで
楽しみにしてた作品。

レビューの感じから
難解そうだったから
理解することは置いといて観てた。

脳内を静かに乱されて
もやっとしたまま何かまとまったよ
>>続きを読む

藍色夏恋(2002年製作の映画)

3.7

思春期な感じを
悩みを抱えていながら
自然に爽やかに仕上げてる
夏の終わりに丁度良いね。
ラストのシーン好き。

個人的に主演の女の子がどタイプ過ぎて
五分くらいは話聞いてなかったかも。
男の子も表情
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

3.8

やっと手を出しました。
良いーー。シリーズ追うーー。

アダプテーション(2002年製作の映画)

4.2

めっっちゃ面白い、、
ああやっぱり作り手側の人間の葛藤が
作品にもろにむき出しにされちゃう作品
好きなんだわ。
マッキーに出会ってからの
ナチュラルにハリウッド的な展開に
なってく感じとかも
最後のほ
>>続きを読む

イロイロ ぬくもりの記憶(2013年製作の映画)

3.7

刺さるね。
結構ずっと日常なんだけど
役者感無い感じと打ち解けてく2人の絡みが良いんだよなあ。

最後の髪の所がほんと
ぐっときてしまう。

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

3.5

楽しませてもらったけど!
恋ってやっぱ勇気とタイミングなんかね。

ラストのところは思わずまんまと泣いたよ。

あとなんかララランド思い出した。

冬の光(1962年製作の映画)

3.5

沈黙。見放される。
ああこういう受け取り方をするのか。
沈黙が続く中で今日も。

苦手かもしれないって思ってだけど
面白かった。

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)

3.6

24歳一本目。
丁度気分に合うの見れて満足。
カーアクション派手だなあ笑
楽しかった。

ワイズマンとのピクニック(1968年製作の映画)

3.5

この世界観に慣れた当たりで
やってくるラストが良いね。

快楽の漸進的横滑り(1974年製作の映画)

3.4

語彙化しにくいけど
なんだか題名は
ピタってくる感じ

秘密と嘘(1996年製作の映画)

4.1

即興演技って事は知ってたけど
一部だけかと思ったら
脚本を一切使ってないなんて。

卒制撮る前に観たかった、、って
強く思った。
このリアリティさと事件性の
バランスがかなり好み。

シンシアの演技が
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

3.6

側から見れば受け入れにくい
純粋過ぎる男の幸福。

絵作りめちゃくちゃ良い。

わたしたち(2016年製作の映画)

3.9

もう小中学校時代に戻ったような
気持ちで観てた。
この狭いコミュニティの中の
居ずらさとか一時的な仲良しとか
でも自分の意地の悪さとか
観てて全然他人事じゃなかった。
最後もな、この映画はここで終わる
>>続きを読む

>|