はやしさんの映画レビュー・感想・評価

はやし

はやし

HERO(2007年製作の映画)

4.2

児玉清が大好きになったきっかけの映画だと思う。鍋島次席は一挙手一投足がかっこよくて素敵。HEROの児玉清と深夜食堂の小林薫は二枚看板。

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.8

走り始めた先輩2人にのせられてしまうさえちゃんに笑う。「今のうちらに必要なのは真実じゃなくて矛先だから」分かるよ、分かるけど辞めて欲しい笑
バカリズムがどう見てもOLには見えないのにOLに見える背反が
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

2.2

海獣の子供のSTUDIO4℃の映像はもう圧巻で綺麗だったし、スーパーマリオブラザーズ的なメタ視点のコミカルさもすごく面白かった。実は悪役がいない、傀儡にも正義があるという構図も好き。ただ全体としてはも>>続きを読む

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

2.1

分かりそうで分からない。
辛いときに笑う女、悲しくなる。

私をくいとめて(2020年製作の映画)

4.5

今年今のところベスト。
大瀧詠一の良さを皆が再実感すると思う。
大九明子×綿谷りさなので、女心が分からなければピンとこないかなあと思いながら見たけど、そんなことも無かった。

「おひとりさま」であるこ
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

4.1

のどかな音楽と映像が逆さまであることの恐怖。ほんの少しの選択ミスの連鎖によって不幸が増幅していくわけだけど、そのどれもが誰が悪いわけでもないと思えてしまうからこその怖さがある。

映画冒頭はアリアスタ
>>続きを読む

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

1.5

設定好みだと思って観たけどなんかとっ散らかってた。原作への期待のみが高まった。北川景子の無駄遣いと言われてるそうですが、その通り。
『過眠』という名曲に出会えたのは素直に嬉しいので、1,500円でずと
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

5.0

「結局怖いのは人間」がテーマの作品といえばフランク・ダラボンの『ミスト』だったけれど、新感染は同じテーマながら、あの胸糞映画とは対極的な作品ですごく好き。今でこそコロナ感染が身近なものになって厭忌より>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(1998年製作の映画)

3.2

記憶上は初めて泣いた映画がセレビィだと思っているので、ポケモンを見直してみようかと思いその第一弾。ピカチュウが泣きながらピカチュウを引っ叩いているのがハイライトだった。悲しい。

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

3.1

佐藤浩一と石田ゆり子がどのように関わったのかとか、一連の事件の犯人の"深い部分での"目的とか、もっともっと知りたい部分が多いだけに、99分間でそれを描ききれなかったのがもったいない気がした。題材すごく>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

2.4

前作のどうして君が泣くの、に対する今作のアンサーソングは、泣いていいんだよ、でした。

ドラ泣き全然出来なかった。タイムマシンの説明部分で頭の中にハテナが浮かび帰ってこなかった。オール巨人師匠が嫌いな
>>続きを読む

十二単衣を着た悪魔(2020年製作の映画)

4.3

伊藤沙莉全部観る第五弾。

いやー、好き。
ストーリーラインを振り返ると、よくあるタイムスリップもので、源氏物語をなんとなくなぞっている風というそれ以上でも以下でもないんだけど、何故だか好きな作品。
>>続きを読む

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.1

A24×ブラック系はWAVESとかムーンライトとか傑作が多いから期待値が高すぎた。黒人蔑視の歴史フィルム、みたいな位置付けなら分かるけど映画としては…でも映像美は流石でした。

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

4.2

伊藤沙莉全部観る第四弾。

空気感すごく良かった。ラブホテルの非日常感と田舎のどこにでもある感が同居してきらきらしてた。部屋にはそれぞれのストーリーがあって、この間行ったあの場所にもいろんな想いがある
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

4.7

原作を読んでいないので、ミステリーかと言われるとそんなことないだろと思ってしまうけれど、子供が出来て手放すという題材の割にすごく温かい映画だった。途中のドキュメンタリー風の部分も好き。あとはセックス描>>続きを読む

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.3

横浜流星のシャドーがめちゃくちゃかっこいいのと、勝手にパーカー着てボクシングの真似する吉高さんが可愛い。背景のボケ感とあかりの目の状態がシンクロしてるみたいでなんか良い。

最後の最後のシーンのポスト
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

2.4

伊藤沙莉全部観る第三弾。

急に終わった。
父娘の洗濯物の干し方の対比が面白かった。なんで同じ中学校同じクラスで付き合って自然消滅すんねん。

伊藤沙莉はまちこに「久しぶりー!」と言うだけのゆっこ役。
>>続きを読む

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ(2020年製作の映画)

3.6

せっかく東京外大を卒業したのに機会を逸してしまったもののひとつに、「ムヒカ氏の来日講演に参加出来なかった」ことがある。当時留学中だったので日本にいなかった。

そんな状態でムヒカ氏のドキュメンタリー映
>>続きを読む

東南角部屋二階の女(2008年製作の映画)

3.1

伊藤沙莉全部観る第一弾。

ゆったりと、おたんちんな映画。
古いアパートの壁に見つけた小さな穴。その穴は隣の空き部屋に通じていて…といういかにもホラーっぽい題材なのに、ゆったりとした時間が流れるレトロ
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

4.6

引き込まれた。息子が被害者でも加害者でも、どちらに転んでも絶望しかないような状況。信じたい気持ちと、信じきれない気持ち。そんな中の一縷の望み。親になったら余計に響いてくるんだろうか。

堤真一が自宅周
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.0

ハロウィンのNetflix Partyで。モーティシア役のアンジェリカには申し訳ないけれど白塗りの雰囲気がジョン・トラボルタにしか見えなかった。それがハイライト。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

5.0

内容云々ももちろん大事だろうけど、542人キャパのスクリーンを満席にするほどの社会現象で、昨今の映画産業の救世主になれそうなことを考えたらもう星5つ。

弱き者を助けるのは強く生まれた者の責務、という
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.1

信じていたのに裏切られた、みたいなニュアンスで使われる「信じる」って難しいなということを感じた。舞台挨拶が何かで芦田愛菜も言っていたんだけれど、「信じる」というのはその人自身を信じているのではなく、そ>>続きを読む

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

2.2

乃木坂46×英勉ということで、「あさひなぐ」路線になるか「ぐらんぶる」路線になるかドキドキしていたけど後者になってしまった。
ラスト5分の展開がなければ劇場に見に来たこと後悔したと思う。浜辺美波の使い
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

「お前は理由も分からず戦っている。仲間を信じず情報も貰えない」という台詞がある。初見の観客はまさにこの台詞の通りで、少しでも見逃せばノーランに置いていかれる。まだ観ていない人は、「エントロピー」と「反>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

2.5

夏帆演じる由美の魔性感が良かった。こういう女性に惹かれるようでは将来の自分が心配。
あとは豪太が想像以上にダメ男過ぎてなかなかほーん、という感じだった。濱田岳が大久保佳代子の谷間ガン見してる予告見た時
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

4.1

戦闘シーンは圧巻だった。もちろんアメリカ視点ではあるけれど、エメリッヒは日米の立場を割とフラットに描こうとしている。日米どちらも国を愛し、誰かのために戦ったという描き方。ミッドウェイを題材にしながら、>>続きを読む

ソワレ(2020年製作の映画)

3.6

逃避行をかけおちと呼ぶタカラと、
逃避行をかくれんぼと呼ぶ翔太。
生きるのが辛い、でも生きるという人間性。

2人の心情を影の動きだけで描くカット凄過ぎた。体張ってる芋生悠の体格の良さにも思わず引き込
>>続きを読む

人数の町(2020年製作の映画)

3.3

個人が単なる人数としてしか扱われない管理社会を通して自由を考えさせる映画。設定が面白いからこそ、性に制限がなく自由な世界でどう愛が生まれるのかの過程があればたまらなく好きだったと思う。

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

4.4

なんでもない夜景とバンジョーのメロディが心地良くて10分で引き込まれた。清原果耶も桃井かおりも魅力的すぎるのよ。役柄とはいえ清原果耶の会話のテンポの心地よさ。持ってると思う

ビキニ・カー・ウォッシュ(2015年製作の映画)

2.0

題名通り、ネバダの夏空とおっぱいを楽しむ映画。一番見たい人が見せてくれないのもお約束。

映画 としまえん(2019年製作の映画)

2.0

ありがとうとしまえん。
石神井川が物理的に良い仕事してた。

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.5

このストーリーに青くて痛くて脆いと名付けた住野よるがものすごいと思うのです。楓…気持ち悪いけどその疎外感めっちゃ分かる。

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

4.6

この夏は爽やかで甘酸っぱい「のぼる小寺さん」と、無力感と混沌の「君が世界のはじまり」の2作が青春映画2代巨頭だと思う。今年のベスト2になるかもしれない。10代で観たかったけど、10代で観たら当たり前の>>続きを読む

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン/キオスク(2018年製作の映画)

3.8

ナチス・ドイツのもとでファシズムの波が押し寄せるウィーンが舞台。前半は「アルマの恋愛妄想」的な青春コメディだっだけど後半一気にテーマが重くなった。こういう展開は好き。
反抗し殺されるリベラリスト、ウィ
>>続きを読む

>|