成増さんの映画レビュー・感想・評価

成増

成増

星は飾り。ホラー苦手。だいたい何でも観る。沢山の映画を記録されている方フォローさせてください。

映画(119)
ドラマ(0)

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

4.0

シャマランのヒーロー映画第3部目。

公開前はシャマラン版アベンジャーズとか言われていたけど、そういったものではなかった。しかも、前2作品を観ているか、知識があった方が良い。楽しく見るなら絶対!

>>続きを読む

バガー・ヴァンスの伝説(2000年製作の映画)

4.0

ゴルフの映画は初めて観た。よく知らなくても楽しめると思う。

そのゴルフのことはルールもよくわからないし、マリオゴルフしかプレーしたことないが、まさに道徳性のスポーツだと感じた。判断は自分自身のみで誰
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.0

孤独な独身男性が新たなオペレーションシステムに惹かれるという話。AIが直感で会話するOSなので、大体が見えない相手との会話シーン。

AIの完全は有り得ない!?よりも、様々な愛の形と、これからも変わら
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.0

結局何なのかわからなかった…解説見ないと。

過去か未来か、タイムトラベルがキーになっているのかな?世界の終わりに向かってるってことはこの映画のラストのことだとして、ドニーが幻覚に操作されて本当に起こ
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

どうしてもネタばらしみたいになってしまうので映画館で観てほしい作品かな。映画を作った意味のためにも。

辛かったり忘れたいことがあると、人は空想したりして良い方向に気持ちを傾けて乗り越えていくものじゃ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

1962年、宇宙への有人飛行を目指す人達と、それを支える女性の地位と人種問題。
最近観たHelpに続き、テーマの半分は人種問題(分離だから差別意識はなし?)が絡むけどあまり重くならない。

有人飛行成
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.0

まあまあ、あり得ない設定のスーパースターと普通の男のラブストーリー。

気づいたらウィリアムの友人になった気持ちで観ていた。変態の同居人も活躍!

メイクをしてないアナの表情が自然過ぎるし笑顔がとにか
>>続きを読む

グリンチ(2000年製作の映画)

3.5

ジムキャリーの時からイルミネーションの最近まで、グリンチの言葉も全く聞かないから日本には馴染みがないのかな。ひねくれたキャラ設定はクリスマスのせいだけではないようなエピソードだったのはちょっとしっくり>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.5

ゴッホの死の真相に迫るサスペンスのようなミステリー。仮説をもとにしている。

全て油絵が動く不思議な映像。どの瞬間も絵画作品のようで表情の些細な変化も表現していてすごい。特に水の反射やモノクロになる回
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.5

筋ジストロフィーと闘う男の日常を知ることができて良かったと思う。

田中と美咲ボランティア二人のストーリーは不要かと思ったけど、この難病にはボラの力が絶対必要なことも、ボラにだって人生があるってことも
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.0

人種差別が当たり前の時代を過ごすメイドと女性ライターの話。

Helpって、お手伝いさん(メイド)のことなんだね。差別に苦しむメイドの助けてほしいという気持ちも入ってるのかな。

不思議なことに、白人
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.0

今のディズニーの力を存分に使った映像だった。権利的な意味で。そんでプリンセスの歌のシーンはほんの僅かなのに感動した…ブランド力がすごい。

今回の主人公はラルフだと思う。ずーと孤独だったラルフ。ヴァネ
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

5.0

ADHDと診断を受けている息子を持つシングルマザーの話。

バーで流れるsimple planのwelcome to my life。明るくカラオケしてるけど、このような母子のことは他方面には理解され
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

あらすじが難しくて簡潔にまとめられない。

コメディ寄りかと思いきやコメディ要素はほぼないが、いろんな要素が盛り込まれてる。雑に。だからなのか面白味はあまり感じなかったのに結末が気になって気が散らなか
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

アンブレイカブルがヒーロー誕生なら、スプリットはヴィラン誕生。

思い返すと冒頭から多重人格者ケビンが車に近づくシーン。1人だけど、人格の誰かと誰かで背後から歩いているようで怖さがある。

アンブレイ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

少ない描写でもアリーの生活感とキャラクターが良くわかる。歌手になれない理由はどうかと思うけど、それのせいで動けないのはわかる。若くも年でもないというところも今だから出せる自然なまま。

逆にジャクソン
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.5

個人的に名前を言いたくなる監督No.1。Mナイトシャマラン監督。ミスターガラスのためにDVD引っ張り出した一応。

続編のようなもんがあるとわかったら、能力に気づいた男の誕生で序章。当時は物足りなく思
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.5

珍しく嫌なやつはグリンチだけで、出てくる子どもたち町の人が普通にいい人で可愛いかった。クリスマスを浮かれて過ごすんじゃくて大切にしようってのが良い。

グリンチはそのへんを良く知らずに53歳まで来てし
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

2.5

スマホPC操作しながら友達とやり取り、挑戦ができそうなすれすれのものであと一歩の決心を匿名の視聴者に煽られて勢いで遂行してしまう、ランキング等欲求を満たすため繰り返すやつなど本物に近い。ありそう。>>続きを読む

幸せへのキセキ(2011年製作の映画)

3.5

母(妻)を亡くした家族と、潰れかけた動物園の再生の物語。

家族を亡くしたことは子どもたちだけでなく環境を変えたい父親ベンジャミンも隠せない辛さがどっちの再建にも奮闘する姿に見えた気がする。

動物と
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

ギフテッドの項がwikiにあった。平均より高い知能を持つ者のことらしい。そういう人の集まる学校やクラスがあるとは。

天才児だから、という接し方をしないフランクとメアリーの本当の兄弟のような、父子のよ
>>続きを読む

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

4.0

クリスマスの意味を一新したというか、本来こうあるべきなんだろう。

誰もが持ってる心の狭さは幻想の中のスクルージで、余裕のないときに現れる姿だ。借金まみれの自分自身に向き合って問いただすようなディケン
>>続きを読む

ロード・トゥ・パーディション(2002年製作の映画)

3.5

パーディション。破滅とか地獄なんて言う意味があるようだ。もうひとつは地名でもある。二つの意味が上手く重なりあってくる。

裏家業マフィアの話だが怒号や暴力はかなりシンプルに描かれている。美しい音楽と景
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

自分の育った町から抜け出したかったり、どれだけ親との関係が嫌で他人が羨ましくても、名前がバードだけにそこから飛び立つ時、これまでが本当に良いものだったと思っただろう。

思春期、自分中心なレディバード
>>続きを読む

エンド・オブ・ザ・ワールド(2012年製作の映画)

4.0

地球滅亡カウントダウンの中で、出会った男女のロードムービーだけど、本当に滅亡するのかなんて全く実感わかないのと、どうせ終わるなら意味ないよな、という虚無感が画面から溢れてる。もちろん過激なことをするや>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.0

江戸には色々な仕事があったようで、蚤とりもその一つ。でもこの話の中では裏家業。パッケージだけ見て歌舞伎的な者が出ると思っていたので内容を知ったら拍子抜けした。

にしてもトリックとかテルマエだとか阿部
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.0

この作品の中でほどではないけど、現在でも似たような状況下はある。

SNSは便利なツールだけど敵も味方も作り出す。使い方には気をつけなくてはならない。そういうところは改めてこれで見せてくれなくても大体
>>続きを読む

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年製作の映画)

3.0

重力の違う上と下の世界。下界が貧困層ってのがまるで銃夢みたい。世界観は全く違うけど。

上下行き来きを発見されると政府?に始末されてしまうのに、公式とは別の抜け道とかが簡単なのはどうなの。お互い近いの
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

前回と、前シリーズのハリー・ポッターありきの映画で、一応シリーズすべてリアルタイムで追ってきているのに複雑で謎が多すぎる。いつの間にかオブリビエイトされてたのかな?

ポッターシリーズの後半から冷たく
>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.0

純粋な二人と、友人関係、父娘の温かさがどれも素敵だった。

オリジナルのタイヨウのうたにくらべ、悲しみより爽やかさが残る。

オリジナルも、ドラマ版も小説も好きだったので気になるのがパーティーがあった
>>続きを読む

最後の恋のはじめ方(2005年製作の映画)

3.5

敏腕コンサルタントとしてのウィル・スミスと、ドジな一面や色んな表情も見られるし面白いバランスになってる。女性を落とすという意味の男目線のストーリーで進むのでそこが気になる方はあまり良く思わないかもしれ>>続きを読む

ディセンダント(2015年製作の映画)

3.0

かつては泣く子も黙る悪だったヴィランの子ども達版ハイスクールミュージカル。現代版ティーンヴィランズってイメージ。

子どもたち自身も学校の皆も親のヴィランの影を感じてる。そんな背景と、すっごいわかりや
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

Cが引っ越しを渋る理由が、そこに歴史を感じるからだと言ったとおり穏やかにMと暮らしていた。

長いと言われるMがパイを5分近く食べ続けるシーンと、それをただ見ているC。Cはそれよりもっと長く永遠が待っ
>>続きを読む

THE PROMISE 君への誓い(2016年製作の映画)

3.5

オスマン帝国内部のアルメニア人大量虐殺の話。帝国の中で力を持ち始めたアルメニア人を排除しようとする動きらしい。

正直、主人公を好きになれないが、彼が勉学と婚約等の幸せの瞬間を日々感じながら過ごしてい
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.0

他人のことではお節介なくらい間を取り持つことを楽しむが、自分のことで現実に直面すると、全く機転がきかなくて回り道ばかりのアメリ。

こういうことあるかもと思えばアメリは可愛いく見えるんだろうが、そうで
>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

4.0

コメデイではなかった。
ラース出生時の辛い母の記憶。身近な人物の妊娠等、元々ラースが女性と交わるのが苦手ということ?でリアルドールのビアンカに恋する。

ラースがリアルドールを買う前から始まっていて小
>>続きを読む

>|