yoshicoさんの映画レビュー・感想・評価

yoshico

yoshico

映画(187)
ドラマ(0)

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

4.0

人間として生きることの意味を考えさせられる、心温まる映画。

ハーケンクロイツ/ネオナチの刻印(1993年製作の映画)

1.0

全く惹かれなかった。終始暴力シーンで、メッセージ性も何もない。ふーん、こういう人たちもいるんだ…(海外に住んでるアジア人としては)怖いな…、くらいの感想。ラッセルクロウだから最後までなんとか見られた。

私の中のあなた(2009年製作の映画)

4.0

それぞれの愛情の形が痛いほどで、ともかく涙涙…。

リープ・イヤー うるう年のプロポーズ(2010年製作の映画)

3.2

よくあるラブコメ。やっぱり一緒にいて自分を出せる相手を最後は選ぶのよね。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

ずっと7人しかいないなぁと思ってたら、ラスト面白かった笑。1人が寂しかったから、ってそんな理由もありなのね、というか。気持ちの良い、楽しい映画でした。

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.5

思ったより引き込まれてしまった。愛とは何か考えさせられる。人は一緒に過ごした時間とその記憶を愛するのか…

REM レム(2000年製作の映画)

2.0

グロテスク。本人の意識が飛んでしまってるのを反映してるのかも知れないけど、なんだか飛び飛びな感じで、え、結局?って感じも残るし、すっきりしない。

テイキング・ライブス(2004年製作の映画)

3.0

最後はびっくりするけど、そうだよねって感じで、それがなかったら、うーん、つまらない映画になってたかな…

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル(2016年製作の映画)

4.0

ニュージーランドらしいゆるさが全編に流れていて、ストーリーも見せ場が色んなところにあって、飽きることなく楽しめた。

ある公爵夫人の生涯(2008年製作の映画)

3.5

思ったより良かった。理不尽な結婚生活を受け入れる葛藤と、人間としての器の大きさを最後は感じる。

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

こんなに笑って泣けて、ピュアで、温かい気持ちになれて、素晴らしい映画はあろうか。大好きです。

あなたは私の婿になる(2009年製作の映画)

3.5

普通のラブコメなんだけど、テンポ良くて飽きないし、随所に爆笑ポイントが散りばめられていて、でも家族があったかくて優しくて、穏やかな気持ちになったりして、とても楽しい映画です。

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

4.8

テーマとしては中絶だったり、孤児院だったり、近親相姦レイプだったり、決して明るくないトピックが描かれているのに、終始穏やかで、優しい空気の流れている映画。一つ一つのセリフも無駄がなく全てが繋がっていて>>続きを読む

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

3.6

ただのティーン映画って批評が多かったみたいだけど、音楽の優しさとか、おじいちゃんの言葉とか、すごく入り込めるものがあって、私は好きでした。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

ストーリーが進むに連れてどんどん良くなる。音楽とかもなんだかハマっちゃう。心が熱くなる映画。

ギミー・シェルター(2013年製作の映画)

3.5

主人公と父親のラストシーンの会話に感動。それがこの映画の全てというか。それを通して、彼女の変化を見守らせていただき、ありがとうございます、という気持ちになります。

サン・オブ・ゴッド(2014年製作の映画)

3.0

教育的?キリストを誰かが演じているという事実がすごいなと感じました。

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.0

ケイトブランシェットの演技がすごい。地に足つけて生きていかないとこうなってしまうかもよという教訓…

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.5

もっと数式について深く扱っていたら良いのに、と思ったけど、映画だからしょうがないのかな。でも素晴らしいです。

サヨナラの代わりに(2014年製作の映画)

3.8

日本語タイトルと原題では伝えたいことが全く変わるな、という印象。
壮絶な最期にあのポッカリと穴が空いたようなラストシーン。そして、タイトル。
自分で自分に制限をかけないで、あなたはあなたが思っているよ
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.5

ペットを飼ってる人なら気になる外出中のペットの行動。単純に楽しいです。1日帰ってくるまでにこんなことが起こっているなんて想像もつかないですが笑。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

カラフルで、痛みがあって、切なくて、でも愛おしくて、包み込む音楽が楽しくて、素敵な映画です。

キャロル(2015年製作の映画)

-

もう一回見よう。。その世界にどっぷりハマらなくては理解できない映画です。家で料理しながらDVDではダメですね…

もしも君に恋したら。(2013年製作の映画)

3.0

気の合う異性の友達というのは難しい。途中、ストーカーとか言われて可哀想。

>|