hazelさんの映画レビュー・感想・評価

hazel

hazel

映画(710)
ドラマ(98)
アニメ(0)

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

題材にしてる社会問題は個人的に興味がある分野だったから良かったけど、ジュラシックシリーズで(しかも完結編)扱うのはどうなんだろうと思った
シリーズ通して結局T-REXが強いんだということを言いたいのは
>>続きを読む

ミニオンズ フィーバー(2022年製作の映画)

3.7

かわいすぎる
相変わらず中身はないけど、ワニのソファとかチーズ光線とか、グルーの月泥棒に通ずるものがたくさん出てきて楽しかった🐊
キャッチミーイフユーキャンぽい描写があったような気がした

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.7

次々と強い恐竜が出てきて、何回か思わず声出た。
飛べる恐竜に攻撃されたらもう無理だよ…
展開早いし、無駄に尺が長くないのも◎
博士の心広すぎるし、エリックのサバイバル能力どない

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

2.9

おもしろくはなかった
ただ、25を過ぎてぶらぶらと生きる彼女の、“良くなりたい"という気持ちや、刹那的に楽しんでみたり、ふと我に返ったりを行ったり来たりする気持ちは痛いほど伝わった
ゲイリーのことは大
>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

2.7

4年で劇的にCG技術が進化してた
いつ面白くなるのかと思って待ってたけどずっとつまんない、恐竜への愛もさほど感じず、ただのパニックムービー
前作と同じ監督・題材とはとても思えなかったし、全キャラが好き
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.0

若干CG技術面で粗さは感じるけど、そんなの気にならないくらい面白い
スピルバーグだから全部伏線に思えるし、まだひと攻撃あるんじゃないかと思って、全部疑って見ちゃう
あの音楽聴くだけでテンション上がる

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

愛の話、私はとても好きだった
これで初期アベンジャーズメンバー見納めか…と思ってたから、嬉しいような拍子抜けのような
子ども闘わせるのはちょっとよくわかんない

オーディナリー・ラブ ありふれた愛の物語(2019年製作の映画)

3.3

この夫婦の愛ってありふれてるの…?結婚に夢が持てるね
対話のシーンが多く、言葉を大切にしてる映画という印象
木でUターンする散歩コースと、ふとした時に奥さんの背中に手を当てる仕草(身長差含め)が好きだ
>>続きを読む

エルヴィス(2022年製作の映画)

3.8

事前知識ゼロだし、ボヘミアンラプソディの二番煎じかと思ってたけど、題材(エルヴィスという人間)と演出(悪役が語り手)のおかげで十分楽しめた。
若干長いけど、大画面だと本当のショーを観てる感覚がして楽し
>>続きを読む

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

終わり方がすごく好き、人助けって素敵
完全に良い人になりきらない感じも良い
国民性の違いも出てて、面白かった

9時から5時まで(1980年製作の映画)

2.8

非現実的すぎてはまらなかったけど、当時にしてはかなり先進的な内容だったんじゃないかと思う
ドリーの話し方、昔のアメリカ映画って感じした
バイオレットは心なしか、整えますのねずっちに似てた

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

3.1

そこそこ面白いっていう感想になる予感がしていて、本当にその通りなった
可もなく不可もなく、豪華キャストの絵で持っている、お金払ってまで見る感じじゃない

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

IMAXかつ大画面で見れて最高✈︎
あくまでも主役はトムだけど、もういいよおじさん…じゃなくて、かっけ〜ってなるのがトムのすごさ
父の代わりだっていうルースターの台詞ほんとに好き
最後も、ただ無事に破
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

2.8

U-NEXTの視聴期限が近いので鑑賞
私にはあまりささらなかった
テオの未来を勝手に心配してしまうけど、誰より優しい彼はきっと大丈夫

オフィサー・アンド・スパイ(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

肝心の逆転シーンがなく、一文で終わったのがびっくり
序盤で聞き慣れないフランス語の名前がどばどば出てきて、どの名前に着目すればいいかわからなかった…
事実なのが良い◎
上映後、映画サークルの方々を見か
>>続きを読む

オードリー・ヘプバーン(2020年製作の映画)

4.0

オードリーの容姿、生き方が美しくて満点。
バレエシーンの演出と、ユニセフのシーンが少し多いように感じた。
(彼女の人生とユニセフが切り離せないのは分かるし、知る事はとても大切だけど、胸が苦しくなった)
>>続きを読む

クライング・ゲーム(1992年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

多分1番のどんでん返し?であるディグが男性というところはうっすら気付いていたし、当時よりはジェンダーに対する理解も進んでいるから、大きな驚きはなかったけど、男性でした終わり、ではなく、その後2人の愛の>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

・ワンダの闇落ち説どころかもはやゾンビ
・課金(ドラマ視聴)しないと、ストーリーすら追えないのは一映画としてナシ
・マルチバース思ったより理解しやすかったけど、インカージョンの説明もう少し欲しい
・ド
>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

3.3

ミステリー感出してるけど、実態はミステリー要素のあるドラマ
女は強い、女だって出来る、みたいな描写を作為的に入れた感じはあるものの、話としては普通に面白い
どうしてもリリージェームズの喜ぶ演技が不自然
>>続きを読む

カモン カモン(2021年製作の映画)

3.5

人と関わることは時々すごく難しいけど、素晴らしいもの
相手が何を感じているか気にかけること、実際に尋ねること、自分の感情を伝えることは、すべての人にとって大切だと思った。
ジェシーはまだ子どもで、周り
>>続きを読む

ナイル殺人事件(2022年製作の映画)

3.4

最後まで犯人分からず楽しめたけど、肝心の種明かしとCGが雑なのが残念
王道ミステリーの映画、もっと増えて欲しい

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

お父さんが喉に触るシーンと、最後手話をしながら歌うシーンは感涙
助け合う事は大切だけど、「家族なんだから」という理由で娘を縛り付ける感じには違和感を覚えた
あと、思春期の娘を持つ親として、性に関する話
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

2.8

やっぱり魔法はわくわくするし、ニフラー(テディっていう名前みたい)は可愛かったけど、ハリポタとの繋がり要素とジュードロウの演技でもってる映画という印象。

・行動の目的が分からないまま話が進む
・ジェ
>>続きを読む

きっと忘れない(1994年製作の映画)

3.4

隠れた良作
卒業を控えた名門大生が、ホームレスとの出会いを通して変化していく過程が自然で良かった
大切な気付きを忘れないままでいてほしい

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

3.5

よくあるスポ根映画だと、部活にしか焦点が当たらないけど、今作で部活はあくまで高校生活(人生)の一部で、勉強や人としての在り方についても描かれているのが良かった
そして実話であるところが尚良い

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

4.0

強いドビー
拗ねるロン
賢いハーマイオニー
悪になりきれないマルフォイ
みんなそうだけど冷静にハリー良い子すぎる、謙虚だし
この時点でグリンデルバルト生きてるのか

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.8

映画としては微妙だと思うけど、最後の闘いの導入映画だから仕方ない気もするし、このシリーズ大好きだからこの点数でいい
ダンブルドアは1人だけ強過ぎる
ベラトリックスの振り切った狂い方もあれはあれで良い。
>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

4.3

今作からひたすら暗い
・悪い状況が続いているだけで善い人っていうシリウスの台詞
・ダンブルドアがヴォルデモートをトムって呼ぶシーン(この2人が闘ってる所も)
・フレッド兄弟のシーン
・マクゴナガル先生
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.7

自分探しのロードムービーと言えばそれまでだけど、ウォンカーワイ全開で相変わらずスタイリッシュ
何にでも理由見つけようとする癖やめたい
人生は長い、遠くに行きたい

スノーホワイト(2012年製作の映画)

3.0

シャーリーズセロンで持ってる映画
中身は普通
続編鑑賞済み

愛が微笑む時(1993年製作の映画)

3.6

みんな善人
誰かのお母さん、夢を追う人、夫々の人生がとても良かった

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.2

色々おお…!ってなった
スパイダーマンあんま強いイメージなかったけど、頼もしくて良かった
ミラー次元映画館で観れて大感動
他のお客さんが拍手してるの聞けるのは劇場で観る醍醐味
ウィレムデフォーがドーナ
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず登場人物同士恋愛させとけ、みたいな感じではなく、現実的なのが良かった
主人公の元彼、カフェで今更戻れない宣言した時最高にいけてたけど、それ以降どんどん嫌になっていった
身も心も自分を大事に、
>>続きを読む

>|