へちょりーのさんの映画レビュー・感想・評価

へちょりーの

へちょりーの

モンスター・ホテル(2012年製作の映画)

3.8

90分間気軽に楽しめる3DCGアニメ。
笑いあり涙ありのストーリーも、音楽も普通に面白い。
そしてこれは吹替で見てほしい。

山寺宏一の安定感。
川島海荷も良い。
そしてオリラジの藤森!
ジョナサンと
>>続きを読む

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(2020年製作の映画)

5.0

「Sincerely」

ネタバレさせたくないので、抽象的なことしか書けないが頑張って綴ろう。
アニメシリーズを観てから、観に行かれることを強くオススメする。

序盤からずっと涙が止まらなかった。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ泣けるし、めちゃくちゃほっこりできる素敵な作品。

トリーチャーコリンズ症候群が原因で27回顔の手術を受けた、オーガスト・プルマンことオギーが容体が安定したことで学校に通うようになり、そこ
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

3.7

久しぶりにクレヨンしんちゃんの劇場版を鑑賞。
昔と変わらず安心して楽しめることがすごく嬉しかった。

今作は初の「野原一家の新婚旅行」がテーマになっており、舞台はオーストラリア。
新婚旅行がテーマなの
>>続きを読む

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の2日間(2014年製作の映画)

3.0

今作品は映画「鍵泥棒のメソッド」を見てから見た方が間違いなく楽しめる内容となっている。
上記作品で監督脚本を担当した、内田けんじ氏が今作の脚本を担当しており、「鍵泥棒のメソッド」の後日談的な内容になっ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.2

スター・ウォーズ EpisodeⅧでの大失敗で戦犯に挙げられたライアン・ジョンソン。
あまり期待していなかったからこそ、すごく楽しめた。
この人はSFよりもこういう人間ドラマを撮る方が向いているように
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.4

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」4部作の第3作目。
序盤から??の連続が続く。
あらすじを読んでから見ても、??となってしまうのだが、あらすじを読んだ方が間違いなく頭の整理はできると思う。

作品時間が9
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.1

「重厚感・難解・愛情」
クリストファー・ノーラン作品はこの3つが非常にウェイトを占めている。

映画館、しかもIMAXで鑑賞すればもっと違う印象を得るのだろうが、自宅で鑑賞するには限界を感じてしまう。
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.9

PC画面上や携帯端末上の画面だけで進行していく、新しい技法の作品。
あたかも自分がそこでSNSやPCを駆使して、捜査しているような新感覚で楽しめる。

ストーリーは父子家庭で行方不明になった娘を探し出
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

3.7

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」4部作の第2作目。
いよいよアスカ、弐号機の登場。
今回の主役はアスカと言っても過言ではないでしょう。

後半からの戦いが衝撃的。
そのシーンに「翼をください」をBGMとし
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.9

あまりこの類の青春映画は見ないのだけれど、地上波でやっていたので試聴。
厳かに始まる出だしでグッと世界観に引き込まれてしまった。
そこはさすが松谷卓。音楽と映像が完璧にマッチしていた。

ストーリーは
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.5

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」4部作の第1作目。
劇場版という限られた時間の中で、テレビ版でいうところの第1〜6話をギュッと詰め込んでおりかなりテンポが早い。
それ故ワンシーンも見落とせないので、見終わ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

The Beatlesが消えてしまった世界で、唯一彼らの楽曲を知る存在となったSSW:ジャック・マリックの活躍を、TheBeatlesの数々の名曲に乗せて描いた作品。

もしも、そこに間違いなく売れる
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.5

「思っていたよりも面白かった。」
というのが僕の正直な感想だ。

アリエッティと翔は小人と人間との共存を願ったのかもしれない。
しかし、その願いを崩したのは人間の愚かさ。
ストーリーにもののけ姫に通じ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.6

実話。
そのことにまず驚かされる。

あらすじはこうだ。
インド生まれの主人公サルーが、5歳で兄とはぐれ迷子に。
そして、孤児院収容を経て、オーストラリアで養子となる。
成人を迎え、幸せな生活を送れば
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

4.3

そんなに期待値高くなく鑑賞したが、予想以上に感動する作品だった。
さすがPIXAR。

「2分の1の魔法」よりも「Onward(前進、先へ進む)」の方がタイトルとしてはしっくりくる。
何をするにしても
>>続きを読む

激動の昭和史 軍閥(1970年製作の映画)

4.3

東宝が制作した平和への祈りを新たにしたい戦争映画「東宝8.15シリーズ」。

2.26事件を契機に軍部が台頭し、戦争への道を一途にたどった日本の激動の昭和史を、東條英機を主人公に据え、記録映画を随所に
>>続きを読む

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(2010年製作の映画)

3.5

ナルニア国物語の第三作。
第一作・第二作からするとスケールダウンしてしまった印象が否めない。
(Disney資本の凄みを痛感させられた。)

しかし、本作は本作で楽しめる要素はもちろんある。
ルーシー
>>続きを読む

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛(2008年製作の映画)

3.4

ナルニア国物語の第二作。
今作もしっかりとファンタジーとして世界観を大きく描いてある。
大きくなったペペンシー兄妹にまず驚く。

そしてアスランの力が驚きを超えて笑ってしまうぐらい人智離れしてしまった
>>続きを読む

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

3.5

原作未読で鑑賞。
あまり期待せずに鑑賞したのだが、なかなか見応えのある良い作品だった。
これは原作が非常にしっかりとしており、脚本が原作に忠実だったのだろう。
いい意味で家族で楽しめるぐらいの内容と表
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.6

DCエクステンデット・ユニバース、始まりの作品。
ワーナーブラザーズのMCUに対する対抗心と本気度を窺えた。

「ソー」のような壮大な世界観を持ちながら、どこか重厚感と人々の恐怖の描き方に特色があるな
>>続きを読む

県警対組織暴力(1975年製作の映画)

4.5

「全員悪人」
この作品を一言で表すに相応しい言葉だろう。

大ヒット映画「仁義なき戦い」のキャスト・スタッフをほぼ引き継いで製作したところから、深作欣二監督・東映のこの作品に対する本気度が窺える。
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.7

貧乏役者の男と伝説の殺し屋が銭湯でのひょんな出来事から、互いの生活が入れ替わってしまうストーリー。

ベタな内容だけれども、実力派俳優が演じるからこそ面白くなった作品だと思う。
この作品での共演があっ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.7

全2部構成の叙情詩的映画「バーフバリシリーズ」の第2作目。
いよいよクライマックスへ向かうこともあり、熱量が何倍もアップ。
そしていよいよテーヴァセーナの願いが成就へ。

圧倒的に1よりも2の方が面白
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.2

全2部構成の叙情詩的映画「バーフバリシリーズ」の第1作目。
ボリウッド作品の進化がめざましい昨今、この「バーフバリ」は間違いなくインド映画において革新的な作品だろう。

わかりやすい表現を借りると「イ
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.0

「バラララララララ。」

暖かい涙が止まらない。
原作はあのMARVEL。MARVEL内でも当時人気がなかったため、スタッフですら忘れられていたと言う。
データベースから見つけてくれたドン・ホール、あ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.1

スタジオジブリで学んできた米林宏昌監督と、西村義昭プロデューサーが立ち上げたスタジオポノックの初長編アニメ作品。
製作陣の8割がジブリに関わっていた人たちが作っていたことから、かなりジブリ色の強い作品
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.2

「ジェイソン・ステイサムvsメガロドン」という構図の作品。笑

いろいろと突っ込みどころ満載の設定はあるが、
夏の休日の昼間に見たくなる痛快海上アクション。
設定がガバガバだったりするのだけれど、それ
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

1.5

タイムリープ系の話。
そもそも岩井俊二の作品は人を選ぶから、アニメにしても岩井俊二臭は消えないしやはり灰汁は強かった。
世にも奇妙な物語のようなショートドラマを無理くり90分に伸ばした感じは否めず、結
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.7

ディム・バートンとジョニー・デップの物語はここから始まる。
純真無垢な心を持つ人造人間エドワードと化粧品セールスのペグの娘キムとの交流を描いたファンタジー映画。

エドワードの瞳がすごく美しく、また虚
>>続きを読む

ウォーターワールド(1995年製作の映画)

3.2

USJで先にショーを観てからの鑑賞。
めちゃくちゃ面白い!というわけではなく、完全にUSJでショーを観た思い出補正で最後まで楽しめた感は否めない。

ストーリー展開は特出してることは無く、良くある起承
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.6

「君に生きるのを手伝ってほしい」

漫画原作は未読で鑑賞。
ずっと涙が止まらない作品だった。
これは感動どうこうではなく、きっと幼少・少年期に似たような経験があったこと・どの登場人物の気持ちが痛いくら
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.3

大晦日の夜22時から年が明けるまでの2時間に、ホテル・アバンティで起こる人間模様を描いた、グランドホテル方式のコメディ。

このグランドホテル方式が楽しめる方でないと、本作は楽しめない。
数人のキャラ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

「ジュラシック・ワールド」から3年。
正直コリン・トレヴォロウがそのままメガホンを取って撮影した方が、いい出来だったんじゃないかと思ってしまった。
(スターウォーズとの日程の兼ね合いだったのだろうが、
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

3.6

20年前にこれだけのクオリティのCGアニメが作れたことに未だに驚いてしまう。

前作から大幅にスケールアップした本作。
正直、話が大きく広がりすぎて、僕にはあまり刺さらなかった。

それでもやっぱりウ
>>続きを読む

スパイ in デンジャー(2019年製作の映画)

3.8

Disney+独占配信作品。
全編通してすごく楽しめた作品だった。

ウィル・スミスも、トム・ホランドも、そしてベン・メンデルスゾーンも、皆そのまま彼らがキャラクターになったような見た目と個性があり、
>>続きを読む

>|