みささんの映画レビュー・感想・評価

みさ

みさ

映画(357)
ドラマ(7)
アニメ(0)

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

4.0

定期的にみたくなるのよ
コメディだけどほんとによくできてるし、飽きない

ムーラン(1998年製作の映画)

3.6

当時この着眼点の映画は新しかったんじゃないかな?
ムーランの戦闘シーンめっちゃかっこよいし、頭キレて惚れちゃう

ヘラクレス(1997年製作の映画)

3.7

音楽もストーリーも良し
ギリシャ神話やっぱり面白いなーと思わせてくれる
メグがあまりにも工藤静香

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

えっ、これノンフィクション小説が元だったのか
KKKとかバカしかいなかったじゃん…
しかも最後は自爆して終わるとはお粗末すぎる()

コメディとシリアスのバランスがちょうど良い
黒人の迫害の歴史超入門
>>続きを読む

評決のとき(1996年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

俳優陣が豪華
人種差別が犯罪を生み、犯罪が犯罪を生む
90年代の映画だが、今もこの図式は変わっていないように思えてしまう

ジェイクの最終弁論が見応えあった
結局”正義”は下されたんだろうか?
決して
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

3.8

判事がクソすぎる
公正ではない司法に果たして存在意義があるのか…

ただ、この映画の撮り方自体も偏っている気がする

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

こういうスクープ系の映画好き
地道な取材によって明らかになっていく事件の全貌が恐ろしい。
いかなる圧力にも屈さない記者たちの信念がかっこいい

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

3.6

結婚してたらまた印象変わるんだろうなあ
サマンサのキャラの描きかたがちょっと不憫…

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.8

ドラマ未見だがとても楽しめた。
元気をもらえる!!
キャリーがとにかく優しいし、親友ズが最高すぎる

モンスター・ホテル(2012年製作の映画)

3.6

ベテラン声優たちの凄さを改めて感じられる作品。特に山寺宏一!!

娘を守りたい一心の父の気持ちに感動。

マダガスカル(2005年製作の映画)

3.5

エンドロールが1番楽しめたかもしれない笑笑
主演キャラの吹替がみんな俳優だが、違和感なくみれる
音楽をハンス・ジマー御大が担当してる!!

桜のような僕の恋人(2022年製作の映画)

3.5

あまり感情移入出来ずに終わった
ケンティーがとても地味な役をやっている

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

2.5

気が狂いそうになる
ファンタジーの新しい可能性を見せられたきもち

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.0

普通に泣いちゃった
柳楽優弥の役作り凄すぎる
無駄な演出がない2時間で、非常にコンパクトにまとまっている

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

見応えある〜
この映画を作れた現代技術の凄さ
スピルバーグの脳内覗いてるみたいで楽しいね

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

友情を超えた2人の関係性の美しさにただひたすら涙する
両親の優しさと愛の大きさにも
一夏の恋の儚さよ(詠嘆)
惹かれる気持ちと、葛藤をこんなに表現できるティモシーシャラメすごいね
1番好きなエンドロー
>>続きを読む

白雪姫(1937年製作の映画)

3.8

アマプラでセールになってたので、レンタルで。
当時の技術でここまで生き生きとキャラクターを長編アニメで描けるのがすごい
白雪姫の所作が本当に美しい

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.5

アーミーハマーがめちゃくちゃ三枚目の役をやっている
小人たちのガヤがかわいい

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.1

登場人物全員愛おしいんだけどなにこれ…
終盤のまつ毛ばさばさイリヤにハートを射抜かれました
ガイリッチーの映画は曲の差し込み方がおしゃれね

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

2.8

2時間弱このノリを映画館で鑑賞と考えると本当にきついと思う
ながら見でちょうどいい作品
眠気に誘われるので寝たい時にみるとなお良いかも

ジム・キャリーのエースにおまかせ/エース・ベンチュラ2(1995年製作の映画)

3.5

ジムキャリーの走るフォーム、綺麗すぎる笑笑
1の方が1.5倍くらい面白かった
シカカとエースのオリジナルソングできてるの笑ったわ

キングスマン(2015年製作の映画)

3.9

うーん、アクションは爽快
チンピラが英国紳士になるストーリーも良い
途中の、あるシーンはショーンオブザデッドを思い出させる
サミュエルLジャクソンが喋るとワクワクするのなんでだろう〜

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

3.4

コメディとホラーは紙一重
チップの気持ちもわかるところがあるので切ない気持ちになる
平田広明さんがスティーブンの吹き替えをしていたので良かった

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.3

子供の頃見てたらよかったのかもしれない
ノリがしんどかった
吹き替えの方が楽しいね

エース・ベンチュラ(1994年製作の映画)

3.8

演技だとしても全力でこのノリができる俳優はジムキャリーしかいないんじゃないかとさえ思う
変顔レパートリーがすごすぎる
マスクより前の作品なんだね!

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.7

今作のジョーカーも「これはこれであり」と思わせてくれる
悪党もなんだかんだいい奴

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

3.9

普通に最後泣いちゃった
しんのすけ以外の野原ファミリーの出番はストーリー進行上とても少ないんだけど、ちゃんと最後決めてくれるところが野原ファミリー最高ポイント🫶
「ミステリー物?どうせ大したことないん
>>続きを読む

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本当によくできていて、途中までモキュメンタリーかを真剣に疑った。
最後の奥さんへの告白が真に迫っていて現実感があった

>|