すがりさんの映画レビュー・感想・評価

すがり

すがり

ジャンルも良い悪いも問わず何でも観るもののホラーには弱い。
弱くても観るのでたまに夢に出てきて起きる。

劇場スクリーン向かって後方やや左の座席が好き。

映画(51)
ドラマ(0)

暗殺者たちの流儀(2015年製作の映画)

1.3

まず言葉が分からなすぎて辛い。
全然分からないはずの他の言語でも辛くなりにくいものとそうでないのがあるけどこれは辛かった。
個人の向き不向きだろうか。

それで字幕を追うのにも気を使ったせいで余計に疲
>>続きを読む

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

3.3

前作からほぼ続けて観ました。

そのお陰もあってどこのシーンが編集されてるとか追加されてるとかいうのがはっきりと分かって楽しめた。
大部分は同じシーンが使われているけれど映画としては、はっきり別物にな
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.8

韓国映画はサスペンスが強くて人気と聞いてはいたけど、すごく良いのがありますね。

wowowで二作一挙やっていたので観てみました。
どうしてもね、こういう設定であればメメントを思い出してしまうのはあの
>>続きを読む

デンジャラス・ドライブ(2017年製作の映画)

1.2

wowowで観てたのに書くのを忘れていた。
でも致し方ないよね。

映画の内のなにがチープであってもそれはそれとして楽しむ自信はそこそこあるんです。
でもストレステストに参加させられたらちょっとは嫌気
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

マコトちゃんがめちゃくちゃに可愛い。
これだけは満足ですね。
その姉も雰囲気あって良かったです、kofやってたのには親近感がわきました。

じゃあホラー映画としてどうだったかっていうと、その点ではちょ
>>続きを読む

ドント・イット(2016年製作の映画)

1.1

何で観ちゃったんだろうなあ……。
魔術的な話の映画ってついつい引かれちゃうんだけど当たりに出会ったことあったかなあ。
今作もワクワクさせてくれないものね。

話も何も少しも興奮させてくれないし、きっと
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

2.9

最初はいつ観たのだったか、その時は最終的に頭の中に???しか残らず困惑の映画という印象だった。
それで今回2回目を観たのだけどやっぱり困惑が残ってしまった…。
?の数は減ったけどね。

だってまずこの
>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

3.2

清々しいアクション。
ミリタリーアクションという言葉に偽りなく、格闘技だけでなく多彩な展開を見せてくれる。

その上でコメディっぽくも作ってあって楽しみを生んでくれている。
この真面目とギャグの比率は
>>続きを読む

惑星大戦争(1977年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

wowowにて、スターウォーズの人気にあやかるべく制作されたという話だったけど、それにしてはちょっと信じられない映画。

冒頭の部分だけはかつて観た覚えのあるウルトラマンみたいな雰囲気で少しワクワクも
>>続きを読む

フェブラリィ 悪霊館/フェブラリィ -消えた少女の行方-(2015年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

一見して意味不明気味。
何よりもそれをじゃあ考察しましょうというほどの魅力が備わっていないのが残念。

ホラーという風で流れていたように思うけど、その実はラブストーリーとも言える。

キャサリンは両親
>>続きを読む

ザ・サイキック 覚醒の賢者(2017年製作の映画)

2.3

謎の邦題ではある。
サイキックの霊能的な部分を発展させた時にこういう事もあるのかなと思うとまあ良いのか。
MEZAが何か分からないから実は完璧な邦題なのかもしれない。

映画の話はというと、やっぱり邦
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.3

冒頭とバスですね。
やっぱり韓国映画はどんどん進化していると無理にでも分からされる。
その強烈なアクションと臨場感を大いに演出するカメラワークには見入るしかない。

いやこれPOV映画っていうよりFP
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

2.5

アートって要は裸の感性なんですね。

ニコラスケイジが映画に出続ける過程で築いたニコラスケイジというジャンルとも既存のジャンルとも違う。
試写後にライターの方が敢えて言うならファンタジーだとそう言って
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

スパイダーマンが一番好きなんです。
ほとんど映画しか知らないとは言え好きなんですね。

それもあってヴェノムに対するイメージはサム・ライミ版の3とマブカプシリーズの何かで見た程度。
今回単作デビューと
>>続きを読む

AVP2 エイリアンズVS. プレデター(2007年製作の映画)

1.6

暗ーーーーーーーーーーーーーーい。

驚きの暗さ、その画面。
夜だからとかあるんだろうけどそれにしても暗い。
物語もつまらない。
起伏も魅力的な人物も無く、じゃあ怪物相手の恐怖とか視覚的格好良さとかあ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ただwowowで流れていた。
そこでの触れ込みでブラックスワンの監督作だという情報だけをいただき観賞に至る。

ブラックスワンはまた、大好きというと少し違う気がするけれど、他の例を容易に挙げられない程
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

シャーリーズ・セロンという完璧美人
ジェームズ・マカヴォイという最強の役者
こんな映画を観ないわけにはいかない。

完璧美人って書くと美しいだけかと思われるけど全く違う。
これだけ綺麗で生臭い血みどろ
>>続きを読む

プール(2016年製作の映画)

1.3

おのれwowow。
スリラー特集のひとつとして観ました。

一応ジャケットの水深3.7mは面白い。
でもあっちは47mだよ、勝てないよ。

姉妹がプールに閉じ込められるという状況で一体どうやって面白く
>>続きを読む

パンデミック・フライト(2015年製作の映画)

1.2

例によってwowowのスリラー特集。
何だか本当は午後ロー観てるんじゃないかと思えてくる。

導入は良いんです。

パンデミック系のパニック物なんてありふれてるのだから下手な逸脱はかえって悪手。
こっ
>>続きを読む

ブラッド・リベンジ(2017年製作の映画)

1.4

テンプレ感があって楽しそうだったんですこれ。
テンプレは本来その分の楽しみがあるはずなんですけどね。

ぽけーっとしてただ映画流してたいだけって時があるでしょう。
そういう時時はこういう映画が役に立つ
>>続きを読む

ストーキング・ミー 狂気の微笑(2015年製作の映画)

1.3

なーにが極限のソリッドシチュエーションスリラー特集ですか。
wowowおふざけすぎだろこんなの午後ロー以外で観ちゃいけないタイプの映画ですよ。

どの辺りがソリッドでシチュエーションなスリラーだったん
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

幼き頃自宅にあったビデオテープにプーさんが録画されていて、いくらか触れたことがある。

その程度の、その程度の好意だったはずなんですけどね。

号泣しました。
正直言って他の映画を観に行った時のプーさ
>>続きを読む

トゥームインベイダー(2018年製作の映画)

2.0

ついにアサイラムにも中国マネーの流入が始まったのだろうか。
いけない、凄まじい速度で作品を作り続けるアサイラムにそんなお金を入れてしまってはB級制作本数が倍増してしまう……。

トゥームレイダーのリメ
>>続きを読む

Xibalba シバルバ/エイリアン・オブ・マヤ(2017年製作の映画)

1.2

果たしてこれは何だったのか。

本来この手の映画は通常とは全く別の視点を持って別の楽しみ方を模索する必要がある。

今作で言うなら例えば
「うおおおおお遺跡すげー!」
とか
「えーっと1人10万ドルが
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

ポップコーンを買った愚か者は私です。

シチュエーションスリラーって自宅でソファみたいな腰掛けに仰向けで脱力しながらポップコーンを頬張って観るものでしょう?
そういう訳で買いましたが思ったより観客も多
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.7

サメ映画好き。

ゾンビも好き、モンスターやらパニックやらの所謂そういう映画好き。

というところからスタートして、あの天下のステイサムがサメと戦うってもうその文字列だけでこの映画には感謝しか無い。
>>続きを読む

劇場版 フリクリ オルタナ(2018年製作の映画)

3.6

いやー面白かったですね、トップをねらえ!3。
え、違う?

じゃあ劇場版女子高生ガールズハイ?
あれ?

すみません。
自分でも観終わって明るくなった客席で一瞬考えたんです。
あれ、これフリクリだった
>>続きを読む

劇場版 フリクリ プログレ(2018年製作の映画)

3.1

公開日にオルタナを観に行ったんですが、おかげでプログレの印象がだいぶ変わりました。

二次創作という印象自体は相変わらずなものの、いくらか続編という意味合いを濃く感じられるようになったと思います。
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.0

下品。
あまりにも下品な映画。

間違っても家族と団欒してはいけない。
デニーロやザックが出ているからといって団欒しては並大抵の家族では耐えることができない。
タイトルでお知らせはしてくれてるけど、コ
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

この映画以外に亜人は知りません。

レビューでも感想でも無くて愚痴です。
読むと気分を害するおそれがあります。

書き終わって冷静になりつつあるので後で消したくなりそう。






一言で言うとしょ
>>続きを読む

フリクリ(2000年製作の映画)

4.9

新作が来るということで例に漏れず再鑑賞。


嘘です。
実はこんなに有名でカルトな人気を維持している今作ですが全部観たのは初めて。

最初に観た時は自分もなおた君くらいの頃、尚且つ4話とこの度判明、そ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

噂に聞いていた映画がついに我が地元の劇場にもやってきたのです。

とにかく凄いよという話だけを聞いていて、何が凄いのかとワクワクで足を運びました。

凄かったです。

あ、あーなるほどそうね。
という
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

1.9

卓球は無かった。

疑いつつも、もしやと思い観てみたが、やはり卓球は無かった。

いや、あった。

ただ、試合の内容が無かった。
選手の戦型やらの紹介も入るのに少しの役にも立っていなかったのが実に寂し
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.1

私はね、多分、悔しいんです。
観終わってから妙にもやもやするんで考えてみると、きっと悔しいんですね。
もちろん少年期に将来とおっぱいの事考えながら綺麗なお姉さんや同級生と触れ合うというイベントが無かっ
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

4.1

今しがたスターチャンネルで観入ってしまった
1はあんまり覚えてないけどアメイジングの2本当に好き
サム・ライミ版も勿論だけど今作も観るたびに好きになる
結局テーマとしてwho am iに帰結するのも泣
>>続きを読む

学校の怪談(1995年製作の映画)

3.4

学校の怪談といえば自分にとってはアニメの物が第一に出てくるけれど、あれもなかなかホラーだったな…。

こちらの学校の怪談もがっつりホラー。
子どもが中心で、もっとコメディタッチだとか教育的なものを想像
>>続きを読む

>|