Tomさんの映画レビュー・感想・評価

Tom

Tom

student.

I fuckin’ love movies.

映画(148)
ドラマ(2)

ピザボーイ 史上最凶のご注文(2011年製作の映画)

3.3

“しゃぶる”というワードが飛び交う映画。乳首が出てくる映画。お下品ムービー。11歳の少し太ったアメリカ人の男の子とかBFGさんとかがニヤニヤしてそう、、、

かわいいアウグスティン(2018年製作の映画)

4.4

ナチスのガストラックを初めて知った。逃げろってそういうことか。悲鳴がなんとも言えない。僕はまだナチスもヒトラーもよく知らないのでこれから学んでいきたいです。これで短編映画を7本見ました。“Brilli>>続きを読む

リッチーとの一日(2012年製作の映画)

4.8

“13の理由”が脳にフラッシュバックした。勇気出してシーズン2見ようかな。というよりソフィアがベリキュだった。でも太りそうだなぁ。太らなきゃ絶対エマワトソンぐらいになれる。リッチーはなんか応援したい!>>続きを読む

スパディナハウス(2018年製作の映画)

3.7

くだらない。
ちょーくだらない。
けど笑えた。
ずるいなぁ。
技ありだなぁ

キャロライン(2018年製作の映画)

4.6

今まで見た短編で1番惹きつけられた。
とにかく何か起きそうな不安。
こわいねぇー。

地球が壊れる前に(2016年製作の映画)

4.5

【みなさん、僕のフォローを外してください。私の教祖である映画太郎さんを真似て、色々な方をフォローしたのですが、タイムラインがすごいことになった挙句、ふざけることが出来なくなりました。これは僕のレビュー>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.7

ポスターが良くて気になってたやつを見ました。映画はとあるニューヨーカーのおはなし。彼らは部屋を売ろうとしていた。その部屋は暖かな光が窓に差し込むニューヨークのアパートのワンルーム。電気なしでも生活でき>>続きを読む

終点(2018年製作の映画)

3.5

終点というタイトルが重たい。この世界に映画を通して思いを訴える。映画の役割はエンターテイメントではもうないのかもしれない。短い時間に監督の思いが詰め込んである。それがショートムービーの味だよね。

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

4.4

金曜日の夜を映画館で過ごせたことは本当に幸せだったよ。映画が始まる前の予告がお婆ちゃんが作るチーズケーキより好きなんだ。エンドゲームが終わっても映画業界はまだまだ盛り上がりそうだって心の底から思えたん>>続きを読む

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.6

なんか古くさい。オシッコみたいなアクション。“チートかよ®︎”に当てはまる時間停止能力。そして残念だったこと。それはプロフェッサーXが今作では単なるか弱いハゲ爺だったこと。ツッコミどころ多いです。髪型>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

2回目の鑑賞ですた。トムとサム(ぼくのかわいいウサギたち)を殺したやついたら、自分もジョンユーダイになろうと思いました。新作公開までに模試でc判定とりたいです💩

深夜のファーストフード(2013年製作の映画)

3.9

いろんな奴が深夜のハンバーガーショップに集まるというめちゃくちゃ平和な映画。平和な理由は店内のほとんどが頭悪いかイっちゃってる奴だから。つまり店内はカオス。そして肝心の原題でもあるハンバーガーは全く出>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.8

スピルバーグがプロデューサーとして携わっているので安心してください。唇ぷるぷる、ビューティーお肌の若きウィルスミス。“缶コーヒーの人”呼ばわりされるトミー・リー・ジョーンズ。この2人は適役!若造とおじ>>続きを読む

X-メン(2000年製作の映画)

3.5

彼らはヒーローではないし、闘っている相手もアベンジャーズとは全く別のものでした。ぼくは好きじゃないです。超能力持っているわりにはバトルもぬるいし。X-MENの世界観を知るにはいいかも。アベンジャーズロ>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8

“親切を選ぶ”というのがこの映画に添えられたメッセージ。こういうのが21世紀の映画である!社会へのメッセージを映画にして世に送り出す。エンターテイメントという映画の役割は今やCGガンガンムービーが果た>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.7

これから観る人へ

ぶっちゃけ退屈だと思うかもしれない。長すぎ!だと思うかもしれない。なんだこいつと思うかもしれない。タンバリンうるさい!と思うかもしれない。けれど!!観るのをストップせずにオスカーの
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

4.5

秘密基地

アメリカの田舎にある寂しい交差点で。グッバイ代わりの中指を立て2つの車はアクセルとともに別々の方向へ走り出して映画はエンド。

このエンディグだけでスコア4.0をあげたい。世界一好きな別れ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.9

「長すぎだわい!これじゃあ、おしっこ垂れ流しだわ。」

だなんて思わないで!本当にすごいから!わったぁふぁっくの連続!おーえむじーの連続!ほぉーりぃーしっとの連続!とにかく映画に関わった全ての人にアリ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

『インクレディブルハルク』『マイティーソー/ダークワールド』『マイティーソー/バトルロワイヤル』『アントマン&ワスプ』は見ることができなかったのでサイトによる予習となりましたが、これでMCU作品は全て>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

ウホウホ

ほぼ黒人オールキャスティングの中、大活躍したロス長官。演じたのはマーティンフリーマン。そう!彼はビルボバギンズ『ホビット』!童顔おっさんになってしまったのね、、いとおかし。

まだ死ねない(2014年製作の映画)

3.7

アメリカでスーパーの在庫管理として働く女性のおはなし。深刻な病持ちだが、社会保険に加入できないために治療費を払う事もできない。日本と比べ、弱者に対するライフラインが脆弱なアメリカ社会を10分で描いてい>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.7

再鑑賞です。
僕はこの作品を愛しています。単なるアイアンマン派とキャップ派の闘いだともし思っている人がいるのならもう一度フェイズ1からしっかり見るべきです。主軸はキャプテン・アメリカにあるけれども、そ
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.2

アメリカを信じてたキャップは下部組織であるシールドに裏切られる、悪い奴から悪者扱いされてしまう、挙句には親友バッキーが自らの敵となっていることを知りつつも、親友であるが為に戦うことが出来ない。最悪が続>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.6

スローモーション

冒頭からお祭りバトルが始まり、テンションが上を向き始める。戦闘が激しくなるなか、突然スローモーションになる。画面には初期メン全員が1列になって登場!このシーンやばし。本当にやばし。
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.7

アイアンマン3部作の〆で監督を変えたことで、僕が大好きなお決まりの作業シーンも90年代ハードロックも作品から薄れてしまっている。これがシリーズラストでいいのでしょうか?だめだ!だめだ!だけれど、、、、>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

4.3

予習です。今日入れてエンドゲームまであと5日という少ない時間の中、これで『インクレディブルハルク』を除いてやっとフェイズ1を終えました。あと11個見る予定なので1日2個が必須です。がんばれ優大!

>>続きを読む

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

3.5

Fortniteで好きな武器がスナイパーライフルである私にとって副腎髄質よりアドレナリンが出てしまった。マークウォールバーグは『パトリオットデイ』のほうが僕は好きです。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

4.2

予習です。あげたい!助演男優賞。ハッピー(監督兼トニーのドライバー役)とコールソンに!今回はサブキャラが良かったと思います。作業シーンもさぶいぼ。アベンジャーズ初期メンがインスタに写真載せてました。素>>続きを読む

FISHPEOPLE -海が変えた人生についての映画-(2017年製作の映画)

3.9

麻婆豆腐を食べながら。僕も早朝に空港近くの海によくランニングをしていました。海を見ると自由を感じられるから好き。それとこの頃、臭くないタケル君に“大学行ったらハワイに映画太郎さんやグルート君と旅行行こ>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

4.8

キャップ(キャプテン・アメリカ)の誕生物語。100歳ぐらいのジジイだったというぷちショックもあったけどアベンジャーズの中でも武器は盾だけという古典派な戦い方にも納得でした。でもその盾が強いんよ〜。キャ>>続きを読む