へんりさんの映画レビュー・感想・評価

へんり

へんり

今年の映画、今年のうちに。新作映画のおぼえがき。5点映画に出会いたい。2010年分〜

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

スターウォーズの8です。
レイ、レン、ポーダメロンなどの7からの新キャラ絡みのシーンはとても良かった。しかしちょっと懐古趣味が過ぎる気がする。レイちゃんをもっと見せて!まーいったん過去の清算は済んだと
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.0

帝一の國です。
原作はとても好きです。しかしなんか怖くて劇場に行けず家でレンタルして見ました。まあこれはこれでなかなか楽しめました。原作より大人しいトーンだと感じましたが、実写ならちょうどいい塩梅なの
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.0

DCヒーローが集合だ!(半分くらい初めましてだけど)
面白かった!こないだまでDCには失望していたのに、ワンダーウーマンとジャスティスリーグが逆転ホームランになりました。ワンダーウーマンが最高なのは言
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

ワンダーウーマンです。
一連のDC映画は辛気臭くてあまり好きではありませんでしたが、これはめちゃくちゃ面白かった。。かっこよすぎ!

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.0

マイティソー3です。
移民の歌に乗って雷様になるところで、初めてソーをかっこいいと思いました。ファンタジー系の映画が苦手なので、過去二作は全然ノレなかったのですが、本作はいい意味で軽く、漫画みたいな作
>>続きを読む

イエローブーツの娘(2010年製作の映画)

3.5

インド映画です。
Netflixで観ました。父親を探してインドでひとり、手コキマッサージ店で働く女の子の話です。各シーンの色彩設計が素晴らしく、ごちゃごちゃしたインドの街がとても美しく撮られています。
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

白石和彌監督の最新作です。
殺人犯が明らかになる終盤に仕掛けがあるので確かにミステリなんだけど、個人的にはこれはラブストーリーだよなと。泣きました。。色々な蒼井優が見られて楽しかった。女優ってすごい。
>>続きを読む

静かなる復讐(2016年製作の映画)

3.0

今年のゴヤ賞で作品賞を獲得したスペイン映画です。Netflixでは「物静かな男の復讐」というタイトルで配信されています。割と派手なオープニングから一転、淡々とドキュメントのように、物静かな男が復讐のた>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.5

記念すべき小林監督の商業映画一作目です。
恐い人に詰められるシーンはさすがの嫌な感じ。百姓からチンドン屋まで、相手を罵倒する言葉の玉手箱やあ。原作本に不謹慎ながら笑ってしまう魅力があるので、映画でギャ
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

3.5

山内ケンジ監督の新作です。
期間限定上映の時、日程が合わず、また都合がついた日に限って満席と、結局観られなかったのですが、ついにレンタルで観られました。
お金持ちの家のテラスで繰り広げられる男女7人の
>>続きを読む

チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~(2017年製作の映画)

2.5

チャイルドプレイの7作目です。
前作でホラー路線に回帰し、ストーリーもその続きとなっています。本作はある「新設定」が見どころなのですが、今さらそれアリなの??という感じです。しかしシリーズを続けるには
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

ITです。
27年前のテレビ映画版が3時間で少年期編と大人編をまとめて描いていたのに対し、第一部にあたる本作は少年期編だけを2時間強で描いています。時間が長い分、各キャラクターの描き込みがずっと濃いで
>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

3.0

体育の授業で空になった教室で、先生達が勝手に生徒の「持ち物検査」を始める、というお話。視点や認識がひっくり返るのが面白い。「おとなのけんか」のような、子供不在の密室での、大人達の会話劇が中心ですが、本>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

ヴィルヌーヴ監督の新作です。
リドリー監督作の中で、世間の評価と自分のハマり具合が一番乖離しているのが、前作ブレードランナーです。こないだも爆音上映会で見直したのですが、結構退屈に感じました。
そんな
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

ブラムハウス印のホラー映画です。
楽しみな映画の予告編は見ないように目を瞑るのですが、本作はそれが正解でした。さっき予告編を見たらエエ所見せすぎでびっくり。主人公の最初のショックシーンは今振り返ると笑
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.5

オゾンの新作です。
大雨のせいか空き気味の銀座シネスイッチで鑑賞。ここ数年の監督作の中で一番良かったような。淡々としながらも着地が見えないスリリングな話運びに、自己と他者というテーマ性と、重く横たわる
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

アトミックブロンドです。
スタイリッシュな映像に懐メロを乗せる、最近の流行に乗った一作。僕はシャーリーズセロンが好きなので当然のように観に行きました。見せ場である長尺の格闘シーンなど、とても楽しめまし
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

女豪傑物語です。
冒頭にヨーロッパコープのクレジットが出て、へーと思いました。ヨーロッパコープはアクション映画を量産している会社です。観るとなるほど、本作は銃の代わりに言葉の弾丸をぶつけ合うアクション
>>続きを読む

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

4.0

マックGの新作です。
まさかのNetflixオリジナル。うっかり見落とすところだった。。
ホームインベージョン物で最後はホームアローンみたいに撃退してスッキリ、みたいな作品が星の数ほどある中でも、本作
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

アナベルです。
恐怖のあまり結構目をつぶっている時間が長かったので、いくつか見落としがあるかもしれませんが、とても楽しめました。ちゃんと「死霊館」のイズムを継承したジワジワこわい作品です。監督は僕の大
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

猿の惑星です。
このリブート3部作はどれも好きです。特に本作は正直ツッコミ所が多いけど、全然気にならない。なんか大作映画の風格がすごい。シーザーという千両役者の存在感からくるのか、夜のシーンに象徴され
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

イタリア産コメディかな。ホラーかも。面白かった。
大人たちの会話劇ということで、ポランスキーの「おとなのけんか」を意識したような邦題ですが、こちらの方がずっと重い。重いんだけど笑える。そしてこわい。リ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

アウトレイジ3です。
シネコンで観られる数少ないヤクザ映画が終わってしまうのは悲しい。韓国系フィクサーと関西系ヤクザの花菱会のジリジリした駆け引きが話の中心です。前半は派手なドンパチがほとんどないので
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.5

こわかった。
検死解剖に運ばれてきた身元不明の死体。解剖するにつれ死体に刻まれた謎が次々と浮上します。そんなミステリ的な楽しみが満載な前半はとてもとても良かったです。おっぱいも良かったです。こんなに登
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

韓国映画「殺人の告白」のリメイクです。監督は入江悠。
元の作品が荒唐無稽なエンタメ作品だったのに対し、本作は割と硬派なテイストに寄っています。それでも完全に「リアル」な作品ではないのですが、藤原竜也と
>>続きを読む

ジェラルドのゲーム(2017年製作の映画)

3.0

マイクフラナガン監督、スティーブンキング原作のNetflixオリジナル作品です。
中年夫婦が田舎でエッチしようとしたら夫が心臓発作でポックリ逝き、妻はベッドに手錠で繋がれたまま。部屋に入ってきた犬に夫
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.5

あさひなぐです。
原作はとても好きです。友情努力勝利の青春スポ根モノですが、とにかく努力の要素が強い。重いコンダラ試練の道を…。それぞれの登場人物が薙刀を通じて己自身と他者と向き合いながら「高み」を目
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

ぼんやりしてたら鑑賞してから3週間も経ってた。地方都市を舞台にしたインベーダーもの。牧歌的であり怪奇趣味もありゆるい笑いもあるんだけどテーマは壮大、みたいな味わい深い作品だった。長澤まさみと結婚したい>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.0

リドリースコットによるエイリアンシリーズ最新作です。
「エイリアン」の名を冠していますが実際には「プロメテウス2」です。前作「プロメテウス」はとにかくヒッチャカメッチャカなストーリーにブチ上がった大好
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

是枝監督の最新作です。
観終わってタイトルの意味に気づきなるほど。社会派のミステリでした。
本作でも福山雅治はリアリストを気取った役を演じています。「そして父になる」では自らと家族に向き合って物語が終
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.5

ピーターバーグの実話パニック物です。
「パトリオットデイ」もめちゃ良かったのですが、これも良かった。ドッカンドッカンまじで最悪な事態が起きて、頑張って!と助かって!以外の感情がない。大きい音量で観てい
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

ノーランの新作です。
ダンケルク救出作戦についての群像劇ですが、人物描写が薄くバンバン人が死んでいくのでホラー映画のようです。ハクソーリッジがドロドロの死体を映しまくっていたのに対し、本作の死体は割と
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

韓国のゾンビ映画です。
韓国映画的なベタな泣かせ要素と、ガッツリ王道のゾンビ要素がいい感じに混ざって、塩スイーツのようなハーモニーを奏でていました。
初めてscreenX(左右の壁にもスクリーンがある
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.0

ライアンレイノルズとサミュエルLジャクソンのバディアクション映画です。
Netflixオリジナル作品で、アメリカでの劇場公開と同時に配信され、逆に日本では配信でしか観られません。早く観られる反面、出来
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.5

ヴァーホーヴェンの新作です。
観ていてしばらくどんな展開になるのか、そもそも何についての話なのかわからない。なんとなくスリラーと思いきや笑えるシーンも多い。状況が飲み込めず面食らうような戸惑うようなシ
>>続きを読む

>|