ひろさんの映画レビュー・感想・評価

ひろ

ひろ

これまでも沢山観てきたけれど まだまだ映画で驚いて感動したい
時間が足りない〜

映画(237)
ドラマ(8)

ウェディング・テーブル(2017年製作の映画)

3.2

アナケン目当てなので 多少ゆるいラブコメだけど甘め判定

せっかくのアナケンと リサクードローとグランドブダペストのボーイの子出てるから もっと攻めても大丈夫なんだけどなぁ
と偉そうな感想

アナ
>>続きを読む

ファイナルガール(2015年製作の映画)

2.0

ウェスベントリーカッコいい
アビゲイル可愛い
鍛えてるのにムチムチで可愛い

なんなのこれ💦💦

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

4DXで 雨やら水しぶきやら色んなものを浴びてきました
恐竜が近づくときの微振動の方が怖い

毎回 本物の恐竜見たい!でも手に負えない物作るのは人間の身勝手 と葛藤しながら見てます
小さいのなら作っ
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

3.5

主役コナーのアンディサムバーグは初見でしたが 大好きなショーンメンデスにとてもよく似てる😍

歌も歌詞もいい具合にリアルなラップっぽくて良かったし

嬉しいカメオ出演の大物達の贅沢な使い方

この映
>>続きを読む

愛、アムール(2012年製作の映画)

4.0

エゴなのか愛なのか両方なのか
夫婦には子供達にもわからない2人だけの生活と想いがある

見てる側がツラくなるほどじっくり丁寧に映画になってる
余韻が重い

クビにした看護師に
将来あなたがああいう介
>>続きを読む

アイム・ソー・エキサイテッド!(2013年製作の映画)

2.5

アルモドバルのコメディは初めて見た

ビジネスクラスのCAが3人ともゲイ そのうち1人は操縦士と出来てるし 仕草が全て可愛い
私は見習わなくちゃ、 😁
ダンスはサイコー
まぁそれだけかなww

(2000年製作の映画)

4.0

邦画はほとんど見ない
役者がドラマとかCMにもバンバン出るので ありがたみがないというか新鮮味がない からかな


藤山直美さんはメディアの露出も少なく コメディエンヌとしてはサラブレッド

サス
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

エズラミラーの色気とふてぶてしさと繊細さとが溢れてるし
エマワトソンの可憐さは抑えようがないw
青春だけど 明るいだけではない

パトリックとサムのダンスがキレッキレ

スクールカースト最下層でも
>>続きを読む

エヴァ(2018年製作の映画)

3.0

私の中ではハンニバル以来のギャスパーウリエル
こんなにかっこよくなっていたなんて!

イザベルユペールは いいとこも悪いとこもこれが女ですという感じは安定だけど
さすがに娼婦はキツイ年頃ではある
>>続きを読む

さよなら、アドルフ(2012年製作の映画)

3.5

14歳の長女に乳飲み子と他3人の兄妹の世話を託すのはかなりキツイ
トーマスがいなかったら皆んな死んでいたかもしれない

暗いテーマではあるが トーマスとの淡い初恋のようなものもあり
ほっとする子供らし
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.5

ホロコーストの映画はよく見るが いつも落ち着かない気持ちになる
あんなに雑に大量に人を殺せる状況になるなんて 毎回理解に苦しむ

サウルはもう壊れてる。
思い込みと執着だけでこの状況を生き延びている
>>続きを読む

RENT/レント(2005年製作の映画)

2.8

いつか見ようと思ってた

んーミュージカル嫌いが治ってきたとこだったけど これはちょっと再発かも

舞台の芝居がきちんと映画用の演技になっていないのでどうしても違和感が拭えなかった

楽曲はもちろん素
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.8

エヴァグリーンが綺麗すぎて 狂ってても尚美しくて見惚れる

ストーリーは過去作品でもよくありがちで別段驚くとこはないが

エブァグリーンはどんな役でも妖しい

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

薄々気づいてたけどさ
それにしたって ヴァージルが何したって言うのさ
皆んなで寄ってたかってさー

私の中では どんでん返しは 爽快な時に使いたい言葉なので
ここでは仕打ちだよ ひどい仕打ち

>>続きを読む

リトル・バード 164マイルの恋(2011年製作の映画)

2.5

ジュノーテンプルとケイトボスワース目当て

ジュノーテンプルは特別美人顔ではないけど(むしろ整いすぎきてる?) 甘めの声で小悪魔な役多い 今回は手がつけられない田舎の不良娘
ケイトは介護疲れで いつ
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

4.0

同じく中年女性としては 見ていてツライ映画だった

遊園地に軽快なジャズと明るい映画に見えるけど ドロドロ 嫉妬は人を変えてしまう

ジニーに当たる日光は 彼女にとってスポットライト

ジュノーテン
>>続きを読む

慕情のアンソロジー(2018年製作の映画)

3.0

ボンベイトーキーズの続編 と言う割にかなり地味な短編 4本

1、メンヘラな女教師と可愛い男子高校生のあれこれ
2、独身男性とそこの家政婦とのあれこれ
3、大学時代からの知り合い男2人と女1人のあれこ
>>続きを読む

ボンベイ・トーキーズ(2013年製作の映画)

3.8

たまに見たくなるインド映画

ボリウッド100年記念作品
短編で見やすい

ラストの豪華な記念動画は
スター総出演!!
っぽいけど 私がわかったのは
マダムインニューヨークのマダム
お亡くなりに
>>続きを読む

インド・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

3.5

ゾンビ映画大好きなので 特にゾンビに物申す点はありません
基本のロメロ型です

主役の3人が愛らしいキャラ
紅一点もさすがインド 美人です

インドなまりの英語とインドの言葉とたまにロシア語入るらし
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

なるほどー 面白い!
ヒットの理由がわかった

スタイリッシュな英国紳士のスパイ
ポテンシャルは高いダイヤの原石の若者 秘密兵器 アクション お洒落な会話
全て揃ってる

タロンエガートンの良さも
>>続きを読む

キスから始まるものがたり(2018年製作の映画)

3.2

日本の女子の憧れが詰まってる

プール付きの豪邸
車通学 可愛い制服 パーティに プロム キラキラしてます

エルも少女漫画にいるような 元気で転んで 可愛い 兄弟2人も男前!
私はリーが好き

>>続きを読む

セットアップ: ウソつきは恋のはじまり(2018年製作の映画)

3.5

どこか昔の映画のような ベタなラブコメではあるが

主役の2人の可愛さで ほっこりして見てられる

ハーパー役はリートンプソンの娘なの??
見た目もいいしコメディセンスあるわぁ

大好きルーシーリュ
>>続きを読む

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

2.5

一作目だけでやめようと思ったけど 二作目もなかなか評判いいので続けて鑑賞

そうね 一作目のご近所だけの世界より 世界が広がったね

一作目もそうだけど この手の映画の割に ラストは人間の良い面が
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

設定とジェイコブ君の演技で泣くのは覚悟の上

だけど 実際笑ったり泣いたりしたのは 友達や両親 姉 先生など周りの人達の行動や言葉

完璧なストーリーに完璧な配役

友達のジャックウィルの美少年すぎる
>>続きを読む

恋人まで1%(2014年製作の映画)

3.0

ザックは気をぬくと太るタイプなのね
かっこ悪くても ひんしゅく買う場面でも なんか好感が持てるタイプの人

マイルズテラーはセッッションの人か!今回はチャラチャラしてて別人だわ
ザックがひたすら
>>続きを読む

俺たちハングオーバー!史上最悪のメキシコ横断(2014年製作の映画)

2.0

クリステンリッター目当てで鑑賞
可愛かったー

「俺たち」つければ やりたい放題だな
ハングオーバーまでついてるけど ハングオーバーしてないし

パージ(2013年製作の映画)

3.0


設定は非道なのは置いといて

ドラマ クィーンメアリーの主役が今時の娘役
ママ レナヘディはドラマ、サラコナーで見てたので
ほんとはすごく強いと信じてた 笑

最後の一撃は 普通の主婦にはできな
>>続きを読む

パーフェクト・メモリー(2015年製作の映画)

2.0

ケイトボスワース目当ての鑑賞でしたが それでもやはり色々と物足りない

サイコパスの主な特徴はきちんと出てた

なぜ毛皮着て処理する?

ソムニア 悪夢の少年(2016年製作の映画)

3.8

左右の目の色の違うオッドアイの持ち主のケイトボスワースに見とれる

ルームの子役の男の子も守ってあげたくなる可愛さ

ダークホラーな部分もいい感じにあり ドキ ビクッとなるところもある

蝶々のシー
>>続きを読む

ケース39(2009年製作の映画)

3.2

傑作のローズインタイドランド でダークで可憐な少女が 悪魔役
可愛かったなぁ
この頃の可愛さは貴重
エスターの子より同情を引くタイプ

レニーさん 顔パンパン なのに脚は細い

ブラッドリーク
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.5

何も出来ない 口ばかり達者で
夢や希望ばかり大きくて 悪さしてもまだ守ってもらえると思ってる
親には言いたい放題の17歳

シアーシャの10代に違和感がない

君の名前で僕を呼んでのティモシー君 !
>>続きを読む

エスケイプ・フロム・トゥモロー(2013年製作の映画)

3.0

夢と魔法の王国でのゲリラ撮影という意欲作

色んな都市伝説を集めたようなストーリーでしたが なかなかエグい
見事なカルト映画

女好きの下心だらけのだらしないお父さんだけど 娘を守り抜く姿は良かった
>>続きを読む

禁断のケミストリー/ベター・リヴィング・スルー・ケミストリー(2014年製作の映画)

3.0

序盤 真面目で地味なロックウェルは オーラが無くて驚いた

が 中盤 不倫と調合した薬で人生に目覚めたロックウェル
だんだん輝いてきて かっこよく見えてくる

終盤 色んな経験の後 大人の男のロック
>>続きを読む

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)

4.0

しばらく逆転の世界に混乱するけど 観てると慣れてきた 笑
主人公の男性も後半は女座りになってるし

男らしさ女らしさ って何だろうね

私は自分のために化粧をするけど
もし自分が男に生まれててもした
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.2

なんか違う 違和感 居心地いいのに悪い

理由がわかるまでが一番怖かった

性の奴隷にこだわる親友 笑ったわ

黒人逆差別みたいな作品 複雑
アジア人には憧れてくれないんだろうな という変な劣等感
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

無責任ヒーロー俺ちゃん
無責任というより軽いチャラいのかな 無駄話多すぎ 笑
ジムキャリーの若い頃を思い出すわ

運がいいのが 最強のスーパーパワーかも〜
足のシーンは気持ち悪さと可愛さとで 笑いが
>>続きを読む

>|