Yasuさんの映画レビュー・感想・評価

Yasu

Yasu

映画(1113)
ドラマ(54)

ハンサム★スーツ(2008年製作の映画)

3.4

展開は読めるけど
おもしろかった。

小さな幸せに気付けるか気付けないかって生きていく上でだいぶ違うと思った。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.6

死んでしまった父との繋がりを忘れないため
色んな気持ちを抱えながらも手がかりを探す話。

人々、親の愛に感動した。

辛いことがあったら
支えが必要。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.8

邦題が「ダンガル きっとつよくなる」に関してはおいといて
夢半ばの父親の夢を娘が最初は強引に託されるが
最終的にはインドの色々な現状との戦いでもありおもしろかった。
これはインドの女性に相当な勇気と希
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

韓国のリアルな貧困は知らないけど
こういったのがあるのかもしれない。

まさに貧富の差から生まれた悲劇の映画。

Instagramやってます。
よろしくおねがいします。↓
https://www.i
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

2.8

スーパーサイヤ人すごい!と感動したあの感じはどこへ行ってしまった。。

戦闘力と見た目は変わるけど
それ意外なにも変わらない感。

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

3.0

敵というより修行相手と戦うって感じの映画だった。
悪といより愛着が湧くキャラ。

完結してるアニメを新しい脚色加えて
面白くするのって難しいんだろうなぁって思った。

Instagramやってます。
>>続きを読む

聖闘士星矢 Legend of Sanctuary(2014年製作の映画)

3.2

原作は全く知らない。
アニメを全て観れる気がしないので映画で鑑賞。

すごくまとめてるんだろうなぁとは思っ。
戦うシーン鎧(聖衣)はカッコよかった。

声優がすごい豪華だったけど
個人的に佐々木彩夏の
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.6

(1105本目)
死霊館シリーズのジェームズ·ワンが選んだ新ヒロインってはちょっとおもしろい。

内容は普通に怖かったし楽しめた。
海外ホラーはキリスト教の影響で悪魔的なのが多いけど、この作品は完全に
>>続きを読む

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(2004年製作の映画)

2.8

子供3人に降りかかる不幸せな話。

ジムキャリーがただただ悪いジムキャリー演じてる感じ。笑

怖さとおバカな感じのストーリーだけど自分には少し退屈だった。


Instagramやってます。
よろしく
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

おもしろい。
バリバリの女社長と70歳のインターン。
色々学べることが多かった。
いろんな性別年齢層が共感ができる映画になってると思った。


Instagramやってます。
よろしくおねがいします。
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.6

(1102本目)
JOKERが上映された時に、オマージュがあると知って鑑賞。

ロバートデニーロって表情に出さないサイコな演技がほんとすごい。

最後はすっきりする。

Instagramやってます。
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.6

自分の中で「きっとうまくいく」は越えた。超オススメ!
口が聞けない迷子のパキスタンの女の子をインド人のおじさんが親を探す話。
インド·パキスタンの対立を写しながらも歌、コミカルなシーン、愛が溢れる映画
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

2.8

月山習の変態ぶりを映画にして盛り上がるのか?と思い観たら案の定微妙だった。

Instagramやってます。↓
https://www.instagram.com/hero_yas_inka

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.6

ブラピがどんどん若くなってくのがすごかった。
でも最後はすこし寂しさを感じた。

内容とはあまり、関係ないけど
戦争時に漁船も駆り出されて戦ってた事実は知らなかった。


Instagramやってます
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.4

世界一治安の悪い都市といわれるヨハネスブルク。

AI警察が導入されて犯罪減らしてる内容っに少しリアルさを感じた。

AIって一長一短だよなぁと思った。

Instagramやってます。
よろしくおね
>>続きを読む

エンジェル ウォーズ(2011年製作の映画)

3.0

(1097本目)
邦題のエンジェルウォーズのほうが
SUCKER PUNCHよりしっくりくる。

美女が現実世界と空想世界で自由のために戦う映画。戦闘シーンと世界観はおもしろかった。

ザックスナイダ
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.4

キャッチコピーはなんか違う。笑
ダメ男があるきっかけで覚醒し、実はこの男強いみたいな展開。
予想以上に飽きずには観れたし
アニメのエンディングはかわいくてよかった。
Instagramもやってるので
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.6

「記者たち~衝撃と畏怖の真実~ 」
を観たあとだともっと理解が深まる。

クリスチャンベイルに全然見えないしすごい成り切ってた。

裏にはいろんな事情を絡めて国民を守るためと中東を攻撃し
さらに不安定
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

感涙。最高。

家族愛、元気になる音楽、映像美。

先祖がいて今の自分がある。

まさにリメンバーミー。

https://www.instagram.com/hero_yas_inka

そして死者
>>続きを読む

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

3.6

当時のニューヨークを再現して撮られたのがすごい。

今のニューヨークからは想像ができない街並。
移民により建国されたから国だからこそ起こった歴史、抗争が観れる。

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.0

身分が違う恋愛、貧困、宗教、カースト、様々なインドが見れる。

スラムの少年がそんな環境で生きて感じたことを吐き出すラップがかっこいい。

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.6

映像がきれいだし、すごい。

そしてまさにバトルエンジェルって感じだった。

シャザム!(2019年製作の映画)

3.8

ギャグ的なヒーロー映画と思いきや
しっかり戦うし、家族愛もある映画。

話が進むにつれておもしろかったし
今までにないようなヒーロー展開が面白かった。

個人的にウォーキングデッドや13の理由(Net
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

4.0

シリアスな内容もあるが
全体的にコミカル。

コンクラーベがあった時
なんとなくニュース観てた程度だったけど
教皇選挙にも色々あるんだなって思った。

聖職者の性犯罪の話は
映画「スポットライト」を観
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.8

ストーリーではなく
戦い、衣装、車、爆破、視覚でとにかく楽しめる

困った時のロジャー・ストーン(2017年製作の映画)

3.6

アメリカの選挙戦はすごい過激。

上に上がる人は
影響及ぼした人や影で支える人がいるんだろうなぁ。

無名より悪名を取ると言うのは
良くも悪くも色んな機会が回ってくるんだろうなぁと思った。

なにより
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.6

前作を映画館で観たのを覚えてる。

音楽もよかったし
所々のスローモーションでの再現、戦いがよかった。

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.6

マイケルベイワールド炸裂。

ド派手な戦いがすごい。
パルクールもかっこいい。
音楽もいかしてる。

コナン・ザ・バーバリアン(2011年製作の映画)

3.0

アクアマン(DC)が出てきた!
と思ったらコナンだった。

ジェイソン·モモアはアクアマンのイメージ強いけどこの時からムキムキのロン毛だったのか。笑

コナン自体はマーベルユニバースに合流したからまた
>>続きを読む

不死身(2015年製作の映画)

2.8

不死身のおじさんが戦う映画。

淡々ととしてるし
特に迫力、驚きもあまりない。

設定はよかったけど
物足りなさがすごい。

アルゴ(2012年製作の映画)

3.6

イランとアメリカの緊張関係がニュースになってるので鑑賞。

日本は地理的、歴史的に観てもアメリカ寄り?の報道かもしれないけど
イランからしても以前米英に翻弄されて反米感情が湧くのもすごい理解ができる。
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.6

ゾンビ映画はシリアスだったりグロいイメージだけどコミカルで楽しめる映画になってる。

これ観た後トゥインキーっていうお菓子がすごく気になる。

むしろトゥインキーというお菓子知ってる人は食べながら観る
>>続きを読む

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)

3.2

TSUNAMIが本当に怖い。

この展開はドウェインジョンソンだからこそ進む。

チャーチル ノルマンディーの決断(2017年製作の映画)

3.4

チャーチルの苦悩が淡々と描かれる。
戦争映画というより、
1人の首相の葛藤の映画

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.8

三シーズン、三世代の映画完結って感じになった。
少し寂しい。

カイロレンのキャラ嫌いじゃない。

>|