hideさんの映画レビュー・感想・評価

hide

hide

変態小説家(2012年製作の映画)

4.0

~ジャケ写の魅力に取りつかれて~
サイモン・ペッグがおもしろすぎる。
小動物のような可愛らしさ。ズルい~

今回の[ポチと遊ぼう!]は
サイモン・ペッグのほとんど一人芝居。
ジャケ写もタイトルもインパ
>>続きを読む

イレイザー(1996年製作の映画)

4.0

今日は何の日?
11月27日は【火筋】の日!!
忘れてました~朝から続々とレビューがアップされて、まぢ焦った~💦

シュワちゃん大好き時代にみてたやーーーつ!!!
最初のシュワちゃんの覆面で、タンゴを
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

『記録』

みなさん絶賛の作品でしたが…

主役のジェシカ・ローテ(ブレイク・ライブリーを下品にした感じ←😅🙏)がタイプじゃなかった。
ブレイク・ライブリーだったら楽しめたのに…。

性格がブスだと見
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

『記録』

面白かった!


アナちゃん一番悪い説。

※勝手な妄想。

ゾンビ津波(2019年製作の映画)

3.5

「記録」

なかなか楽しめた。
短くてサクッと観れて頭いらない。

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.4

「記録」

本編よりもこの作品の裏話のほうが面白い。


追記しました。

まず、最初に、
シャイア・ラブーフの自伝的映画『ハニー・ボーイ』を観てシャイア・ラブーフに感心を持ち本作と出会いました。
>>続きを読む

蛇の道(1998年製作の映画)

3.3

「記録」

観入ったのだけど、理解できてない…

ガール・イン・ザ・ベースメント(2021年製作の映画)

2.0

実際にあった事件
『ルーム』と同じ事件を取り扱ってるが、本作のほうがより忠実に描かれている。

クソオヤジ💥🔥💣

なんて酷いんだ!!

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.2

評判が良いので観てみました。
私はつくづく邦画のラブストーリーとの相性が悪いみたいです。
残念ながらこれという感想がありません。

大泉洋の作品は『こんな夜更けにバナナかよ』しか観たことがなくて、この
>>続きを読む

サンタクロースになった少年(2007年製作の映画)

4.3

少年がサンタクロースになるまで・・・
泣ける作品、マイベスト10入り。

これ好きです!ご紹介してくださったフォロワー様に感謝!!
最初からハマりました。
ずっと感動できるしずっと泣けます。
登場人物
>>続きを読む

オータム・イン・ニューヨーク(2000年製作の映画)

3.0

イケオジ鑑賞会、第2回目
今回はプリティウーマンでめちゃハマったリチャード・ギア様(当時51才)です。

レストランのオーナーでリッチなプレイボーイのウィル48才

年の差カップルのお相手はめっちゃ可
>>続きを読む

薔薇の名前(1986年製作の映画)

3.6

『ポチと遊ぼう!第2段』
これポチの好きなやつよね?クリスチャン・スレーター出てるし絶対すきなやつよね、、
平均スコアもいいけど、、
ごめん~私の苦手なやつだった~

ショーン・コネリーとクリスチャン
>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

5.0

癒しのひととき。ターシャ・デューダの日常を撮影した作品。

ターシャのかわいいお家と庭や花、自然の緑色が美しくてみとれてしまいます。
自然との共存。ここはターシャが描く絵本の中のよう。

ターシャの部
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.0

観やすい、可愛い、楽しい、頭使わな~い、だから好き!!

王子様との結婚式の当日、魔女に騙されて井戸に突き落とされアニメーションのおとぎの国から現実のNYへ来てしまったプリンセス。
この世界に優しい人
>>続きを読む

インプリント ぼっけえ、きょうてえ(2005年製作の映画)

3.7

始めに言うときますが、これはヤバいです。
岩井志麻子のホラー小説『ぼっけえ、きょうてえ』を映画化。三池崇史監督。
アメリカホラー 

キャスト
工藤夕貴
江口のりこ
岩井志麻子
木下ほうか

全編英
>>続きを読む

エディット・ピアフ愛の讃歌(2007年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

朝の日課のラジオ「ありがとう浜村淳です」を聞いているとき、大竹しのぶさんの舞台の告知のため『エディット・ピアフ』の壮絶な人生を紹介していました。
映画もあると聞きすぐに観たいと思った。

【 シャンソ
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

3.8

早い時間に観て良かった。
夜中は怖くて観れなかったと思います。

話についていけてないです。なんでそうなるの?

パソコンの画面はもちろん、テレビの画面、窓の外、暗い部分全てに何か映りそうで怖くなる。
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

3.9

「面白かったなぁ」と終わってすぐの息子の感想。
そうなん?・・母は途中寝てたは内緒🙊
デューンになんとなく似てる、、あまりスケールが大きくなるとついていけなくなるみたいだ。。(;´д`)

エターナル
>>続きを読む

第三夫人と髪飾り(2018年製作の映画)

3.6

弟子ーかさん、ポチと一緒にレビュー🎶

19世紀の北ベトナム🇻🇳の一夫多妻制。
大地主の第三婦人として嫁いで来たメイはまだ14歳の少女。
第一婦人には息子が一人、第二婦人には娘が三人いました。
男子を
>>続きを読む

コックと泥棒、その妻と愛人(1989年製作の映画)

3.6

フォロワーさんのお薦めでずっと観たかった作品。
配信、レンタルが無いので思いきってDVDを購入しました。(息子が買ってくれました🍀😌🍀)

まず、本作を観た方々のレビューが秀逸でした👏

エロくてグロ
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

ネットフリックスの配信が早い!!

アンソニー・ホプキンス、アカデミー賞・主演男優賞を獲得した話題作。

のっけから惹き込まれる。

あなたは誰?ここは何処?状態のアンソニー。

観てるものをもアンソ
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

5.0

サウンド・オブ・ミュージック♪ずっとこの歌が聞きたくて、映画が観たくて探していたら、Disney+で配信してました!!ありがとう~~!!!

冒頭から映像の美しいことよ。
そして大好きな『サウンド・
>>続きを読む

エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語(2019年製作の映画)

5.0

動物もんはあかん。
ずっと泣きっぱなしや。

エンツォの回想で進むストーリー、エンツォには計画があった。
エンツォと名付けられた犬とレーサーの家族の物語。感動しますよ。

犬目線のストーリーなので心が
>>続きを読む

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.5

ハビエル・パルデムがモテモテの作品。
スカヨハがめちゃくちゃ可愛かった❗

夏の間だけバルセロナにバカンスに来たクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は魅力的な画家
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.8

この作品、なんか、違和感だらけなんですよ…。

人、会話、建物など全体的な雰囲気が異様で謎ばかりです。

とりわけ、香川照之演じる西野が気持ち悪かったですね。
掴みどころのない変人を怪演してます。
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

5.0

"ボンド、ジェームズ・ボンド"

デーデーン!ズー、デレッデデーン!
♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~
デンデレデンデンデデデ~♪───♪︎

ダニボン最後の作品を劇場で観れる幸せよ🍀

スケールがデ
>>続きを読む

ジェームズ・ボンドとして(2021年製作の映画)

4.5

こんな短期間でこんなに好きになった俳優さんは始めてかもしれない。

男臭くてセクシーでカッコいい、007全く初めてだったけどダニボンシリーズはお気に入りの作品になりました。

 最低から最高に。

>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.1

本作はいつもと違う…
ボンドへの恨みで今までのことは仕組まれてきた!?

Mはレイフ・ファインズになり、優秀なQとマネーペニー?イヴ?がボンドをサポート。
ボンドガールはレア・セドゥ、スタイルが良くて
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.2

ボンドガールは⁉️

いつものように、オープニングからド派手なアクションと格好いいテーマソングで始まった。このボンド格好いい❗

ダニエル・ボンドの魅力、美女とすぐ仲良くなる。一作品で何人と仲良くなっ
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

-

ドューン!(村上ショージ)
ジェスチャー付きで息子とノリノリで行ってきました~!!!


・・・ちょっと何言ってるかわからない
  ↑
鑑賞中の私の心の呟き💬(サンドイッチマン)

「イィィィィーー
>>続きを読む

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョニー・デップと美波がご本人にそっくりでした。
(wikiの2人の写真がとても素敵です。)

1971年、アメリカの写真家W・ユージン・スミスは富士フィルムのCM撮影の打ち合わせで来てた日本人通訳者
>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

4.6

貸し切りでした~❗

いや~もう~しんどかった💨
テーマが重くて身体ガッチガチになりました。
主人公のキャラがあまり好きになれなかったけど、徐々にストーリーに引き込まれて、由宇子と一緒になって揺れ動い
>>続きを読む

>|