ひでみさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

ひでみ

ひでみ

映画(374)
ドラマ(1)

白い帽子の女(2015年製作の映画)

3.5

ブラピとアンジェリーナ・ジョリーの夫婦共演。仏の海辺のホテルでの滞在期間の話。隣室には新婚夫婦。退屈な映画だった。

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

3.7

2004年新海誠監督作品。電車好きなのかな。駅、車両などの絵が良い。ストーリーは微妙。

ナポリ、熟れた情事(2017年製作の映画)

3.7

難しい、というか意味がよく分からない。主演女優もそれほど魅力的というわけでもないし。謎だらけ。

あやしい彼女(2016年製作の映画)

4.0

多部未華子がひたすらかわいい。変顔とか歌うシーンも良かった。泣かせるシーンもあり。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

邦題のイメージだと恋愛ものと思われそうだがなかなかファンキーな話だった。奥さんを事故で亡くした金融関係の仕事をするビジネスマンの意外な行動に引き込まれた。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.8

第1話、小田急線、埼京線、宇都宮線、両毛線の旅。第2話、種子島ロケット。第3話、東京。新海誠監督の描く風景いいな。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.9

兄妹役の子役の演技が自然過ぎてすごい。もっくんってこんな感じだったけと観ながらずっと思ってた。

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由(2015年製作の映画)

3.9

男女関係、夫婦関係ってこんなもんじゃないかな。セレブな遊び人と弁護士の夫婦と親類友人たちとの話。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

古い映画風のつくりが良かった。オープニングとエンディングのミュージカルシーン、中盤の二人のダンスシーン好き。

任侠野郎(2016年製作の映画)

3.4

蛭子能収が伝説のヤクザ役で主演。絶対くだらないと思ったらそのとおりだった。ありですけど。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.9

とりあえず見てみたら暗めのミステリでした。女優3人がそれぞれ良かった。

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.9

クロエグレースモレッツが良い演技してる。クロエは個人的に好きな顔。脳の病に関する実話に基づく話。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

ノーミュージックノーライフなピクサーアニメーション。泣けるー。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.9

アクション良し。自閉症で裏社会の会計士でスナイパーで格闘家という設定面白かった。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.8

後味が悪いというか、全体的に湿っぽい。クライムものは乾いた感じのほうが好み。ふざけんなこのやろーとかは面白かったけど。

スクランブル(2017年製作の映画)

3.6

クラシックな名車のカーアクションが見どころだとは思うがいまひとつだった。Ferrariほとんど走ってないし。感情移入もしにくかった。

ヒン子のエロいい話(2011年製作の映画)

3.9

貧乏神に取り憑かれた漫画家。貧しくても心は豊という話。個人的には福の神(あいかわ優衣さん)派ですけど。

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.8

とりあえず時間があったので映画。リーアムニーソンで選択。クラブのダンスシーン面白かった。

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.9

再見。1回目は六本木限定のモザイクなしを見た。ストーリーほとんど忘れてた。ある意味ミステリ風の展開で短めで良し。

127時間(2010年製作の映画)

3.8

映画館で見て以来の再見。痛さが伝わってきました。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

イギリスも弱者は生きにくいんだな。不器用な一人暮らしの老いた男性の話。あるあるがたくさん。

ザ・ダンサー(2016年製作の映画)

3.7

モダンダンスの先駆者、ロイ・フラーの実話に基づく話。淡々と話が進むので盛り上がりにかけるかな。アイデアと衣装と照明で勝負。オペラ座でスタンディング・オベーション。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

音楽とカーアクションとクライムと満タンです。Queenの曲がブライトンロックなところも渋いです。こういうアメリカ映画も好き。音楽聴きながら走るの最高!

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

評判良いけど、映画館で見なくても良かったかな。というぐらいの感想しかわかなかった。因みにQueenはリアルタイムでかなり聴いてました。

昼顔(2017年製作の映画)

3.9

なんとなく不安な後ろめたい気持ちで見なければいけなかった。ちょっと体力消耗した。斎藤工の主演は初めて観た。他の作品も観たいと思った。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.8

女子高校時代の仲間に再会するという話。1990年代と今が行き来するが1990年代側がやはり面白い。あと、ダンスシーンが好きだ。韓国版のサニーも観たがこれは超えられなかったかな。とは言っても韓国版あまり>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.8

ラグンドン教授シリーズ。謎解きとアクションとが良い具合だった。原作は未読。

追憶の森(2015年製作の映画)

3.9

ある意味どんでん返しというか予想外の結末だった。冷めた夫婦関係とか浮気の挙句仕事やめて年収20000ドルとかの話もちょっときました。青木ケ原樹海も一度行ってみたいな。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.9

過酷な環境でサバイバル。ディカプリオ凍傷になりかけたとか、大変そうなのは伝わりました。ストーリーについてはあそこまで頑張る理由が欲しくて復讐物にした感はある。

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.9

ベンアフレック監督主演。ギャング映画。割と長時間だったが飽きずに見れた。クラシックカーのアクションや緊迫する撃ち合いアクションも面白かった。人間ドラマとしてもありがちだがまあまあ面白かった。

ちょっとの雨ならがまん(1983年製作の映画)

3.8

常識外れなところがパンクな映画。もっといろんなバンドあったはず。インタビューとライブ映像で1984年あたりの雰囲気が味わえます!バンドはもちろんですが客も面白かったな。

スティルライフオブメモリーズ(2018年製作の映画)

3.9

面白いシーンは結構あったけどなんか謎が多い設定だった。主演の永夏子さんの〇〇〇はちゃんと作品として見たかったな。

犯人に告ぐ(2007年製作の映画)

3.7

重めの警察ドラマ。重すぎるし説明不足なのか釈然としない展開。井川遥は良かった。単純に顔が好きなだけなんですけど。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.8

奥田民生あまり詳しく知らないけど、なりたい気持ちはなんとなくわかる。奥田民生だったら出会う男すべて狂わせるガールとうまく付き合えるかな。水原希子スタイルいいなやっぱり。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

映画を作る映画。映画愛が良い感じでした。カメラが回ると暴走する人が出てくるんですよねー。地獄でなぜ悪い的な。面白かったです。